« お知らせ | トップページ | ついに三回目 »

2009/09/22

二度乗り過ごしたの巻

横浜に越してから…
仕事のための移動時間が増えましたが、その影響か?

先日、そして今夜。
普通に(といっても9時過ぎとか)まで打ち合わせなどの仕事をし、帰路につき
電車で帰宅。

がっ!

最寄駅を、乗り過ごしてしまった…shock

先日は、駅をちゃんと意識してたのに、降りるのを忘れた…catface
最寄りの駅は、いまエレベーターの工事をしているのよ。
だからアナウンスが入るのです、「工事中です、乗り降りにはお気を付けください」って。
あーうちの駅にも、エレベーターが付くのね、父がいるときに付いてくれればよかったのになあー、
って、思ったのよ。
なのに!降りるの、忘れた!wobblywobbly

今日は、爆睡してました。
なんてったって、1時間近く乗りっぱなしだから、乗った駅から座れちゃったから、
よーく寝ちゃってたのよーう。
ふと気付いたら、ふたつ乗り過ごしてましたweep

いままで、こんなふうに自宅のある駅を乗り過ごしたことがなかったワタシ…。
降りる気が、ないのだろうか?
自分が利用する駅だという意識が薄いのか?
いやいやだって、実家なのにー。

まだ「我が家」という意識が、ないのかなートホホ…gawk
おかげで、ぎりぎりその日のうちに帰れる予定が、両日とも、12時をまわってしまいましたとさ。
はあー。

« お知らせ | トップページ | ついに三回目 »

コメント

>SwingingFjisan様、ありがとうございますconfident
疲れてるのかもしれませんねー。
今まで住んでいたところと違って、夜も遅い時間になると、電車の間隔がすごい空いてるんですよsweat02
だから、乗り過ごしたら帰宅時間が20~30分くらい違っちゃう。
も~、気をつけなくっちゃ!という感じです。

SwingingFjisan様もお忙しそうなので、たまにはゆっくりなさってくださいね♪

>みゅぅ様、携帯のアラーム機能、いいアイディアですね。
到着予定時刻のちょっと前にセットしておけば…って、私そんなまめなこと、できるかしら~?coldsweats01

実家なので慣れた道のりなはずなんですけど、ン十年住んでなかったから感覚が違っちゃったのかもしれません。
これから気をつけます~confident

お疲れもあるのではないでしょうか。
私もしょっちゅうやりましたよsmile ねぼけて、時には逆に1つ手前で降りちゃったりしたことも。自分の駅だと思い込んでいるものですから、降りてから風景が違うことに気づいて4次元の世界に来ちゃったのかしら、なんてバカなことを一瞬考えたりしてね。
お忙しいでしょうが、たまにはゆっくりご休養なさってくださいね。

こんにちわ。
まだ慣れないんですよ、きっと。

私も、今のアパートに引っ越してから、車を運転しているとき無意識に前のアパートに向かいそうになってしまったりしました。
私は1人で電車に乗る時は、携帯のアラーム機能を使います。
すごく疲れているときはやっぱり熟睡してしまうので、バイブにしてポケットに入れておきます。

早く慣れるといいですね。
乗り過ごしたりすると、どっと疲れたりしますから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/31475771

この記事へのトラックバック一覧です: 二度乗り過ごしたの巻:

« お知らせ | トップページ | ついに三回目 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ