« 目黒川桜だより12 | トップページ | 2.3.4月の今月の一本 »

2009/05/07

ご無沙汰でした

こんばんは。
実にじつに、お久しぶりです。すごい、放置状態でしたcoldsweats01
自分でも、前のエントリーの日付みて、びっくり!です。
その間、見捨てずにのぞきにきてくださった方、心配してご連絡くださった方、コメントくださった方、ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます。

皆様がご心配なさってたような、体調をくずすとか、そういうことはなかったのですが、仕事にもその他のことでもちょっと気忙しく、ブログの更新にまで行き届かなかったというのが、正直なところです。
いまも、諸処の問題が解決したわけではないのですが、
そして「こんなに更新できないのなら、続けていかないほうが良いのではないか」とも思いましたが、
やっぱり、せっかく皆様とお会いできたこの場を、なくしたくないなーと思い
一期一会のこの場所を、たいせつにしたいと思いました。

私は、お芝居や映画や、本やアートが好きです。
そのとりとめもない感想を、ここに書き散らしてきましたが、なかでも
ひとことでいってしまうと「微熱状態」の作品が、私は好きです。

お芝居でも映画でも、一気に40度に熱が上がって大団円をむかえ平熱に戻ってスッキリ!みたいなものよりも、

あっ。なーんか具合悪いなーと思ったら、8度ちょっと熱がある。仕事無理すればできるかなーでも具合わるいなー!
…てな状態から、
あれ?なんかさっきよりラク~!でもまだ7度ちょっとあるのかー。ま、いっかー。
くらいになって、エンドマークが出る、みたいな。

毎日生きていると、そんなことがずうっと続いているように思えます。
そしてその中には、清涼感もあれば達成感もある。でもどれも通過点なんですね。そんなことの積み重ねが、毎日です。

そういうことを、私は自分の人生だけでなくて、お芝居に求めているのかもしれません。
そこで感じたことが、自分の経験になるから。
べつにこんなことは私だけじゃないと思いますが。

…などという、とりとめのないことを、書いてないあいだに、考えて観じて、いました。
ま、足りない頭であれこれ考えるよりも、観じたままにいきたいなーと、思います。
要するに、いろいろあったって、日常は変わらない、ってことです。変える必要がないほど絶対的なものが、日常にはあるっていいますか。
そういう中でのひとつひとつのささやかな進化が、じつに、愛しいじゃ、ありませんか。

あちゃ!bearing
なことをつらつらと書きましたが、
これからも今まで通り、日々のカンゲキを、マイ・ペースで、書いていきたいと思います。
どうぞどうぞ、よろしくお願いいたしまするーconfidentshineshine

« 目黒川桜だより12 | トップページ | 2.3.4月の今月の一本 »

コメント

>みゅぅ様、ありがとうございます!
今まで自分の中になかった感覚を呼び起こされるときって、嬉しい体験ですよね。
私も、みゅぅさんや他の方の感覚を、知ることができるのが楽しいです。

ところで、私のうさぎマニアの友人が、うさぎ仲間に誘おうとしてます(笑)
近々、5月ウサギのお茶会を開きますhappy01

>Calmen様、コメントありがとうございます!
座禅ですかぁ。なんか良さそうですね。
私はちゃんとやったことないのですが、以前高野山の宿坊に泊まったときに体験座禅?しました。
大甘なものだったと思いますが(笑)
でも、座禅に似た体勢で、瞑想をしています。
似た感覚かもしれませんね。

…そんなことを書いてくださってたときに虹が!なんて、すごいタイミングですねーnotes
そういう偶然(必然?)を、私は信じますshine
ありがとうございます。

こんばんわ。
元気そうで良かったです。
私は、mamiさんの考え方が大好きです。
私には無い考え方をされることもあるので、楽しいです。
これからも、いろいろ感じたこと書いてくださいね。
楽しみにしてます。

ウェルカム・バック!
とりあえずご病気でなくて良かったです。
最近、座禅熱が再開してしまいました。
いいですよ~、何だかスッキリ、
カラダもココロも軽くなるというか…。
関係ないですが、今、すごい虹が出てました。
一瞬の虹。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/29494782

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰でした:

« 目黒川桜だより12 | トップページ | 2.3.4月の今月の一本 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ