« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/31

横浜の除夜

除夜の鐘ももちろん聞こえますが…

港で停泊している船が、いっせいに汽笛を鳴らします。
祝砲もあげます。

そろそろ聞こえてくるころ…


今年もありがとうございました。

2009/12/30

つきのかげ

仕事を終えて、9時すぎに家に戻ってきました。

いつもより庭が明るい。
よその家の明かりがもれているのか?と思ったけど
そうでもない。

曇が出ているからだろうか?とも思ったけど
やはりそうでもない。
(雲が出ている夜は、空が明るいのだ)

それにしては、
庭にくっきり、
屋根の影。
柿の木の枝の影。
植え込みのこまかい葉っぱの影。

雨戸を閉めるときに気づきました。
月が、空の高いところに、くっきりと、
出ていたのでした。

こんなことからさえも、月の光を感じる
いまのお家のありがたさ。

年の暮れ、いろんなことが感じられ、いろんなことが愛おしいです。

2009/12/29

なんでナンデ?

松山ケンイチさんのオフィシャルページで
「年末のご挨拶」動画がアップされているんですが…

コチラ

なんで顔黒いの?

「GANTZ」の撮影中?
それともなにー???

もーそれが気になって気になって
なにを話されてるのか頭に入ってきませんでしたよ(笑)

いつ黒いわけを説明してくれるのかと…。

最後までスルーでした。

はい、もちろん、メッセージは、松山さんらしい、
誠実で素朴で熱くて、心温まる内容でしたよ。

来年のご活躍も、楽しみにしております♪


…年がら年中ミーハーの、ワタクシなのでしたbleahてへてへnotes

2009/12/28

ことし最後の…

なんていう時期になりました。

先日の、ことし最後の歌舞伎観劇には…
もちろんセットで楽しみたい!
Ken’sさんに行きました~heart04

いつも温かい笑顔で迎えてくださって
最上のおもてなしをしてくださる
だーいすきなお店です。

この日は夜の部の観劇を控えていましたが、
仕事の足で銀座にきていたワタクシ、
お昼を食べてない…

パストラミサンド~!
サラダつきっ!
delicious delicious delicious

200912261541000

200912261534000

Ken’sさんのパストラミサンドの大ファンなのですよーん♪

今年もありがとうございました、と
お会計をしていたら、ひょんなことからお店の女性の方と
かなりご近所であることが発覚!
休日にはもしかしたら、ニアミスかも~♪

ということで、またまた親近感わくKen’sさんなのでした~happy01

本年も、シアワセをありがとうございました。
う・ふ・ふ・ふ ~ shine

2009/12/27

ひとのペット

引越したら、ネコか犬か誰かと一緒に暮らしたい~
とずっと思っていますが、

いまのところ家の中が落ち着かなくて
実現にはまだまだ遠い…

で、もっぱらよそ様のペットちゃんに癒されておりますbleah

200805012300000

とか

Image003

とか

Image165_2

とか


むむーかわいーいーっっっ!heart02

皆様、勝手にペットちゃんを登場させてごめんなさいっ!

2009/12/26

本年千穐楽

200912262059000

千穐楽の歌舞伎座は夜の部を拝見してきました。

野田版鼠小僧、以前みたときよりもなんだか風格が出てきた感じ。
公演を重ねるってことは、こういう味が出てくるものなのだろうか。
とっても楽しめたし、最後のセリフではちょっとぐっときちゃった。

本年千穐楽、勘三郎さんの舞台ということもあって、カーテンコール2回!
今日は私は一階で観てたのですが、すぐ近くの席に座っていた男性に、劇場の方が声をかけて促していた。
? と思ってたら、するするとその方が舞台へ。
野田さんだったー!
すっごい近くで観劇してました!happy01heart04

野田さんは、また新作をつくりたい、新しい歌舞伎座でも新作をつくっていきたい、と仰っていた。
筋書きにも、野田さんは「新しい歌舞伎座ができたらきっと、前のほうがよかったといわれるんだろう。でも、皆が愛して、芝居に愛されて、そういう垢がついてきた劇場はきっといい劇場になる。いまの歌舞伎座が、できたばかりのときには不評だったように」と書かれていたけど、
劇場にとっても、お芝居にとっても、
こと歌舞伎という世界にあっては、
ほんとうにそうなんだろう。

「野田版鼠小僧」は、歌舞伎のなかでは新作だけれども、再演だ。
昼の部のクドカンの「大江戸りびんぐでっど」は、初演の新作だ。
私は両方面白かった(クドカンのテイストをわかってるせいもある)けど、全般には「大江戸…」のほうが少々分が悪かったみたい。
作品そのものの持ち味もあるけれど、公演を重ねられていくことは、とても大きいことのように思う。
だから、「大江戸…」もまた再演してほしいし、クドカンにもまた歌舞伎の作品をつくってほしいと思う。

カーテンコールで三津五郎さんが、「両手をあげて帰ってね」と仰っていたけれど、ホント、そういう気分だった。
手を挙げていたら、その手に小判が降ってくるかも。
いやそれよりも、屋根のうえからいつも見てくれているだれかの愛が、降ってくるような気がして、
野田さんのつくった鼠小僧は、そういうものだったのかなと、、、

いまとてもうれしくてたのしくて、あたたかい気持ちです。

くさいけど、
愛は、いつでも降っているから
自分で、両手で、受けとめにいかないとね。


今年の私の観劇も、これでおしまい。
今年はいろいろあって、なかなかお芝居に集中できなかったけど、
やっぱりたくさんのシアワセをいただきました。
ありがとう。
ほんとにありがとう。

confidentheart02

2009/12/23

本日のいただきます♪

今日は久々に会うお友達のお宅で鍋パーティ♪
今年流行の「トマト鍋」

200912231839000


美味かったなりー♪

中身は、野菜でもお肉でもOKですが、
(今日は、キャベツやミニ玉ねぎ・きのこやウィンナー、肉だんご…などなど)
ことに、とろけるチーズが、おいしいぃ~delicious

あとでパスタを入れて、スープパスタふうに♪

おかげさまで、ワインも日本酒も、すすみましたわhappy01
なにより皆で鍋を囲むっていうのが、いちばんおいしいかもっ!

2009/12/22

冬至

今日は昼間がいちばん短い日。

これからは日が長くなっていくと思うと嬉しい♪
だって、戸建に住むと、日の短さをマンションのときより感じるんですもん。

いまはね、
朝、雨戸を開けるでしょ。
家にいるときは、外が暗くなったら閉めるんですけど、
なーんか、さっき雨戸、開けたばっかりなのにー、
って思う。

出かけてる日は、帰りが遅くなくっても、
まわりじゅう、真っ暗、ですもん。

catface

でもって、
今晩は「冬至かぼちゃ」
つくりました。

200912221903000

小豆、ちょっと煮すぎちゃったcoldsweats01
でもやっぱり、冬至はこれ。

お風呂も、ゆず湯なりよー♪

2009/12/21

母が観た歌舞伎座

片づけものをしていると、思わぬものに出会う時が多くある。
先日、16年前の平成5年の一月、歌舞伎座の筋書きが出てきた。
母が行ったのだろう(父は、そういう趣味がない)
もちろん、歌舞伎歴はここ3年ほどの私は、全く歌舞伎など観ていない頃のものだ。

うわあ、とばかりに思わず片づけを忘れて見てみると、

勘三郎さん(モチロン当時は勘九郎さん)の一条大蔵卿、常盤御前はなんと雀右衛門さん!
当り前のように、歌右衛門さんや羽左衛門さん、先代三津五郎さんが出演されている。
まだ助五郎さんだった源左衛門さんや、四郎五郎さんもいる。
私にとっては、夢のような、一度は観てみたい役者さんが、豪華に並び立っていた。

そのころはその方たちが、一線で活躍されていたのだから、当然と言えば当然なのだけれど、
いまの私にとっては伝説みたいな方々なのである。

それとともに、今まさに一線で活躍されている役者さんたちは、このころはまだまだ中堅どころだろうか。
筋書きの写真をみると、猿之助さんも段四郎さんも團十郎さんも、若~い!
おまけに、勘太郎くん七之助くんが出ているんだけど、ふたりとも小学生のヒヨッコですよ~!happy02
もーかわいいのなんのって。
芝のぶちゃんもいましたが、美少年です~!
ちなみに、段之さんもいましたけど、いまと写真変わってない…coldsweats01

おまけに、筋書きの中の特集インタビューが、文楽人形遣いの吉田玉男さんですよ~!
もう、たまりませんheart02

うはうは♪

…って感じで、とことん、見入ってしまいましたが、
このころ母は、最晩年。
きっとこれが、最後の歌舞伎座での観劇だったのでは。

楽しかっただろうなあ。
母の目に、歌舞伎座は、どんなふうに映っていたのだろう。
こんなことを思えるのも、歌舞伎座の歴史ですよね。

その頃の歌舞伎座、いまの歌舞伎座。
そして、これからの歌舞伎座。

さよなら公演もいよいよ佳境。
いろんなひとの思いをのせて、最後まで魅せてほしい、魅せられたい。
…そんな思いであります。

2009/12/19

金丸座

来年4月のこんぴら歌舞伎の出演者と演目が発表されていますね。

コチラ

今回は亀治郎さんが出演するのね。
愛之助さんも、先日の花形でのお坊吉三をみて、ラブリン熱急上昇のワタクシ。
金丸座は、ぜひとも一度はいってみたい芝居小屋。
こんなに条件が揃っちゃったら、なんとしても行きたい。

行けるかなあ。
行きたいなあ。

…それにしても亀治郎さん、
1月は浅草、2月は博多座、3月は南座。そしてこの金丸座。
やっぱり、歌舞伎座さよなら公演には、出てくれないのね。
今の歌舞伎座での亀治郎さんの見おさめを、したかったのだけど

まあ、仕方ないかー。
舞台の亀治郎さんが観られるのはシアワセなことですしね♪

2009/12/18

書きまつがい

いやはや。

なんとも。

早や2カ月近く。

ホーチ!
ホーチ!

…してました。bearingbearing


実家に戻ってそろそろ3カ月ほど経とうとしています。
生活には随分慣れてきましたが、それでもまだある、親の荷物の片付け、ごみの処理、家の修繕。
やったことのある皆さんは口を揃えて
「タ~イヘン!」
と仰いますが、ほんっとうに。

タ~イヘン!

なのでありますっ!coldsweats02


そんなお片づけの最中。

料理好きだった母の、料理メモが大量に出てきました。

「タモサラダ」

タラモサラダじゃーん!

と突っ込みつつ
テレビ見て一生懸命メモをとったらしい風景や
きっとはじめて「タラモサラダ」の名を聞いて、ちゃんと聞き取れなかったんだろうなあとか
思い描いて、しみじみ

…なんてことはない。
タモさんの顔が浮かんで大爆笑!

その昔、うちでは「茶々」という猫と「レオ」という犬を飼っていましたが、
弟を怒るときには「レオ!」
私を怒るときは「茶々!」

呼び間違えていた、母ですsmilesmile

しかし。
「言いまつがい」は一瞬の笑ですが
「書きまつがい」は永遠の笑。

いつまでも笑いを提供してくれる母に、感謝、感謝
でありましたわ。

続きを読む "書きまつがい" »

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ