« いれものと、その中にはいるもののこと2 | トップページ | おひさしぶりです »

2009/07/23

太陽の死と再生

7月22日は、46年ぶりに日本で見られる皆既日蝕だった。
午前中、テレビ各局ではこの一大天体ショーを総力をあげて放送していて、そんなつもりなかったのに、私も一度見はじめたらついつい見いってしまったcoldsweats01
…で、とても、楽しかった。

太陽が月に隠れて、また出てくるという、その数分間で、宇宙を感じることができたのだ。(テレビでだけど)
一部分だけ月に隠れている地域ができるのだから、その遠い周辺には太陽の光があたっているわけで、太平洋上で観察していた船上からは、遠くの海が神秘的な光を放って夕陽の海のように輝いているのが見えていた。
頭の上の空は真っ暗だというのに。
不思議な光景だった。

自然の動きを敏感に感じ取る動物たちもその瞬間、鳴くのをやめたり、あるいは鳴き出したり、動き回ったり静かになったりして、いつもの昼間の行動とは違う動きをしていたらしい。
木々の葉っぱのざわめきも、葉のうえにたたえる光も水も、違って見えたらしい。

太陽の光というのは、そんなにも私たちに影響を与えてくれている。

ある番組では、「昔のひとは日蝕をこう考えていた」という神話などを集めて話題にしていた。
日本ではもちろん「天岩戸伝説」である。
アマテラスオオミカミが、スサノヲの悪事を憂えて岩戸に入ってしまい、世の中真っ暗になってしまった、というお話だ。
これが「日蝕」をあらわすのか、はたまた「冬至」をあらわすのか、など諸説あるようだけれど、やっぱり「太陽が衰退すると困るから復活を願って、歌ったり踊ったりしてしまう」というのが単純で素直な、生活者の感覚だ。

今日の日蝕でも、たくさんのひとが、太陽の恵みをあらためて感じたと感想を述べていた。
今の私たちの生活では、夜でも電気がこうこうと点いていて、真っ暗な道なんてほとんど歩いたことないし、夜でも特に恐ろしくないし、太陽の動きによって生活パターンが変化するなんてことはめったにない。
けれども、それは、当り前のように太陽の恵みを受け取りすぎているってことで、ちょっと感謝が足りなかったなあ、と、今日のテレビを見ていて、あらためて思った。

太陽が衰退したり、復活したるするさまを、もっと感じ取って素直に生活したいし、たくさん感謝したいものである。

次回の日蝕は25年後だそうで。そのときは私は元気に空を見れているのかなあ。

ちなみに、私のいた東京は、曇り空で、その上部分日蝕だったので、空が暗くなるのもよくわかりませんでしたっ!catface

« いれものと、その中にはいるもののこと2 | トップページ | おひさしぶりです »

コメント

>みゅぅ様、こんばんは。
テレビと肉眼とでご覧になれたなんてすごいですね!
日食って、今はどういう現象で起こるのかわかっていますけど、ただあの状況をみたら本当に不思議なことですよね。
昔のひとは知識がない分、いろんなことを感じられたかもしれません。

プラネタリウム、いいですね。私も大好きです。
都内ではプラネタリウムが減ってしまって寂しいかぎり。
また行ってみようかなあ。

こんにちわ。
私もテレビでも肉眼(部分日蝕ですが)でも観ました。
そして、アマテラスオオミカミの話も聞きました。
それから、太陽と月の大きさの違いを知ってびっくりしました。
宇宙って本当に広いんだな~って。
ちょうど夏休みにプラネタリウムを観たので、宇宙の神秘をひしひしと感じます。
26年後は、何処で観るのかな~。
生きていたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/30656769

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の死と再生:

« いれものと、その中にはいるもののこと2 | トップページ | おひさしぶりです »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ