« ヨコハマさんぽ | トップページ | オーシャンズ »

2010/01/20

さよなら公演ファイナル

今日は歌舞伎座昼の部に行ってまいりました。

夜の部に、昨日ご出演されたという雀右衛門さんは、今日はまた休演despair
今後もいつご出演されるのか、はたまた難しいのかはわからないと、係の方の回答。
昨日いらした方、運がよかったですね!shine

3月・4月の演目のチラシが出ていましたので、取り急ぎご報告いたしますね。
いよいよ、歌舞伎座さよなら公演も、ファイナル!です。
演目のみで、出演者はまだ発表されていません。
他サイトさんですでにご紹介済みでしたら、ご容赦を!

噂通り、3部になりまして、チケット代は据え置き~!
ということは、トータルでみたら…
出費がイタイかも~sweat01

201001201958000

うーんわかりにくい…
↓ 参照!

三月 御名残三月大歌舞伎
 3月2日~28日

【第一部】11時開演

 一、菅原伝授手習鑑 加茂堤

 二、楼門五三桐

 三、女暫

【第二部】14時半開演

 一、菅原伝授手習鑑 筆法伝授

 二、弁天娘女男白浪

【第三部】18時開演

 一、菅原伝授手習鑑 道明寺

 二、文珠菩薩花石橋 石橋


四月 御名残四月大歌舞伎
 4月2日~28日

【第一部】11時開演

 一、御名残木挽闇争

 二、熊谷陣屋

 三、連獅子

【第二部】15時開演

 一、菅原伝授手習鑑 寺子屋

 二、三人吉三巴白浪

 三、藤娘

【第三部】18時20分開演

 一、実録先代萩

 二、歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜

« ヨコハマさんぽ | トップページ | オーシャンズ »

コメント

>SwingingFjisan様、そのお気持ちわかります~sign03
私も博多座、一度は諦めて、…でも観たい気持ちがまたむくむくと…sweat01
金丸座にも行きたいなぁとぐずぐずしております。こちらはチケットも取りづらいですし計画たてにくいですねえbearing
3月4月は、私も一階で観たいと思っているのですが…
う~んやっぱり資金が…coldsweats01
でも歌舞伎座ファイナルまでなんとか通いたいものですわcatface

あ~、1月に資金を使いすぎてしまいましたわぁ。2月の博多座行きを我慢するか…。だって、5月には大阪へ行きたいし。3月は国立に日生、しかも歌舞伎以外の演劇もたくさん入れちゃったし、まったく節操も計画性もない私。
でも3月4月は一等席で見たいなぁぁぁ。

ジャッキーさんは新聞の写真で見ただけで満足としますかbearing

>Carmen様、うわあ!19日にいらしたのですね!
なんてグレィトッsign03shine
動かなくてもほんの少しの時間でも、雀右衛門さんが見れただけで、福袋大当たり!みたいな感じですね。
本当に、お人形のように美しいんですものheart04

「籠釣瓶」の玉様は、私もめちゃくちゃ楽しみです!
はやくチケット取ってくださいね~売りきれないうちに!wobbly

はい、たいへん運の良い方ですhappy01
昨日の夜の部、行って参りました。
雀右衛門さんが一瞬を除いてピクリとも動かれなかったので
隣の席の方に「あの~、お人形じゃなかったですよね?」なんて聞いてしまいましたsweat02
遠目で良く見えなかったとはいえ、何て不謹慎な発言!

3月4月は三部制ですね。
でも、かるめんの狙いは~
2月夜の部の「籠釣瓶」!
歌舞伎チャンネルでしか見たことないけれど
玉三郎の傾城八ツ橋が流し目バチバチ光線で
一瞬で男を落とすところが見たいのです!
チケット買わなくちゃnote

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/33060088

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら公演ファイナル:

« ヨコハマさんぽ | トップページ | オーシャンズ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ