« ほっこり | トップページ | ぎりぎり »

2009/02/06

桜予報と花粉予報

先日みたニュースで、「桜前線の予報」をやっていた。
まだ2月なのに、もうそんなことをテレビでやる時期になってきたのか。
今年は早いらしい。その予報では、例年より一週間くらい早かった。

と、同じくして「花粉の飛散予報」も始まっていた。
これは、まだ全国的に「ほとんどない」の状態だったけど、これも近々「多い」「かなり多い」となるんだろう。

かたや、心待ちにしたいことだけど、もう片方はちょっとご遠慮願いたいようなもの。
でも、両方とも、春とともにやってくる。
まだまだ寒いけれど、春のきざしを、そんなところからも感じられるようになってきた、今日このごろ。
冬の目黒川もいいけど、春を迎えるころはやっぱり、うきうきするからなあconfidentheart04

« ほっこり | トップページ | ぎりぎり »

コメント

>みゆみゆ様、「河津桜」もう咲いているのですか。早いですねえcherryblossom
ちょっと楚々としていてソメイヨシノとかとは全く違った風情が、咲き始めの香りがしていいですよねえ。
国立劇場の桜も楽しみですね♪

花粉、もうですか!そっちも早い…wobbly
なんとか軽くてすむといいのですが…。

>aki様、こちらにもありがとうございます〜!
桜の着物ですか!素敵ですねえ。
本当の桜と同じく、ほんの少しの間しか着れないところもまた素敵。
春を待つ心が桜の柄にあらわれているようで、気持ちが華やぎます。

花粉は…控えめでいてほしいですよねcoldsweats01

桜予報は楽しみですね。
伊豆では早咲きの「河津桜」が咲いて見ごろのようです。

でも花粉は・・・本当これだけは春でいやなことです・・・
目がしょぼしょぼしはじめてきましたし・・・。

こちらにも、お邪魔しま〜す♪今日は少し早いけれど、桜の着物を着ようと思っているのですが、今年の桜は早めなのですね。じゃっ、早めにいっぱい着なくっちゃ。

花粉情報は・・・見まい聞くまい話すまい、ということで・・・(>_<)うぅ、いやじゃぁ〜。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27848917

この記事へのトラックバック一覧です: 桜予報と花粉予報:

« ほっこり | トップページ | ぎりぎり »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ