« なんでナンデ? | トップページ | 横浜の除夜 »

2009/12/30

つきのかげ

仕事を終えて、9時すぎに家に戻ってきました。

いつもより庭が明るい。
よその家の明かりがもれているのか?と思ったけど
そうでもない。

曇が出ているからだろうか?とも思ったけど
やはりそうでもない。
(雲が出ている夜は、空が明るいのだ)

それにしては、
庭にくっきり、
屋根の影。
柿の木の枝の影。
植え込みのこまかい葉っぱの影。

雨戸を閉めるときに気づきました。
月が、空の高いところに、くっきりと、
出ていたのでした。

こんなことからさえも、月の光を感じる
いまのお家のありがたさ。

年の暮れ、いろんなことが感じられ、いろんなことが愛おしいです。

« なんでナンデ? | トップページ | 横浜の除夜 »

コメント

>Carmen様、Carmen様のお家もそうだったのですね。
昭和初期ですと、うちのほうが少しあとに建ったことになるのでしょうか。
うちにも、雨戸用の小窓があります。欄間や床の間や書院があります。
昔のひとは、こまかい工夫を凝らしていますよねhappy01

それにしても、離れに、ポーチに面した洋室、なんて、本当に凝ったつくりだったのですね。
見てみたかった~!

私もこの家が大切ですconfidentheart02

子供のころ住んでいた家を思い出しました。
雨戸の戸袋のところに
手を差し入れるための
小さな引き戸?がついていて
それが何だか可愛くて好きだった。

昭和初期に建てられた家は
欄間や床の間や離れもあって
そうした純日本風家屋に取ってつけたように(笑)
フランス窓があるポーチに面した洋間がありました。

生まれ育った家と言うのは
懐かしいもの。
姿かたちは失せても
それはやはり心の中に生きているのです。

>SwingingFjisan様、ありがとうございます。
長らくほったらかしにしていたのに、また足を運んでくださって、ありがたいかぎりです。

今年もほんとうにお世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
(って書いてるうちに、新年あけて、テレビで歌舞伎座前の中継してます~smile

>みゅぅ様、月や星には話しかけたくなりますよねconfident
元旦が満月なんて、とっても嬉しいことのように思えます。

今年もありがとうございました。
来年も(って、、これ書いてるうちに新年明けてます~coldsweats01)よろしくお願いいたします♪

お疲れ様でした。
mami様にとって大変な1年でしたね。でもブログが復活されて、素敵な観劇レポ、日々のことなど、mami様のお感じになったことを拝読できること、嬉しく存じます。
来年も楽しみにしております。

こんばんわ。
最近、夜空を観ることが多い私です。
日が暮れるのが早くなっていて、さらに良いお天気続きで、月が綺麗に観えますよね。
元日は満月のようですね。
ヨガの先生に、「満月を観ながら深呼吸をして、月のパワーをもらってください」と言われました。
初代うさのむぅちゃんと2代目のモコにも会えるかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32795159

この記事へのトラックバック一覧です: つきのかげ:

« なんでナンデ? | トップページ | 横浜の除夜 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ