« 本日のいただきます♪ | トップページ | ひとのペット »

2009/12/26

本年千穐楽

200912262059000

千穐楽の歌舞伎座は夜の部を拝見してきました。

野田版鼠小僧、以前みたときよりもなんだか風格が出てきた感じ。
公演を重ねるってことは、こういう味が出てくるものなのだろうか。
とっても楽しめたし、最後のセリフではちょっとぐっときちゃった。

本年千穐楽、勘三郎さんの舞台ということもあって、カーテンコール2回!
今日は私は一階で観てたのですが、すぐ近くの席に座っていた男性に、劇場の方が声をかけて促していた。
? と思ってたら、するするとその方が舞台へ。
野田さんだったー!
すっごい近くで観劇してました!happy01heart04

野田さんは、また新作をつくりたい、新しい歌舞伎座でも新作をつくっていきたい、と仰っていた。
筋書きにも、野田さんは「新しい歌舞伎座ができたらきっと、前のほうがよかったといわれるんだろう。でも、皆が愛して、芝居に愛されて、そういう垢がついてきた劇場はきっといい劇場になる。いまの歌舞伎座が、できたばかりのときには不評だったように」と書かれていたけど、
劇場にとっても、お芝居にとっても、
こと歌舞伎という世界にあっては、
ほんとうにそうなんだろう。

「野田版鼠小僧」は、歌舞伎のなかでは新作だけれども、再演だ。
昼の部のクドカンの「大江戸りびんぐでっど」は、初演の新作だ。
私は両方面白かった(クドカンのテイストをわかってるせいもある)けど、全般には「大江戸…」のほうが少々分が悪かったみたい。
作品そのものの持ち味もあるけれど、公演を重ねられていくことは、とても大きいことのように思う。
だから、「大江戸…」もまた再演してほしいし、クドカンにもまた歌舞伎の作品をつくってほしいと思う。

カーテンコールで三津五郎さんが、「両手をあげて帰ってね」と仰っていたけれど、ホント、そういう気分だった。
手を挙げていたら、その手に小判が降ってくるかも。
いやそれよりも、屋根のうえからいつも見てくれているだれかの愛が、降ってくるような気がして、
野田さんのつくった鼠小僧は、そういうものだったのかなと、、、

いまとてもうれしくてたのしくて、あたたかい気持ちです。

くさいけど、
愛は、いつでも降っているから
自分で、両手で、受けとめにいかないとね。


今年の私の観劇も、これでおしまい。
今年はいろいろあって、なかなかお芝居に集中できなかったけど、
やっぱりたくさんのシアワセをいただきました。
ありがとう。
ほんとにありがとう。

confidentheart02

« 本日のいただきます♪ | トップページ | ひとのペット »

コメント

>SwingingFjisan様、やはりいらしてたのですね~!happy01
中村屋さんらしい、いい千穐楽でしたね。
SwingingFjisan様と一緒の空間で楽しめたこと、とても嬉しいです♪

ラストの台詞は、ほんとうにぐっときましたね。
感情のこぼれる勘三郎さんならでは…ですね。
私は初演のときよりも感動が大きかったです。

年末年始は、お嬢様と楽しまれるのでしょうか?
もし劇場でお会いできたら、嬉しいです。

あら、昨日いらしたのですね(私も1階におりました)。野田さんのすぐ近くのお席だったなんて、すごい!! 

ラスト、感動的でしたね。切なく、悲しく、暖かく、希望に満ちた気持ちになりました。

今年のシメでmami様が幸せなお気持ちになれたようで、私も嬉しく存じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32749657

この記事へのトラックバック一覧です: 本年千穐楽:

« 本日のいただきます♪ | トップページ | ひとのペット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ