桜だより2009

2009/04/03

目黒川桜だより12

満開です。

200904031617000

ひとどおりも多いです。土日にぎわうでしょうねえ。

今日の橋は、「鶴亀」。交互に入っています。
ほかの橋は、ワンポイントなのに、ここだけ「鶴亀鶴亀鶴」と5枚も入ってます。なんでかなー。

200904031619000

200904031619001

2009/04/02

目黒川桜だより11

今日は友人とお花見でした。
ちょっと風が強かったですが、お天気もよくほぼ満開に近く、まさにGood Day!でございましたー♪

200904021145002

青空さんと桜さん。
200904021147000

こんな柄もあります。
200904021623000


2009/04/01

目黒川桜だより10

またまた寒い一日でした。
でも、桜さんたち、ずいぶんこんもりしてきましたよね♪
こうして、春を教えて下さることに、感謝。

200904011323000

今日の、橋は。
200904011327000

松!マツ!まつーっ!(なぜ私がこんなに「松」で喜ぶのか?それはヒミツ〜♪)

2009/03/31

目黒川桜だより9

200903311448000

だいぶ開いてまいりましたよ〜♪
でもって、今日の橋デザインは↓

200903311451001

亀!カメ!かめーっ。happy01


2009/03/29

目黒川桜だより8

ニチヨウビ。
お花見にはまだまだ。今年は長いぞ。

200903290843000

ここの橋は「いちょう」の模様です。
200903290845000

2009/03/28

目黒川桜だより7

土曜日でお花見の人がたくさん出ていました。
が、花見にはまだちょっと早いようです。おまけに今日は、陽が射しているわりにとても寒くて、目黒川散歩としては絶好の日とはいえないようでした。
でも、川の両側、近所のお店の出店や、小型トラックできているお店など…大にぎわい。
ホットワイン、スープなどのホットドリンクが人気のようでした♪
ホットドッグや焼き立てメロンパン、ショートパスタやおでんなど、いろんなお店がありましたよ〜!

200903281448000

↓橋の手摺シリーズ。目黒川にはたくさんの橋がかかっていて、色もデザインも違います。
200903281448001
200903281456000

私のお花見の予定は来週。
ちょうど良さそう…?happy01

2009/03/27

目黒川桜だより6

200903270908000

200903270909000

今日も寒いなりー。
でも桜はどんどん開いてきています♪
ちぢんでいるのは人間だけー?笑。

ワタクシは朝は早く夜は遅く。眠いなりよー。
明日は早朝葉山っ!がむばるぞいっhappy02

2009/03/26

目黒川桜だより5

花冷え。

200903261522001

200903261528000

写真だと暖かそうな日に見えるなあ。

今日は久しぶりに歌舞伎座に行きました。
昼夜通しで観る予定が、やっとこさ夜の部から。しかも、最後の幕は観ずに仕事しちゃいましたー。
せっかくの「通し」なのに自らみとりにしてしまったワタクシ。

来月はがんばるよん♪

2009/03/25

目黒川桜だより4

暖かかったのに、昨日今日と寒い〜。
でも花はどんどん開いておりますよ♪
春は、躊躇いたしません。どんどん、歩いてきます〜♪

200903251009000

今夜はぼんぼりに灯りが灯っていました。
すてきなんだけど…夜まであかるく照らされて、桜さんたちは眠れるのでしょうか。


2009/03/23

目黒川桜だより3

200903231523000

今日のポイントは中目黒の駅に近いほう。
例年こちらのほうが、池尻寄りより早いような気がします。
もうそろそろ中目黒は混雑しはじめてきています。
盛りの頃には駅周辺はごったがえして大変です。

今日は結局国立劇場には行けずじまい。(T_T)
今月は月初めに、塩津さんのお能を国立能楽堂に観にいったきりです。
今週、歌舞伎座にも行くつもりにしているのですが…。行きたいなあ。

でも、お花見は、するぞー!poutpunch

200903231524001200903231524002


より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ