« お正月は鏡餅でしょ! | トップページ | 事件です »

2010/01/08

海老蔵さん奮闘!

1月6日、初春花形歌舞伎 @新橋演舞場

201001062143000

この日、昼夜通しで観劇。
さすがに疲れました~!
けれども役者さんたちはもっともっとお疲れ…しかも夜の部でひとり十役の海老蔵さん、たいへんなことと思います。

その「ひとり十役」で話題の、夜の部伊達の十役から。

いわゆる「伊達騒動」のお話ですが、内容的には「伽羅先代萩」に「かさね」、それにちょこっと「道成寺」がまざった感じ。
正直、お芝居に関しては別々の役者さんがやったほうが味わいはあったと思いますが、十役早変わりの連続にはやはり興奮いたします。

最初に海老蔵さんが口上で登場され、登場人物の解説をパネルでしてくださるのですが、これがなければわからないかも!というくらい、登場人物、入り組んでおります。
筋書きにも相関図がありますが、これ、必要ですっ!coldsweats01

海老蔵さんは仁木弾正からスタートしますが、この拵えの海老蔵さん、とってもお似合いだし、團十郎さんにそっくり!台詞の声も似ていて、なんだか嬉しくなりましたわ♪

歌舞伎の早変わりの手法には慣れているとはいうものの、さすがに十役ともなると、ひらりひらりと場面ごとに、変わったり戻ったり、いやいや忙しいのなんのって。
ここで変わるのね、って想像つくところもあるのですが、ええ~っいつの間に!というところもあって、次はどんな手でくるのかと、ワクワクの連続でした。
裏方さんはさながら戦場のようなのではないかと思いますが、そしてどんなに体力を使ってられるのだろうと思うと頭が下がりますが、観客としてはやんやの盛り上がりで魅せていただきましたわhappy01heart02

海老蔵さんは、やはり立役が素敵で一日の長があります。
二枚目も色悪も、それぞれに素敵。
海老蔵さんが出るだけで、舞台がパァッと華やかになります。

十役のタイトルのとおり、海老蔵さん大奮闘なのですが、脇をかためていた澤潟屋さんチームの方々もとても素敵でした。
ことに、京潟姫の笑也さんは、匂い立つような美しさ可愛らしさでしたし、猿弥さん弘太郎さんコンビはとてもいい味わいを出されていました。
千松役の子役ちゃんが、うまくてうまくて。泣かされるし可愛いし。この日は、交互出演のどちらが出ていたのかわかりませんでしたが(白塗りでお顔がわからないしイヤホンガイド借りてなかったし)、筋書きを見たらどちらも可愛い~♪そのうちの、三橋正暉くん、誰かに似てる似てると思ったら、阿部サダヲちゃんにそっくりなのでした(笑)もーホントに可愛いったらheart02

最後には、なんでだか道成寺になっちゃってcoldsweats01終幕を迎えるのですが、盛りだくさんの内容に、早変わりや宙乗りのエンタテイメント、たっぷり楽しませていただきましたhappy01notes
理屈抜きに楽しめる、新春にぴったりの演目でございましたわshine

この日の終演は9時40分近く。
予定表には9時半終演とありましたが、少々伸びた模様。
今後ご覧になられる方、お帰りには気をつけて、そして体力を蓄えていらしてくださいませ~happy01

« お正月は鏡餅でしょ! | トップページ | 事件です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32904532

この記事へのトラックバック一覧です: 海老蔵さん奮闘!:

« お正月は鏡餅でしょ! | トップページ | 事件です »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ