« 懐かしかったよ♪ | トップページ | HARU »

2010/04/07

森系 ?

昨日は、お仕事仲間さんと、ファブリックの新作展示会をはしごしました。

クリエーションバウマン → フィスバ

でございますhappy01


双方ともに、主にスイスからの輸入高級ファブリックを扱う会社。
デザインの個性はそれぞれにあるのですが、昨日みてお仲間さんと話していたのが

「森系だねえ」clover

巷で流行りの「森ガール」とは全然関係ありませんので、あしからず。
そのお仲間さんが「森系」と言っていて、ワタクシもそれを「いただきっ!」って。
はい、仲間うちのことです。

従来のデザインですと、色・柄ともに、「これは一般住宅で使える」「こちらは、デザインは素晴らしいけど、使えるところは限られるだろうなー」といった、おおまかにみれば2つのラインがあったのですが、

今年は、どれも使えそう(お値段はさておき)

全体的に、展示会などでパッと目をひく斬新な色柄が少なく(というかほとんどない)、わりと日本人にとって使いやすい、落ち着きのあるカラーに加え、素材感は比較的軽やか。
光沢があるものに関しても、「これでもか」な感じではなく、ほどよい感じ。
家庭洗濯できるものも増えて(輸入のものでは少なかった)扱いやすさも考慮されています。

落ち着いた色で、ナチュラルで、シンプルで、ちょっと安心感があり、自身が満足できる高級感もある。

こんもりしてるけど、おしつけがましくない。

そうなんです、我々はそんなイメージで「森系」とbleah


正直いうと、従来あった、ちょっと斬新な色・デザインのものを住宅にうまーく取り込めて、お客様からも満足をいただいたときって、達成感というか、満足感みたいなものがあったんですよね。
今回のラインナップでは、そういうことはあまりなさそう。
逆に、シンプルでおとなしめなだけに、本当のクォリティの高さをプレゼンするのが難しいかもしれません。

当然のごとく、世の中の状況などによって毎年トレンドは変わっていくのですが、
今年のものたちを見ると、

「みんな疲れているから、優しいものを求めてるのかなー」
などと、思ったのでしたconfidentheart04

« 懐かしかったよ♪ | トップページ | HARU »

コメント

>みゅぅ様、「森系」は生活するのにはとても心地よい空間をつくってくれそうです。
きっと癒されると思いますが、エネルギーの大きな拡張にはならないかもしれません。
どちらがいいとか悪いとかでは全くなく、いまの世相がそうなのかもしれませんね。

私、「森系」、たぶん好きです。

mamiさんがおっしゃる通り、みなさん疲れているのかもしれませんね。
癒してもらいたいと言うか…。

トレンドでも世相がわかるのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/34115414

この記事へのトラックバック一覧です: 森系 ?:

« 懐かしかったよ♪ | トップページ | HARU »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ