« 浅草お年玉ご挨拶 | トップページ | 獅子虎傳阿吽堂vol.5松 »

2010/01/27

浅草おもいつくまま・一部

1月26日、浅草歌舞伎千穐楽(一部・二部通し観劇)の簡単な感想を思いつくまま。

201001261037002

正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
亀治郎さんと勘太郎さんによる舞踊。お正月に多く上演される蘇我もののひとつですが、おふたりとも踊り巧者なので、とてもとても見ごたえあり。
亀治郎さんは今回の浅草、女形として出ていない。すべて立役である。
以前は線の細い印象で、立役とはいえ、そういう雰囲気の役どころのほうがしっくりきたが、ここのところの亀治郎さん、大きさが出てきたように思う。
勘太郎さんの朝比奈、これまた格好良かった。大ぶりな力強さに満ちていて、型もきまっており、観ているほうも力が入った。
そして、お二人を後見として支える、段一郎さんといてうさんが、これまた素敵。気配を消しながらも気を抜いてない真摯な目配りが、とても印象に残った。
いてうさんは今月、歌舞伎座でも後見をなさっていたような気が…?たいへんなお役目ですね~。

元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿
愛之助さんの綱豊、亀治郎さんの助衛門の丁々発止、のめりこんで観てしまった。
台詞劇での盛り上がり、演技力がないとモチロン盛り上がりなどのぞめない。
おふたりとも素敵~heart04
仁左衛門さんの監修だというけれど、さいきんの愛之助さん、お顔立ちは全然ちがうのに、ふとした表情(しかも、ここぞというときの)が仁左衛門さんを彷彿とさせる。これが、ものっすごく、いいのだ!
江島の亀鶴さん、亀鶴さんの女形って、初めて見たような気がするが、なかなか良かった。貫録もあるし懐の大きさなんかも、よく出ていたように思う。
冒頭、ふたりの腰元がお喜世をいじめるシーンで、段之さんがこれでもかとばかりにお喜世をにらみ続けているので、客席は大ウケ。段之さんて、ときどきそういうお芝居、しますよね~coldsweats01
休憩時間に、お隣に座ってらした方に「あの腰元はどなたですか?」と聞かれたので、亀治郎さん(正確には段四郎さんの)とこの方とご説明。「とても面白かった、これから要チェックだわ」なんて、おっしゃられていたhappy01ホント、インパクト大だった。
その方は、そのあとの演目で真面目な顔して亀治郎さんの後見してたひとと同一人物だって、おわかりになったかしら?笑。
最後の場の、愛之助さんが能舞台に向かう姿がとてもステキで、姿が消えたあとも、ずっと目で追ってしまいましたわconfident

忍夜恋曲者 将門(しのびよるこいはくせもの)
七之助さん勘太郎さんによる舞踊。
七之助さんの滝夜叉は妖気漂って美しかった。
七之助さんは、いつも思うのだが、美しさも色気もあるのに、なぜか固い印象。以前はもう少し柔らかみがあるといいなと思っていたが、最近は、それがこの方の持ち味なのだなと思い、それならばその方向で熟成されてくるといいと思うようになった。
勘太郎さんも、先の朝比奈とは大違い、そこはかとなく色気の漂う二枚目で、さっきとは体の線さえ変わっているような印象。勘太郎さんの踊りには、いつもほれぼれする。

一部の三演目、どれも良かった。
私は一部はこの日初見だったのでわからないけれども、このひと月で、舞台は相当成長されたのではないか。
そんな充実感が、そこここに漂っていた。
私はことに、「元禄忠臣蔵」の愛之助さんと亀治郎さんのやりとりが、素晴らしく心に残っている。

二部の感想は、また後ほど。

« 浅草お年玉ご挨拶 | トップページ | 獅子虎傳阿吽堂vol.5松 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/33153007

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草おもいつくまま・一部:

« 浅草お年玉ご挨拶 | トップページ | 獅子虎傳阿吽堂vol.5松 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ