« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009/03/31

目黒川桜だより9

200903311448000

だいぶ開いてまいりましたよ〜♪
でもって、今日の橋デザインは↓

200903311451001

亀!カメ!かめーっ。happy01


2009/03/30

yebisu亭

3月29日、恵比寿ガーデンルーム、yebisu亭に行ってきました。
このイベント、私は初めて行ったのですが、すでに数えること25回、落語中心のイベントらしい。
この日の出演は、柳家喬太郎さん、桂吉弥さん、そしてFC琉球の永井秀樹さん。サッカーにほとんど興味のない私には猫に小判。
落語は一席づつで、このお三方に主催者のまあくまさこさんを加えた4人でのトークもありました。
よくわかんないトークでしたので(ごめんなさいっ!)とにかく感動した喬太郎さんの高座のことを。

喬太郎さんの噺は「おせつ徳三郎」、私は初めて聞きましたが、筋は知っております。
この話、大店のお嬢さんのおせつと奉公人徳三郎の恋の話ですが、前半は、二人のことを聞き付けた主人が使用人の小僧を呼んで、二人のことをあの手この手の飴と鞭で聞き出そうする。口止めされている小僧、一応は隠そうとするものの、結局は次々にしゃべってしまう、そのくだりが非常に面白い。
後半は、暇を出された徳三郎がお嬢さんの結婚を知り逆上して、ならば式場に切り込んで死のうと、刀屋に行く。刀屋でのもののわかった主人との会話がまた秀逸。そしてふたりは…。
というものだけれと、最近では前半のみが語られることが多いようです。
この日は、通しでかけてくださいました。

いや。面白かった。
笑ったのは前半。これぞ落語。喬太郎さんうまい。大笑いです。
後半。刀屋の主人の話が心に染み通る。なんて聞かせてくれるんだ。人生の、もののわかったひとって、なんて有り難いんだ。
それでも式場にかけつける徳三郎、花嫁が逃げ出したと聞き、迷子探しがはじまる。偶然にも出会うふたり。うーんせつない。
互いの本心を確かめ、それならばもう思いきり諦めると、徳三郎が心を鎮めるも、ふたりは思わず手に手をとって逃げていく。
川にかかり追っ手が迫り、ふたりは身を投げる。

ってとこで、私の知ってたサゲは、川面を流れる筏(舞台はお江戸は木場なのでね)に助けられ二人は沈まなかった、っていうものなんだけど。
喬太郎さんは「二枚の花びら、浮かんできませんでした」と。
あれ?それで終わりなんだよね?私聞き間違えてないわよね?
と何度も思い返しましたが、そういう終わりだったと思う。
いまは桜の季節なので、筏はなく川面に一面の桜の花びらだったのでしょう。
えぇーっちょっと、せつないよ。さっきのトークの時の軽妙洒脱な喬太郎さんの語り口と全然違う。
ほんとうに、心に沁み入ってしまいました。

サゲがこうきたのにもびっくりしましたが、なによりそこまで持っていく喬太郎さんの話し振りが、人情の機微で笑わせたりしんみりさせたり感じ入らせてくれたり。
以前、喬太郎さんの師匠のさん喬さんの「中村仲蔵」を聞いたときもかなり感動しましたが、今日のも相当響きました。
落語って、本当に話芸なんだなあ。

カーテンコール(というものがこのイベントではある)のとき、時間がかなり押したらしく、喬太郎さん腕時計をさしてごめんなさい、と身ぶり手ぶり。1時間以上の大ネタでした。いや貴重なもの聞かせていただきました。
また寄席に行こう!と強力に思いました次第でございまする。


ちなみに、吉弥さんは「くもすけ」という噺でした(タイトルわからず。くもすけ話はたくさんあると思うのよね)面白かったんですが…この日の私、すっかり喬太郎さんに持ってかれました!ごめんなさあい!

2009/03/29

目黒川桜だより8

ニチヨウビ。
お花見にはまだまだ。今年は長いぞ。

200903290843000

ここの橋は「いちょう」の模様です。
200903290845000

2009/03/28

目黒川桜だより7

土曜日でお花見の人がたくさん出ていました。
が、花見にはまだちょっと早いようです。おまけに今日は、陽が射しているわりにとても寒くて、目黒川散歩としては絶好の日とはいえないようでした。
でも、川の両側、近所のお店の出店や、小型トラックできているお店など…大にぎわい。
ホットワイン、スープなどのホットドリンクが人気のようでした♪
ホットドッグや焼き立てメロンパン、ショートパスタやおでんなど、いろんなお店がありましたよ〜!

200903281448000

↓橋の手摺シリーズ。目黒川にはたくさんの橋がかかっていて、色もデザインも違います。
200903281448001
200903281456000

私のお花見の予定は来週。
ちょうど良さそう…?happy01

2009/03/27

目黒川桜だより6

200903270908000

200903270909000

今日も寒いなりー。
でも桜はどんどん開いてきています♪
ちぢんでいるのは人間だけー?笑。

ワタクシは朝は早く夜は遅く。眠いなりよー。
明日は早朝葉山っ!がむばるぞいっhappy02

2009/03/26

目黒川桜だより5

花冷え。

200903261522001

200903261528000

写真だと暖かそうな日に見えるなあ。

今日は久しぶりに歌舞伎座に行きました。
昼夜通しで観る予定が、やっとこさ夜の部から。しかも、最後の幕は観ずに仕事しちゃいましたー。
せっかくの「通し」なのに自らみとりにしてしまったワタクシ。

来月はがんばるよん♪

2009/03/25

目黒川桜だより4

暖かかったのに、昨日今日と寒い〜。
でも花はどんどん開いておりますよ♪
春は、躊躇いたしません。どんどん、歩いてきます〜♪

200903251009000

今夜はぼんぼりに灯りが灯っていました。
すてきなんだけど…夜まであかるく照らされて、桜さんたちは眠れるのでしょうか。


2009/03/23

目黒川桜だより3

200903231523000

今日のポイントは中目黒の駅に近いほう。
例年こちらのほうが、池尻寄りより早いような気がします。
もうそろそろ中目黒は混雑しはじめてきています。
盛りの頃には駅周辺はごったがえして大変です。

今日は結局国立劇場には行けずじまい。(T_T)
今月は月初めに、塩津さんのお能を国立能楽堂に観にいったきりです。
今週、歌舞伎座にも行くつもりにしているのですが…。行きたいなあ。

でも、お花見は、するぞー!poutpunch

200903231524001200903231524002


2009/03/22

目黒川桜だより2

今日はお天気が悪い!風も強い!
が、気温は高い!
ということで、どんどん開いております。
お花のポツポツが、大きくなってきてますよね。

200903221243000

…明日は、実に実に久しぶりの歌舞伎。国立劇場に参ります。行けるかなー。
国立は桜祭りかなー。

2009/03/20

目黒川桜だより1

すっかりご無沙汰…ごめんなさい。
ぼやっとしてる間に目黒川はあっという間にこんなになっております。

200903201341000

↑今日の目黒川。
もう蕾も膨らんで…ぽちぽち開いてる子もいましたよ♪
桜祭りの提灯も飾られてましたー!

昨日は、こうだったのに。↓

200903191527000

開いてる子は見当たらなかったの。
提灯もなかったし。
あっっという間ですね。
今年の桜祭りは3/29に設定されてました。ここのところ、毎年一週間遅れてたからねえ。
今年は盛りの頃にできそう?

2009/03/12

ワンカップの旅?

ワンカップではありませんが。
こんなの見つけちゃいました〜♪

200903112002000

江ノ島ビール!

…でもワタクシ、ビールが飲めない(炭酸がダメ)ので買っておりませんが…coldsweats01
ちょっと手もとに欲しかったかもー。かめ。


そろそろ…

200903121534000200903121534002

…でしょうか?
…ですよね?
confidentheart04


2009/03/03

いろいろ

滞っておりますcoldsweats01
感想も書けないまま三月を迎えてしまいコマッタコマッタ。
皆様のところにもお邪魔したいのですがなかなかコメントまで残せません。。。despair申し訳ありません。
あと少しで抜け出せそうな気がいたしますが…。
とりあえず元気です。
三月は、納品引き渡しが多いのです〜runむむー。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ