« つきのかげ | トップページ | あけました »

2009/12/31

横浜の除夜

除夜の鐘ももちろん聞こえますが…

港で停泊している船が、いっせいに汽笛を鳴らします。
祝砲もあげます。

そろそろ聞こえてくるころ…


今年もありがとうございました。

« つきのかげ | トップページ | あけました »

コメント

>Carmen様、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いしますheart02

汽笛は、港のある街だと聴けるのではないでしょうか。
小樽、ステキな経験でしたね。
でもひとりだと、たしかにちょっと切ないかも。
汽笛って、お別れのイメージがありますもの。
たしかに、前の年とのお別れなんですけどねconfident

ブログ、またお邪魔させていただきますね♪
いつも足跡残してなくてごめんなさい!

昨夜の23:59、
ブログでカウントダウンをしようとし
あげたらなぜか1月1日になってしまいsign02
マヌケなので引っ込めてしまいました(笑)。

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしゅうnote

あ、大晦日の船の汽笛、
昔、小樽で聞いたことがあります。
旅先で一人だったので
ちょっと切なくなるような汽笛でした。
横浜でも聞こえるのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32812693

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の除夜:

« つきのかげ | トップページ | あけました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ