« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

いよいよ

歌舞伎座、閉場式です。

やっとの思いでとれたチケットを、さきほどからためつすがめつ、忘れないようにと握りしめ・・

もうすぐ出かけます。

だんだん鼓動が高くなってきました。

きちんと、歌舞伎座に、せいいっぱいの「ありがとう」を
伝えてこようと思います。

201004301314000


2010/04/29

ありがとう歌舞伎座

4月28日、歌舞伎座 大千穐楽。
一部、二部、三部、通しで行ってきました。

三部のチケットが取れなくて、半ば諦めていたのですが、直前になって譲っていただけることになり、
ほんとうに、感謝、感謝、でございます。

ほんとうに華やかな助六の舞台、
いっぱい楽しませていただき、いっぱい喜ばせていただき、
最後、花道を、助六がダダーッと引っ込んでいく。
見送る美しすぎる揚巻の姿。
最後の定式幕が、(もちろんいつもの速さで)閉まる。

この歌舞伎座で、ほんとうに、さいごの、幕でした。

最初からそうと決めていたのでしょうか、カーテンコールなどの特別なこともなく、
かわりにいつもとはちょっと違った場内アナウンスが幕のあとすぐに入りました。
歌舞伎座での公演はすべて終了いたしました、
つぎの歌舞伎座でまたお会いできますことを…
といった意味あいだったと思います。

このブログを始めたころから、ほぼ毎月、通わせていただいた歌舞伎座。
今日のこの日に、客席にいることができて、ほんとうに良かった。

たくさんの思いをかかえて、
いままでほんとうに、ありがとう歌舞伎座!

201004281707001

さいごに助六が駆け抜けた、花道。
もう誰も通ることはないのね。
confidentshine

2010/04/22

琴平

に来ています。
昨日は、こんぴら宮から瀬戸大橋まで見渡せる、カンペキな晴天。
今日は冷たい雨。
一泊かぎりで、二度美味しい?全然違う表情の琴平を、堪能しています。

堪能といえばモチロン!
こんぴら歌舞伎でございますよぅっ!!
昨日みた二部の亀治郎さん、今日みた一部の愛之助さん!MVP!
またまた惚れてまいまつた♪(何語?)

というわけで、これから横浜に帰ります。
感想は帰ってからゆっくりと。
琴平、離れがたいです〜!

2010/04/17

「誰かが私にキスをした」

4月16日、有楽町で観てきました。
「バケーション」のハンス・カノーザ監督、堀北真希さん、松山ケンイチさん、手越祐也さん、アントン・イェルティン さん。
階段から転落したショックで最近の4年間の記憶を失ったナオミが、自分を探し取り戻していくストーリー。
そこに3人のボーイフレンドが絡んで展開していきます。

松山さんが出るのでゼッタイ見なきゃ、と思っていたのですが、思いのほか青春映画っぽく宣伝されていたので恐れをなしていたところ、うまいぐあいに相方ちゃんがみつかったので勇気を出して行ってこれました。

コレ、撮影してた頃の仮題が「ナクシタキオク」だったのですけど、そっちのほうが良かったな。
原作があるのですがそちらの邦題は「失くした記憶の物語」。
映画の内容からしても、映画のなにかを伝えるというよりも、宣伝効果を考えてのタイトルという印象が強い。

さておき、


ハリウッドで活躍中の、外国人監督が撮ったというだけあって、台詞運びが英語っぽい。(日本語で話しているシーンも多いのですが、なんとなく組み立てが英語圏)
日本人は、そういうしゃべり方を、日常ではしないでしょ、という違和感。
が、舞台は日本のアメリカン・スクールなので、それもありか。

そして「バケーション」で評判をとったハンス監督の、映像処理はやはり斬新で、変化に富んでいて、画面をみているだけでも興味深かったし、台詞がなくてもその映像で多くのことを物語っていた。
俳優に対する演出よりも、映像処理のドラマチックさが、この監督の本領かな。
登場人物、個々の人生の掘り下げは、いまひとつのように感じてしまった。
話の中でのバランスとしては、それぞれの役割ははっきりしていて、わかりやすかったけど。

松山さんは、ちょっと病んでいて影のある役なんだけど、ここのところ陽人(ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー)とか風太郎(銭ゲバ)とかを見てたもので、青春まっただなかの、深く悩める普通のいち青年、に(私には)見えた。
もっとも、躁と鬱の切り替えのバランスは見事で、こういう役だったらもっと極端に演じていくこともできたと思うけど、彼の躁鬱は彼の日常なのでそうそう突出したものではないんだというさじ加減が、この映画の中にあってはとても良かった。
あと、ビジュアルが、普通の男の子っぽくて、可愛かった。(だって、ほら、陽人とか風太郎だったからさ)

手越くんは、やたらと理屈っぽかったけど、優しくてまめな男の子。いい役でしたね。
3人のボーイフレンドの役割は、記憶をなくす前のナオミを愛するアントンくん、記憶をなくしたナオミだからこそ愛する松山さん、それをひっくるめて愛する手越くん、という感じ。

堀北さんは可愛かったし、パパ役の渡部篤郎さんがものすごくいい味を出していましたが
私としては…正直、松山さんを見に行った映画、って感じになっちゃった。
ちょっと残念。

2010/04/16

歌舞伎座第三部

4月14日に第三部を観劇してきました。

201004141513000

今月は、チケットが思うように取れず、第三部はいまのところこの一回かぎりweep
御名残惜しいことでございます。
戻りを期待して毎日WEBをチェックしていますが、どうなることやら。


実録先代萩

…芝翫さんの浅岡は、わが子への愛情、それを押さえて務めに尽くそうとする気概が感じられて、やはり眼目の“別れ”のシーンでは涙が出ました。
あんなに抑えた演技なのに、どうしてあんなに感情が伝わってくるのでしょう。
思い返せばかえすほど、芝翫さんほ浅岡は、派手な立ち振る舞い、演出などはしていないのです。
すべて台詞のみ、しかもその台詞も、聞いていて変化に富んだものではなく、いっさいの「過剰さ」がないのです。
芝翫さんのすごさを、あらためて感じました。

また、子役ちゃんが可愛いのよう。
自分の役目というものを、幼いながらにわかっていて、けなげで、でもまだ母親は恋しいし。
歌舞伎の子役ちゃんの台詞まわしは独特のものがあって、実をいうと歌舞伎を観はじめたころはけっこう違和感あったのですがcoldsweats01いまはそれもすっかり馴染み、
千之助くん、宣生くん、大きくなったなあ、上手になったなあ、とまるで親戚のおばさん目線。

いやそれにしても芝翫さんはすごかった。心に染み入る浅岡でした。

助六由縁江戸桜

歌舞伎座、いよいよ閉場の、さいごの演目は、これか!happy01と思っていましたが、まさにその役割を存分に果たす演目、そして力の入りよう。
舞台は華やかに、そしてなんとも贅沢な役者揃い。歌舞伎ならではの見どころてんこ盛り!

揚巻の玉三郎さんの格別さはこのうえなく。
玉様らしくちょっと笑えるところもあり、でも上品で貫録があり大人の女でもあり。

團十郎さんは、やはりこの方が舞台に出てくるというだけで私は嬉しい!
パァッと華やかになるし、そのおおらかさでこちらまで笑顔になります。

そしてそして、新兵衛の菊五郎さん!
こちらも出てくるだけでオーラ全開、なにをさせてもその役にしか見えない、素晴らしい~!

おひとりだけで物凄いオーラを発散させる役者さんが勢揃いのこの舞台で、なにかが突出することなく、なにもかもがバランスがとれている。
歌舞伎の底力を感じました。


そんな演目が最後を飾るわけですが、
客席の熱気もいまだかつてないものでした。
この日はまだ月半ばでしたが、今日が歌舞伎座みおさめのお客様もたくさんいらっしゃるでしょう、その方たちの、これかぎり、のエネルギーが凄くてそれにも驚かされました。
さいごの歌舞伎座で、精一杯の拍手を送ろう、またとない舞台を楽しもう、という空気に包まれていました。
これが千穐楽だったら、ものすごいんだろうなあと想像でき、その場にやっぱり自分もいたい!という思いにかられましたねbearing
…うう~!やっぱり、千穐楽三部に、行きたい~!typhoon
ダメもとで、これからもWEBを覗きますわ~。(これが混雑の原因ですねsweat02

2010/04/15

四谷怪談忠臣蔵

4月13日 昼の部 @新橋演舞場

猿之助さんの、復活?創作?狂言ですが、
これでもかこれでもか、のてんこ盛り!
いやいや「ジェットコースター歌舞伎」でございましたhappy01

四谷怪談が忠臣蔵の外伝であることはもちろん知ってはいましたが、こんなふうにふたつを絡ませて観てみると、なるほどと思わされます。
と同時に、ふたつの筋を知ってはいても、よくよく整理しておかないと、なにがなにやら?な状態にcoldsweats01
とはいえ、互いの名シーンや台詞のパロディもあったり、本水・宙乗り・早変わりなどの演出も楽しめ、澤潟屋さんの本領発揮!といった感じで楽しめました。

春猿さんの斧定九郎の活躍ぶりは予想外で嬉しかったですね。
それに久しぶりに舞台でに姿を拝見できた段治郎さん、やはり復活されて大活躍の猿弥さん。猿弥さんの宅悦、味があって良かったですねえ。
笑也さんのお袖は味わいがあって良かったなあ。
そして、右近さん、八面六臂の大活躍!
全体のバランスのよさは、澤潟屋さんのチームワークの良さを感じる舞台でした。

今月は、こんぴら歌舞伎でも亀治郎さんが、猿之助さんの狂言を復活されています。
これからどんどん上演されるのでしょう、楽しみです。

2010/04/12

ドキドキの2時間

今日は、歌舞伎座閉場式のチケットゴールド発売日。
千穐楽、第三部のチケットを取りはぐったワタクシとしては、こちらはなんとしても!bearingと日ごろの行いも改め、忘れずにパソコンの前にスタンバイ。
ここのところ、発売日であることを忘れていたり、仕事でどうしてもパソコンの前にいられなかったり、が続いていたので、我ながら優秀である!happy01

が、なんといっても、閉場式は4月30日の一日限りの記念イベント。
こりゃチケット争奪戦は、予想をはるかに超えるすさまじさだろうなあと、半ばあきらめも入っていました。

でも!
「宝くじは買わなきゃ当たらない!」(フィギュアスケート高橋大輔選手のコーチの名言!)
でしょ!

ということで、先にログインしておこうと9時前からアクセスするも、この時間では混雑ですでにそれさえもできず。
しまいには「エクスプローラーではこの画面を表示できません」という画面になり、ログイン画面は文字化けしちゃうし…もしやインターネットに不具合が?と、もーう冷や汗もの。
…と!
いきなり入れた!happy02
10時25分くらいだった。

ところが、喜びもつかの間、購入画面に入って席種の欄をクリックすると、「残念ながらお席の用意ができませんでした」
あ~weepやっぱり!タッチの差だったか…
と思いつつ、手放す人がいるかもしれない!(だって、席種のところはクリックできるんだもん!)と思いしつこくクリック!

そうしたら、本当に、手放されたチケットが、私の手元に~!shinehappy02happy02shine
いやでも、これで安心してはいけない、購入手続き完了まで、ネット上ではなにがあるかわからないのだ。
慎重に、確認しながら、手続き完了~!!

ヤッターーーー!!!o(*^▽^*)o
取れた…(ToT)
夜の部、三階席が取れました。。。

これって、ものっすごく、運が良いのでは…。
感謝、感謝、でございます~!

さきほど見たらすでに完売、明日は一般発売枠のチケットがあるということなので、今日撃沈された皆様がんばってください~!
ワタクシは、この幸運に感謝して、へたくそながらも一生懸命にレポさせていただくことを誓います!

2010/04/11

HARU

そろそろ暖かくなってきて
桜の時期もすこし過ぎたら

いろいろなものが、いままでより動いてきました。

庭のうつり変わりも以前よりスピードがあります。
昨日咲いていた花が今日は葉っぱになって
また新しく別の花が咲いている。

雑草たちも伸びてくる。

その雑草を取りに、お庭仕事好きのおばが訪ねてくる。

いろんな人が、会おうよといってくる。
そして、家にも遊びにくる。

近所の猫たちも、いままでの場所よりも、目に付くところでお昼寝をしている。
鳥も、庭の木にやってくるようになり、
彼らの鳴き声でいままでより賑やかで、

なんだか一気に、動いている感じ。

うれしい、たのしい、春本番、ですなhappy01heart04

2010/04/07

森系 ?

昨日は、お仕事仲間さんと、ファブリックの新作展示会をはしごしました。

クリエーションバウマン → フィスバ

でございますhappy01


双方ともに、主にスイスからの輸入高級ファブリックを扱う会社。
デザインの個性はそれぞれにあるのですが、昨日みてお仲間さんと話していたのが

「森系だねえ」clover

巷で流行りの「森ガール」とは全然関係ありませんので、あしからず。
そのお仲間さんが「森系」と言っていて、ワタクシもそれを「いただきっ!」って。
はい、仲間うちのことです。

従来のデザインですと、色・柄ともに、「これは一般住宅で使える」「こちらは、デザインは素晴らしいけど、使えるところは限られるだろうなー」といった、おおまかにみれば2つのラインがあったのですが、

今年は、どれも使えそう(お値段はさておき)

全体的に、展示会などでパッと目をひく斬新な色柄が少なく(というかほとんどない)、わりと日本人にとって使いやすい、落ち着きのあるカラーに加え、素材感は比較的軽やか。
光沢があるものに関しても、「これでもか」な感じではなく、ほどよい感じ。
家庭洗濯できるものも増えて(輸入のものでは少なかった)扱いやすさも考慮されています。

落ち着いた色で、ナチュラルで、シンプルで、ちょっと安心感があり、自身が満足できる高級感もある。

こんもりしてるけど、おしつけがましくない。

そうなんです、我々はそんなイメージで「森系」とbleah


正直いうと、従来あった、ちょっと斬新な色・デザインのものを住宅にうまーく取り込めて、お客様からも満足をいただいたときって、達成感というか、満足感みたいなものがあったんですよね。
今回のラインナップでは、そういうことはあまりなさそう。
逆に、シンプルでおとなしめなだけに、本当のクォリティの高さをプレゼンするのが難しいかもしれません。

当然のごとく、世の中の状況などによって毎年トレンドは変わっていくのですが、
今年のものたちを見ると、

「みんな疲れているから、優しいものを求めてるのかなー」
などと、思ったのでしたconfidentheart04

2010/04/06

懐かしかったよ♪

肌寒かった昨日、久しぶりに会う友人と目黒川へ。
去年までは毎日見てたのになーと、ちょっぴり淋しく思っていたので、つきあってくれた友人に、感謝。

満開、すこし過ぎてたかなー。
でも、こんもりと、とってもきれいに、咲き誇っていました。

やっぱり、目黒川は、いいよう。

夜桜でピンボケなので、ちいさく載せておこうっと。

201004051855000

今年も、目黒川の桜ちゃんに、会えました。
ありがとう、ありがとうheart02

2010/04/05

プチ・ブーム

数か月前に、お気に入りの珈琲店、Ken'sさんで購入した、バルサミコとオリーブオイル。

201004050933000

↑コチラなんですけどねhappy01

いつもKen'sさんでサラダを注文すると、こちらも一緒にもってきてくださって、サラダにかけてくださいね~♪といわれます。
サラダにはドレッシングがかかっているのですが、こちらでさらに、香り・お味のグレードアップ!
素敵なお味になりますdelicious

で、お店で販売もされていたので、これは!と思って購入させていただいたのですが

なぜそんなにお気に入りかといいますと


happy01スプレー式なんです!happy01


私は、サラダにはドレッシングはいらないタイプ。
いつもはバルサミコだけとか、トマトの酸味でいただいたりしていますが
これはスプレー式なので、下にほとんどこぼれず、うまーく野菜に絡まってくれて
しかも少しだけスプレーすれば美味しいサラダになっちゃうんですよ~!

ということで、仕事先でお弁当を食べられる場所があるときには、
自分で野菜サラダをタッパーいっぱいにもっていき、持参したスプレー式バルサミコを使用しているというわけです。(比較的小さいボトルなので、持ち運びにも場所、とりません!)

先日これを控室でしていたら、たまたまご一緒していたお仕事仲間の間で大評判に!shine

遣っていただいたらますます評判はうなぎのぼり!「どこで売ってるの~?」と聞かれましたので教えて差し上げたら、大喜びで、さっそく買いに行かれたらしい。
「Ken'sさんで、珈琲も飲んでね!とっても美味しいから!お店の方もとってもステキだから!」
とちょっと自慢(私が素敵なわけじゃないのにねbleah
「ほんとうにステキだった~!」と喜んでいらしたので、良かったわーんnotes

…ということで、いまや私のまわりでは、このセットが大流行りでございます。

私も、毎日のように、サラダやパンに、使わせていただいて、お世話になってまーすhappy01scissors


仲間うちでの、プチ・ブームとなったKen'sさんと、そのバルサミコだったのでした~heart04

2010/04/03

強風!

ミョーに暖かいと思ったらこんどは強風…。
どうなってるのやらー。

ようやく風もおさまって、今朝庭に出て見たら、いろんな残骸が…coldsweats01

うちの庭には桜はないけど、
柿や山茶花などの、折れた枝があちこちに。
壁の塗装も(我が家は昔々の漆喰塗り)はがれかけてたり。
どこからか飛んできたのでしょう、いろんな破片が…coldsweats01

昨日のニュースではさかんに「桜が、桜が」と大騒ぎされてたけど、
咲き始めの花はしっかりしているので、散らないのよね。
でも、枝ごと折れることはあるから、
せっかく咲き始めたのに、と残念に思う気持ちはよくわかる。
でも、自分たちのお花見の都合で、ってのはちょっとね。
桜さんたちも、一生懸命、育っているんだからさ。

なぜ、そういうタイミングでこういうお天気がくるのか、
考えて、観じてみようっと。
(気象予報士的な視点からではありません)

2010/04/01

御名残おしい

御名残四月大歌舞伎@歌舞伎座、の千穐楽三部のチケットを、見事取り損ねたワタクシですが、

まだまだ未練がましく松竹のサイトに日参している次第…


ここのところ戻りがあって、チケットが少々出ていたましたが、またまた、まっかっか~!bearingの完売!になっていました。

実をいうとほとんど諦めてはいるんですけどね。
だって、私だったら、ゼッタイに手放さないもん~!
なんとしても、行くもん~!

だから、他の日の、他の部の、戻りはあっても、千穐楽は出ないだろうと。

でもでも、とついついチケットウェブをチェックしてしまうのでしたcoldsweats01あ~あ。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ