« 猫村さん面白すぎ | トップページ | 金丸座 »

2009/12/18

書きまつがい

いやはや。

なんとも。

早や2カ月近く。

ホーチ!
ホーチ!

…してました。bearingbearing


実家に戻ってそろそろ3カ月ほど経とうとしています。
生活には随分慣れてきましたが、それでもまだある、親の荷物の片付け、ごみの処理、家の修繕。
やったことのある皆さんは口を揃えて
「タ~イヘン!」
と仰いますが、ほんっとうに。

タ~イヘン!

なのでありますっ!coldsweats02


そんなお片づけの最中。

料理好きだった母の、料理メモが大量に出てきました。

「タモサラダ」

タラモサラダじゃーん!

と突っ込みつつ
テレビ見て一生懸命メモをとったらしい風景や
きっとはじめて「タラモサラダ」の名を聞いて、ちゃんと聞き取れなかったんだろうなあとか
思い描いて、しみじみ

…なんてことはない。
タモさんの顔が浮かんで大爆笑!

その昔、うちでは「茶々」という猫と「レオ」という犬を飼っていましたが、
弟を怒るときには「レオ!」
私を怒るときは「茶々!」

呼び間違えていた、母ですsmilesmile

しかし。
「言いまつがい」は一瞬の笑ですが
「書きまつがい」は永遠の笑。

いつまでも笑いを提供してくれる母に、感謝、感謝
でありましたわ。

ちなみに、「言いまつがい」は、ワタシの中ではお馴染み、「ほぼ日刊イトイ」の面白コンテンツ。
毎日更新されてるので、毎日笑えますよー♪

« 猫村さん面白すぎ | トップページ | 金丸座 »

コメント

>みゅぅ様、処分しなくては…って、たしかにー!
気持ち、わかります!

でもそれも含めてきっと、大切なものになりますよーhappy01heart04
なにより、そんなに長いあいだずっと、日記を書かれてたなんて、本当に貴重だと思います。
すごいです!

ぜったい、捨てちゃ、だめですよーshine

こんにちわ。
確かに、間違って書いてしまったものは捨てない限り残ってしまいますよね。

私も、小学生から就職するまで日記をつけてたんですが、今読み返すと悲しいくらい間違いだらけ。
自分が死ぬ前に絶対処分しなくちゃ!と思います。

>Carmen様、ご無沙汰してました~!
ウェルカムバックのお言葉、ありがとうございます~!!!

Carmen様のお母様は、中華料理ですかdelicious
いいですねえ。
私の母のは、内容は盛りだくさんですが、メモがおちゃめで笑えます。
Carmen様の仰るように、母のレシピで母の味、思い出しながらつくってみようかしらnotes

今晩は~♪
私が言うのも変ですが
うぇるかむばっくでございます(笑)。
タモサラダ、笑えますね。
うちの母も料理好きで
中華系のレシピだけはどっさりあるのですが
昔からどうも食べるほうが専門で…(笑)。

話は変わりますが、
最近、電子レンジであっという間にできる
お手軽インチキ料理が大流行り。
でも、何を食べても
「ふ~ん…」
何だか感動がないのです。

多少甘くても辛くてもしょっぱくても
やっぱり真心がこもった料理がいいなぁ。
心が温まる感じがします。
…お母さんのレシピ、試されてみては?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32650671

この記事へのトラックバック一覧です: 書きまつがい:

« 猫村さん面白すぎ | トップページ | 金丸座 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ