« たかがブログ、されど… | トップページ | 花冷えなのね »

2010/03/24

染模様恩愛御書

3月23日 夜の部 日生劇場
(そめもようちゅうぎのごしゅいん)

久々の歌舞伎は日生で。
原題は「細川の血達磨」、細川家に仕える友右衛門(染五郎さん)が、忠義のもと、家宝ともいえるご朱印を、自らの腹をかききった中に入れて火事から守り通したという美談。
なぜそれほどに忠義を尽くしたかというと、愛する小姓・数馬(愛之助さん)との仲を、当時の世評では赦されないにも拘わらず受け止め、両者ともに召抱えてくれた細川越中守(門之助さん)への恩義があってこそ。

火事シーンの大胆な効果・舞台装置や、BL風味など、いろんな意味で話題になっている作品ですが、総じて歌舞伎色は少々薄味。
筋立てはわかりやすく、観るのに苦労はまったくないけれど、歌舞伎色だけでなく全体に薄味感が…coldsweats02
役者は揃って熱演だし、舞台装置や効果も歌舞伎の枠を超えて、凝ったつくりになっている。
なのに、なんで?

と、ない頭を捻って考えましたが…flair
結局のところ、土台である台本の消化不足では?と思ったしだいで。
この物語の根幹にある「恩」と「愛」の二本柱が、分裂ぎみなのですよ。
前半の「愛」と、後半の「恩」が、別々のもののように感じられてしまうのです。
これが完全にリンクし、深く絡み合っていたら、ラストシーンは相当感動的だったでしょうに。
勿体ない…。

その台本の上で、役者さんたちは大熱演しているので、本以上の「生」を生きてしまって、どことなくアンバランスな感覚に陥ってしまいました。

原作を知らないので、もしその表現法が原作に乗っ取ったものなら、大変に申し訳ない感想なのですが。
日生で上演することを意識して、歌舞伎以外の手法も多く取り入れており、画期的な取り組みであることは素晴らしいのですが、それぞれのパート同士に不整合が感じられ、私はいまひとつ舞台にのめり込めませんでした。

つながりはともかく、そのパートごとに観れば、
染五郎さんは、ことに後半の火事場などではポテンシャルの高さをいかんなく発揮して大迫力でしたし、
愛之助さんは前半、何をしていても可憐な美しさ、後半は兄弟の契りをかわした友右衛門のバックアップもあってか、少し大人になった意思の強さを感じられ、
おふたりともとても素敵でした。

腰元あざみの春猿さんは、恋する女性の嫉妬心をじつによく出していて実に良かったし
私にとっては思いがけなく憎まれ役だった猿弥さんは、ふてぶてしく
吉弥さんの堂々たるお芝居には安定感安心感がありました。

ラブラブなシーンは、こちらの照れもあってか、つい笑っちゃいましたけどねーcoldsweats01

愛之助さんは、可愛かった~lovely
キレイだった~shine
ついこの間ゾッコン惚れ込んだ、あのニヒルなお坊吉三をやった方とは、とても思えない…役者さんてすごいですよね。
…とまあ、ミーハーな部分ではけっこう楽しませていただいたワタクシ。

なんだかんだいって、楽しんで帰ってまいりましたけれども、う~ん、作品的にはいまひとつ、消化不良な感覚でございました。
この作品が大好きなかたもいらっしゃるでしょう、ごめんなさい。
でも、なんの知識もなくても、考え浅くても、そのときに自分が感じてしまったことなので、
正直に書かせていただきました。

もっともっと深まったこの舞台を、また観てみたいなあ。
と思います。

« たかがブログ、されど… | トップページ | 花冷えなのね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/33913109

この記事へのトラックバック一覧です: 染模様恩愛御書:

« たかがブログ、されど… | トップページ | 花冷えなのね »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ