« オーシャンズ | トップページ | 清塚信也ピアノリサイタル »

2010/01/23

清塚さん→DMC

今日は、清塚信也さんのコンサートに行きました!happy01
以前から行ってみたかったのですが、なんとこの日は、我が家の超近所の「杉田劇場」というところで、コンサートが行われるということで、それならばなんとしても行かなくちゃ!
と、チャンスをいただいたのでありますnotes

清塚さんは、若手の新進ピアニストですが、とくにクラシック音楽に詳しくもない私が、なぜこの方のことを知ったかというと、なんのことない、松ケンくんつながりなのです(相変わらずのミーハーでごめんなさいっcoldsweats01
松山さんが映画「神童」でピアニストの卵の役をやったときの、指導およびピアノ演奏シーンの吹き替えをされたのが清塚さん。
その後ふたりは大親友となり、松山さんが雑誌で連載している「松ケントーク」なる対談企画に、なんと二度もご登場~!
お二人で興味深いお話をたくさんされていたので、ぜひこの方の音楽を、聴いてみたいと、思っていたのでした。

はたして、コンサートはとても素晴らしく、とても楽しく、会場でお買い求めのCDにサインまでいただき、すっかり感動して帰ってきたのであります。
(その感想はまたのちほどheart02

で、そのあと地上波初登場の、松山さんの大ヒット映画「デトロイト・メタル・シティ」をみました。(そのときの感想はコチラ
松山さんつながりな流れだったんですが…
なんという世界観の違い!笑!
テレビでは、この映画にとって重要な、超お下品な台詞がぜ~んぶ「ピー音」(のかわりの動物の雄たけびの声!)だったので、面白さ半減でしたけど。
まあテレビじゃ、ながせないよね~。最後のライブシーンも含め、これはやっぱり、映画館で見なきゃ!ですよ。
松山さんの演技力は、やっぱりさすがで楽しめましたけどねwink

さっきまでの清塚さんの、とってもノーブルな雰囲気から、急転直下、メタルな世界に~!coldsweats01

松ケンつながりでありながら、180度違った世界につれていかれた日でありました~coldsweats01coldsweats01

« オーシャンズ | トップページ | 清塚信也ピアノリサイタル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/33116836

この記事へのトラックバック一覧です: 清塚さん→DMC:

« オーシャンズ | トップページ | 清塚信也ピアノリサイタル »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ