« ご無沙汰でした | トップページ | 環境変化 »

2009/05/08

2.3.4月の今月の一本

忙しいといいつつ、劇場関係にはちょぼちょぼ足を運んでおりました。
なーんと!1月以来まとめてませーん!
なので(?)3カ月ぶん、一気出し!なんのこっちゃですねーcoldsweats01


2月

*舞台
 2/4 二月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部
 2/18 二月文楽公演@国立小劇場 夜の部 
 2/23 二月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部
 2/25 二月花形大歌舞伎@松竹座 昼・夜通し

*映画
 2/9 禅 ZEN


3月

*舞台
 3/4 国立能楽堂定例公演 ※「国栖」のみ鑑賞
 3/26 三月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部

*寄席
 3/29 yebisu亭@恵比寿ガーデンホール(喬太郎・吉弥)


4月

*舞台
 4/8 能楽現在形@宝生能楽堂 ※「望月」のみ鑑賞
 4/10 いのうえ歌舞伎「蜉蝣峠」@赤坂actシアター
 4/15 「ムサシ」@さいたま芸術劇場
 4/22 四月大歌舞伎@歌舞伎座

*寄席
 4/14 国立演芸場四月中席

*イベント
 4/27 俳優祭@歌舞伎座


…2月、3月は幾分控え目でしたが、4月は頑張りました!(笑)いえもう忘れかけてますが、2月の松竹座だって、頑張りました!(笑笑)
でも、歌舞伎座などはほとんど幕見状態で、ぜんぶ鑑賞した記憶がありません。
チケット買ってたのに行けなくなったのもあったし…。正直記憶も定かでないし、手帳にもなーんにも書いてないんですよねー(忙しいほど手帳に書き込まなくなるワタクシ…トホホーshock

なので、限りありすぎるワタクシの記憶力を総動員したところ、、この中では特に「蜉蝣峠」が印象に残りましたね。
いのうえ歌舞伎にクドカンて、どうなのかなと最初は思いましたが、なかなか骨太のストーリーで見ごたえありました。
これまでのいのうえ歌舞伎は非常にダークな、ともすればおどろおどろしいテーマを持っていたのですが、テーマの重みはそのままに、クドカン風味のあしらいが随所にあり、観易くストレートに入ってきた印象。
「キオク」ができて初めて「蜉蝣」がみえたというラストも印象的でした。
古田良かったですねー!(古田びいきなので赦してくだされ)
堤さんも格好よかったし。(新感線のひとびとにツッツンと呼ばれてるとは・笑)

あとは、4月中席の、歌丸さんが、巧かった~!
念願の歌丸さんの噺をきけて満足でした。


…ということで、曖昧なキオクのなかでの「おまとめ」でした。

5月も、観劇は控えめですが、感想は書こうと思います!dash

« ご無沙汰でした | トップページ | 環境変化 »

コメント

>Calmen様、お知らせありがとうございます!
さっそく、伺わせていただきました。
随分、書かれていらっしゃるので、これからゆっくり拝読させていただきますねheart04
これからCalmen様の感想も読むことができると思うと、とても楽しみですhappy01

mamiさんへ:

mixiでも"Carmen"(かるめん)でやっております。
私のスペイン語クラスでのニックネームです。
「4月のあしあと①」というタイトルで4月の「伽羅先代萩」について書いています。↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1160198177&owner_id=18178474
「望月」はこれから…まだ宿題が終わってません(笑)。

プロフィールからメールを送ろうとトライしたのですが、
Outlookの設定が必要みたいなのでこちらからご案内します。

良かったら遊びに来てください♪

>Calmen様、続けてありがとうございます!
おぉご一緒でしたか!
四月は昼の部ですcoldsweats01

「望月」良かったですねえ。
片山清司さんは、清廉な香気があって、とても好きなのです。
私はこの日しか見れませんでしたが、友枝さんも金井さんも拝見したかったです。
連続で見比べるとまた、記憶に残りますでしょうね。

歌舞伎座昼の部は、私も玉様仁左様を観にいきました(笑)

mixiで書いてらっしゃるのですか!もし宜しかったら、URL教えてくださいませ。
私の連絡先を、期間限定でプロフィール欄に入れておきますので…confidentぜひにー♪

>aki様、コメントありがとうございます!ご無沙汰でした~coldsweats01

「蜉蝣峠」観ましたか!
ツッツン、格好良かったですよね本当に。殺陣も新感線の面々に堂々渡りあってましたね。

そして、お仕事先が目黒川の近くなんですかー!
もしかしたら、すれ違っていたりして…(嬉)
どこかですれ違うも、ネット上で交流するも、ご縁でございますね。
これからもよろしくお願いいたしますねshine

…で、しつこくコメントです(笑)。
4月の「望月」と2月と4月の歌舞伎座(4月は昼ですか?)、
ご一緒してましたかね~。
片山さんの長袴の「望月」、圧巻でしたね~♪
3夜見ましたが、私的にはこれが一番でした。
「伽羅先代萩」は千秋楽前に
いま一度、幕見で玉三郎さんの変貌を確かめに行きました。
(残念ながら、あまり変わってなかったけど)
実は私もmixiで今頃、宿題と称して
4月に見た公演を振り返っております。
何だかちょっと間抜けなんですけどね~(笑)

お久しぶりです♪私も蜉蝣峠みました!ツッツン、かっこよかったです♪♪♪桜だよりも楽しませていただきましたよ。私の職場からも目黒川はすぐなのですが、春はすごぉいですよね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/29496906

この記事へのトラックバック一覧です: 2.3.4月の今月の一本:

« ご無沙汰でした | トップページ | 環境変化 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ