« ドキドキの2時間 | トップページ | 歌舞伎座第三部 »

2010/04/15

四谷怪談忠臣蔵

4月13日 昼の部 @新橋演舞場

猿之助さんの、復活?創作?狂言ですが、
これでもかこれでもか、のてんこ盛り!
いやいや「ジェットコースター歌舞伎」でございましたhappy01

四谷怪談が忠臣蔵の外伝であることはもちろん知ってはいましたが、こんなふうにふたつを絡ませて観てみると、なるほどと思わされます。
と同時に、ふたつの筋を知ってはいても、よくよく整理しておかないと、なにがなにやら?な状態にcoldsweats01
とはいえ、互いの名シーンや台詞のパロディもあったり、本水・宙乗り・早変わりなどの演出も楽しめ、澤潟屋さんの本領発揮!といった感じで楽しめました。

春猿さんの斧定九郎の活躍ぶりは予想外で嬉しかったですね。
それに久しぶりに舞台でに姿を拝見できた段治郎さん、やはり復活されて大活躍の猿弥さん。猿弥さんの宅悦、味があって良かったですねえ。
笑也さんのお袖は味わいがあって良かったなあ。
そして、右近さん、八面六臂の大活躍!
全体のバランスのよさは、澤潟屋さんのチームワークの良さを感じる舞台でした。

今月は、こんぴら歌舞伎でも亀治郎さんが、猿之助さんの狂言を復活されています。
これからどんどん上演されるのでしょう、楽しみです。

« ドキドキの2時間 | トップページ | 歌舞伎座第三部 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/34250021

この記事へのトラックバック一覧です: 四谷怪談忠臣蔵:

« ドキドキの2時間 | トップページ | 歌舞伎座第三部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ