« 太陽の死と再生 | トップページ | 5、6、7、8月の今月の一本 »

2009/09/01

おひさしぶりです

またまた久々となりました。
7月も、ちょいとハンパな更新状況、8月に至っては…shockということで、さぼりまくりの放置ブログでございました。
なのになのに、様子を見に寄ってくださってた方がいてくださったのには、驚きとともに恐縮しきりでございます。
本当にすみませんでした。

とりあえず、元気です!happy01


実は、7月の中ごろに父が亡くなりました。
このブログにも、たびたび登場していた父です。
長らく病気をしてましたので、そしてもう高齢でもありましたので、いつかは、とは思っていましたけど、その病気とは全然違う病気で、突然逝ってしまいました。
今年に入ってから、父の体力もかなり落ちてましたので、仕事と実家といったりきたり。そんなことでブログの更新はなかなかままなりませんでした。

父がいなくなったのは淋しいけれど、いつまでもいてくれるわけでもありません。
逆に、肉体がなくなってみて、今までよりもっと近くにいるような気もします。
そんな思いもあって、7月に「いれものと、そのなかにはいるもののこと」を書きました。
これは、もう少し書かせていただこうかなと思っています。
そして、父をはじめまわりの方の愛情に感謝しつつ、私は元気に生きていこう!と思ってますheart04


ちなみに!
今日から、来年の手帳が!「ほぼ日」で販売が始まりましたよ!
さっそく購入しました~!happy01scissors
来年に向かってね。
そして、今年ののこりを大切にね。
するように。
…どれを買ったかは、まだ、内緒。
だって、「ほぼ日手帳ファン」のお友達のも、楽しみに聞きたいんだもーんnotes

« 太陽の死と再生 | トップページ | 5、6、7、8月の今月の一本 »

コメント

>みゅぅ様、ありがとうございます。

いくつになっても、親にはいてほしいものですよね。
元気ならなおさら、でも病気でもいれくれれば、って思います。
みゅぅさんも、ご両親を大切にねheart04

手帳は、カバーもたくさん、オプションもたくさん!
も~う、迷ってしまいますよ~!happy01
こんなことで迷うってシアワセですけどね!shine

こんばんわ。
お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

mamiさん、大変でしたね。
私は、まだ両親を亡くすという経験はないのですが、5月に祖母が亡くなった時、とても悲しくて、自分の無力さにがっかりして、なかなか受け入れられなくて…、そんな風だったので、お父様を亡くす…というのは、いくら長年病気をなさっていたからとは言え、すごく心痛めることだろうなと思います。
でも、仕事をしなくちゃいけなかったり、本当に大変でしたね。
ただ、「今までよりも近くに感じる」という言葉を読んで、すごく感動しました。
本当にmamiさんは素敵な方だな~と。

ほぼ日記、今年は購入してみようかな。
早速選んでみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/31202427

この記事へのトラックバック一覧です: おひさしぶりです:

« 太陽の死と再生 | トップページ | 5、6、7、8月の今月の一本 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ