« ついに三回目 | トップページ | 猫村さん面白すぎ »

2009/10/18

帰ってこないのね

昨日「負けるな!生きろ!」の「カムイ外伝」のことを書いたばかりなのですが、
加藤和彦さんが亡くなられたというニュースをきき、しかもそれが自殺らしいということに大ショック。

加藤和彦さんは、私の年代にはあまり馴染みはないけれど、幼少のころ「帰ってきたヨッパライ」が大ヒットして、従姉のお姉さんから「この曲、いま大人気なのよ!」とレコードを聞かせてもらい、
そのあと弟とヘリウム吸ったみたいな声で♪オラは死んじまっただ〜♪とエンドレスで歌ってましたっけ。
楽しかった〜♪

「あの素晴らしい愛をもう一度」はスタンダードに歌われる名曲だったし、これからもずっと歌われると思う。いまも聴くとジーンと胸にしみます。
サディスディックミカバンドの頃はインパクト強くて、良く覚えています。

私にとっては、ご本人の姿はなくとも、作品が刻み込まれてるような、そんな存在でした。
それって、心のどこかで、ご本人は健康に幸せに精力的にずっと生きているような感覚に捉われてしまうのですよね。浅はかですけど。
ですから、今回のニュースで、その方が生身のひとだったんだとあらためて思い…ショックでした。

自殺だなんて本当に悲しいけど…ご冥福をお祈りいたします。

« ついに三回目 | トップページ | 猫村さん面白すぎ »

コメント

>みゅぅ様、コメントありがとうございます!
みゅぅさんの年代だとご存じないですよねー。
でも、私も実はあまり知らなくて。
曲は聴いて知ってて、あぁこの方の作品だったのかと、ニュースをきいて初めて知りました。

あんなに楽しい歌をつくってた方なのに…淋しいですよね。

こんばんわ。
私、加藤和彦さんと聞いても、あまりピンと来ず、お顔を拝見して分かりました。
そして、「帰ってきたヨッパライ」や「あの素晴らしい愛をもう一度」などが、加藤さんの作品だと初めて知りました。
「あの素晴らしい…」を初めて聞いたのは、中学校の時の合唱コンクールです。
違うクラスが唄ってて、いい曲だな~って思いました。
今では、ちゃんと唄えます。

自殺…、寂しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/31845211

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってこないのね:

« ついに三回目 | トップページ | 猫村さん面白すぎ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ