« おほほ♪ | トップページ | いろいろ »

2009/02/27

キラキラ

2月25日、二月花形歌舞伎 千穐楽 @松竹座
200902251523000
私の、初・松竹座 でございます。
感想が遅れましたが、いまだ心に残るキラキラな舞台。まずはカーテンコールのことから。

夜の部最後の演目はご存じ「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」私が歌舞伎にハマるきっかけを最初につくってくれたのが、浅草でのこの演目。
何度が書いているかもしれませんが、ものすごいエンタテイメント性に、歌舞伎への興味はまだ薄かった私も興奮の坩堝、会場中も異常な熱気に包まれて、カーテンコールの拍手が鳴りやまなかった、そう、浅草で初めてのスタンディングオベーションの日。
予想外のカーテンコールに、ほとんど衣装を脱ぎかけていた亀治郎さん(いま思えばせっかちなので脱ぐのも早かったのでは・笑。だってメイクもほとんど落としてたもん)、信じられないという表情で舞台に再登場された時には、さらに割れんばかりの拍手でした。あのときの亀治郎さんの表情、忘れられません。
でも去年の博多座、そして今回の松竹座を経て、すでにカーテンコールは当たり前、みたいな、エキサイティングな舞台として定評を得てしまった「亀蜘蛛」さん。
私は浅草で二度、博多で一度、そして今回の松竹座で観ているけれど、いずれもまさる充実ぶり、熱気に溢れる舞台で、何度観てもワクワクしてしまう、その「進化」ぶりにも脱帽です。

さてこのたびももちろんのこと、幕がひかれるなり拍手の嵐。「亀蜘蛛」であることと、千穐楽であること。観客の期待は最高潮です。
さてするすると幕が開き…、そこには蜘蛛に出演されていた元祖・浅草メンバー扮装そのままに勢ぞろい。亀鶴さん、男女蔵さん、愛之助さん、獅童さん、七之助さん、勘太郎さん、亀治郎さん。みなさん揃って、見得をきる〜!
と、それに加えダークスーツの方が登場。「蜘蛛」には出演されていなかった、上方の方たちです。竹三郎さん、薪車さん、壱太郎さん、吉弥さん。あれっ?亀蔵さんは?と思ったけど…まいっか。みなさん格好いいー!ことに吉弥さんがダンディーなのー♪竹三郎さんが素敵〜♪…などとミーハー丸出しの私。
亀治郎さん、おひとりおひとりをたてるように、舞台前方へと誘ってました。
そして、全員そろって、亀治郎さんの指揮(?)で、オペラ座風にご挨拶。上手に、下手に、そして正面に。亀治郎さんにしてはめずらしく、手を振ってくれてました(^-^)
そのまま幕はしまりましたが、お客さん、全然あきらめてません(笑・もちろん私もー!)さらに力強く拍手、拍手!といことでしばらくしてもう一度幕があく。
こんどはご挨拶のあと、役者さんそれぞれアイコンタクトをとり、花道からご退場〜!花道脇のお客さんと握手したりして、羨ましい!この日の私の席は二階、ここからじゃいくらなんでも手は届きませんから。。
と、獅童さんが近くにいたお子さんを抱っこしたと思ったら、亀治郎さんがバトンタッチ!亀治郎さん、蜘蛛メイクのこわーいお顔なんですけど…お子さん恐くなかったのかしら?笑。でも、いいなあ。一生の思い出ですよね(親御さんのほうが、だったりして)
もう客席は、やんやの大騒ぎ、手を振ったり拍手したりオペラグラスでのぞいたり、忙しいのなんのって。
浅草のときは小芝居があったりして楽しませてくれましたが、今回のようなキラッキラの華やかなカーテンコールもいいなあ。
この座組で、楽しく、切磋琢磨してやってきている雰囲気がよく出ていて。それに、竹三郎さんが素敵に大人で。その竹三郎さんをみんな大切にしていて。
花形ならでの良さも危うさもあるこの舞台、できることならずっと、この興奮のまま続いていってほしいです。
花形七人衆のエネルギーと情熱で、最高潮のキラキラにあった、松竹座千穐楽。ここに来るのには思いきりがいったけど、本当にきて良かった、楽しかった、と余韻に浸れる素晴らしい舞台でした。

さてその舞台についてはまたあらためて。(^-^)

« おほほ♪ | トップページ | いろいろ »

コメント

>non様、コメントありがとうございます!
千穐楽、おかげさまで楽しんで参りました!
non様も亀蜘蛛さんにハマられましたか!亀治郎さん、蜘蛛でどれほどの観客の心を絡めとっているんでしょ(笑)
今や花形の人気演目になっている蜘蛛ですが、あんまり再演が重なると飽きっぽい亀治郎さんのこと、いつまでやってくれるのかちょっと心配になってきました(^o^;
でもまた観たいですよね〜!

>SwingingFjisan様、コメントありがとうございます!お返事遅くなってスミマセン。(最近なにかと「遅め」です(^o^;)
カーテンコールの時、亀蔵さんいらっしゃらなかったですよね?私も見落としてるのかなと思ったのですが、ダークスーツの方は四人でしたよね。
亀蔵さんのスーツ姿も見たかった…。
やっぱり花形の千穐楽は、いいですね〜!
今回も私は亀治郎さんと勘太郎さんにクギヅケ!あぁでもラブリンも素敵ぃなどと、やっぱりミーハーなのでした(^o^;

詳細な千穐楽レポ有難うございますhappy01
いいなぁ。。。仕事ぶっちぎってでも行けばよかったcoldsweats01
mamiさんと同じく、私も本格的に亀治郎さんにハマったのがこの蜘蛛絲(浅草は未見で博多座ですが)なので、お気持ちとても分かります!
たしかにここのところ蜘蛛絲=カーテンコールという流れが出来つつあるように感じますね。
浅草の亀ちゃんの意表を突かれた姿、観てみたかったです。
舞台のレポも楽しみにしていますnote

お疲れ様でした。いや、疲れも吹き飛ぶ楽しさでしたよね。まさに舞台と客席が一体となったフィナーレでした。
mami様は二階席、私は三階席でしたが、あの雰囲気に浸れただけで、大阪まで行った甲斐があったと思います。
亀蔵さん、やっぱりいらっしゃらなかったんですね。後になって、あれれ?と記憶に自信がなくなっていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/28396834

この記事へのトラックバック一覧です: キラキラ:

« おほほ♪ | トップページ | いろいろ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ