« 横浜の除夜 | トップページ | 浅草 »

2010/01/01

あけました

今年はいちおう喪中なんですが、やっぱりそこは…
あけましておめでとうございます!fuji
ですよconfidentshine

ワタクシの本年最初の行動は…
家のなかの神様にご挨拶をし
(古い家なので、いろんな神様が祀ってあるのです)
つつましくお屠蘇膳をすませ
ご近所にご挨拶をし
お墓参りにいき
そして、親戚のお家に遊びに行きました~!

happy01

なんか、すごく、お正月っぽい…。

あ、
初詣をしてませんが。

明日は浅草です。
いえ、初詣ではなく。
浅草歌舞伎でございます。

混んでるだろうけど、
余力があれば浅草寺の初詣にもチャレンジしてみようか…。

すごい!
お正月っぽいっ!

とにもかくにも…

皆様
今年もどうぞどうぞよろしくお願いいたしますconfident
いつもありがとうございます。
佳い一年にいたしましょうねnotes

« 横浜の除夜 | トップページ | 浅草 »

コメント

>二郎様、ありがとうございます!
駅伝は本当に、柏原くんの一人勝ちといった感じでしたね。まだ2年生かと思うとこれからどうなるのかと、楽しみである恐ろしくもあり(笑)
でもそこは駅伝、やはり全員のパワーあってこそ。
そこが魅力なんですよね~♪

猫たちは、飼い主ちゃんがバンバン画像を送ってくれるので、また登場させちゃおうかしらhappy01heart04
二郎さんも猫好きなんですね!
可愛いですよね~!

二郎さんも、良い一年になりますようお祈りしていますね!shine

明けましておめでとうございます。
今年の箱根は柏原選手で終わってしまったような印象でした。本当に強くて凄い選手です。
脈絡のないコメントですが、mamiさんにとって良い一年となりますように。

追伸:以前の記事の猫たち、可愛すぎて画面前で悶えておりました(^_^;)

>kirigirisu様、今年もよろしくお願いいたします♪

そうなんです、横浜市民に返り咲きですhappy02
いままで住んでいた目黒川ぞいも、とっても住みやすかったので、第二の故郷のような気持ちでいるんですが、やはり生まれ育った場所にはすぐに馴染みますね。
kirigirisu様は城南地区なんですね。
空気が馴染むんでしょうかねconfident
ふるさと、っていっていいのかわかりませんが、大切な場所ですよね。

明けましておめでとうございますfuji
そして横浜市民復活ウェルかめhappy01

生まれ育った場所って、言葉には言い表せない心地良さを感じますよね。わたしは横浜市民の歳月の方が長くなってしまったのに、生まれ育った東京の城南地区を歩くとホッとした気持ちになりますし、できれば、また住みたいなとも思ったり(^^)

>eda様、お久しぶりです。
私もひそかに(?coldsweats01)足を運ばせていただいておりました。

横浜市民に戻って3カ月、やっぱり横浜は暮らしやすいです♪
今年もどうぞよろしくお願いいたしますconfident

>みゆみゆ様、ご無沙汰しておりました~confident
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

神様へのご挨拶、本来は新年のみならず毎日するものなのでしょうが…やはり新年は「けじめ」ですよね!
気が引き締まる思いです。
神様に感謝と敬意を…お正月らしいです。happy01

新年快楽!
たまに寄っているのですが、相変わらずのアクティビティに感心しています。

なにやら横浜市民に戻られたようで・・・
引き続きよろしくお願いします。
また今年もやります。お時間が出来ましたらどうぞお越し下さい。

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします!!
我が家も家の神様がたくさんいるので、結構大変な年末年始ですが、やはりけじめでしょうか?お正月らしさを感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/32824066

この記事へのトラックバック一覧です: あけました:

« 横浜の除夜 | トップページ | 浅草 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ