« 海老蔵さん奮闘! | トップページ | 重力ピエロ »

2010/01/08

事件です

昨日の夕方6時頃。
在宅仕事してた私は、暗くなってきたので雨戸を閉めた。
と、その直後、「ボワッ!」とすごい勢いで、雨戸が押された。

なに?
庭で何かが起こったのか、なにかが飛んできたのか。
そんなに強い風も吹いてないし、庭に大きなものも置いてないし。

おそるおそる庭に出て確認したけれど、何も起きてない。

と、少ししてすごいサイレンの音。

???
ドキドキしながらテレビをつける。

…と、家からは電車でふた駅ほどの場所で、工場の爆発事故があったという報道が。
え~っ。
爆風だったんだ!
しかもあの場所からで、家まで届くなんて!

びっくりでした。
とともに、それならば、近くのひとはさぞかし大変なことだったろう。
さいわい(?なのか?)けがをされた方も比較的軽傷ということだったが、
この工場は以前にも爆発事故を起こしている。
なんとしても再発防止してほしい。

それにしても、私ったら、爆風がちょっとあたっただけでこの驚きよう。
もっと大きな災害に巻き込まれたら、相当動揺しちゃうんだろうなあ。
なにごともないに越したことはないけど、
もっと腹をきめとかないといけませんねbearing

« 海老蔵さん奮闘! | トップページ | 重力ピエロ »

コメント

>みゅぅ様、きっと風向きの関係で、うちのほうにもたまたま届いたのだと思います。
だって、雨戸が押されたのって、ほんとうに一部分だったから。
いろんな建物の間を通り抜けてきたのでしょう。

大事故でしたけど、けがをした方も軽傷だったらしく、それはほんとうに、幸いでした。

こんにちわ。
すごい爆発だったんですね。
とっても大きくて重そうな部品が道路に刺さっているのをテレビで観ました。
主人と、「けが人が無くて良かったね~」と話しました。
でも、2駅先まで爆風が…。
凄いですね…。
何事もなく、良かったです。

>SwingingFjisan様、ありがとうございます。おかげさまで、びっくりしただけでなんともありませんでしたhappy01
あの事故があった場所は、家からはけっこう離れているはずなんですが、たまたま風が届いたのでしょう。
部分的に、何かにドッと押された感じだったので、びっくり!でした。

災害時、私はすぐに動揺して、めげちゃいそうですcoldsweats01
できることなら冷静でいたいですが、ねえ…wobblysweat01
私もSwingingFjisan様のように、本を読んでみようかしら。

あ、あの爆発が!! それは大変でしたね!! ご無事で何より。
それにしても、爆風ってすごい威力なんですね。驚かない方が不思議ですよ。もっと大きな災害--私だったらきっと、瞬間、頭が真っ白になって膝がガクガクしちゃう。昔、サバイバル心得みたいな本を読んだことがあって、そういう災害時の心構えなんかも出ていましたが、そんな冷静さ、絶対ムリと思いましたもの。

事故を繰り返すというのは、やはり安全管理に問題があるんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32905702

この記事へのトラックバック一覧です: 事件です:

« 海老蔵さん奮闘! | トップページ | 重力ピエロ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ