« 琴平 | トップページ | いよいよ »

2010/04/29

ありがとう歌舞伎座

4月28日、歌舞伎座 大千穐楽。
一部、二部、三部、通しで行ってきました。

三部のチケットが取れなくて、半ば諦めていたのですが、直前になって譲っていただけることになり、
ほんとうに、感謝、感謝、でございます。

ほんとうに華やかな助六の舞台、
いっぱい楽しませていただき、いっぱい喜ばせていただき、
最後、花道を、助六がダダーッと引っ込んでいく。
見送る美しすぎる揚巻の姿。
最後の定式幕が、(もちろんいつもの速さで)閉まる。

この歌舞伎座で、ほんとうに、さいごの、幕でした。

最初からそうと決めていたのでしょうか、カーテンコールなどの特別なこともなく、
かわりにいつもとはちょっと違った場内アナウンスが幕のあとすぐに入りました。
歌舞伎座での公演はすべて終了いたしました、
つぎの歌舞伎座でまたお会いできますことを…
といった意味あいだったと思います。

このブログを始めたころから、ほぼ毎月、通わせていただいた歌舞伎座。
今日のこの日に、客席にいることができて、ほんとうに良かった。

たくさんの思いをかかえて、
いままでほんとうに、ありがとう歌舞伎座!

201004281707001

さいごに助六が駆け抜けた、花道。
もう誰も通ることはないのね。
confidentshine

« 琴平 | トップページ | いよいよ »

コメント

>Swinging Fjisan 様、コメントありがとうございます!
ほんとうに、今日で最後になってしまいました。

Swing様の仰るように、私も実感がわかなくて、千穐楽の日はやっぱり興奮していて涙はあまり出ませんでした。
同じく今日、泣いてしまうかもしれません。
でも、楽しい思い出とともに、ほんとうに「ありがとう」の気持ちで歌舞伎座をお見送りしたいと思います。

華やかで、笑顔のあふれる歌舞伎座の、夢をそのままに、そっと封印したいですね。

いよいよ、今日で本当のお別れですね。
千穐楽ではまだ実感がわかないようなところがあり、興奮のうちに帰宅したのですが、だんだん寂しさが募ってきて、今日は泣いてしまうかもしれない。
でも、できたら笑顔で歌舞伎座と別れたいと思います。楽しませてくれた、夢を見せてくれた歌舞伎座ですもの。

>はなみずき様、コメントありがとうございます!
本当に、ご一緒の空間にいることができたことがとても嬉しく、幸せに存じますconfidentheart04

これで最後、の思いもあふれつつ、それでも平常心の舞台でしたね。
そこがまた、良かったと思います。
ほんとうに、「やさしい歌舞伎座」に、「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

助六が帰ってこれる新しい歌舞伎座を、これからは心待ちにいたしましょうね。

>Carmen様、コメントありがとうございます!
終わってしまいましたぁ!bearing
最後はきっぱり、江戸歌舞伎らしい幕切れでした。
花道を駆け抜けていった助六の姿が、いまも残像となって浮かびます。
最後まで見届けられて、本当に感謝、感謝、でございます。

ほんとうに、心から、「ありがとう!歌舞伎座!」
なのでございましたconfident

コメント投稿させて頂きますのが、とってもお久しぶりになってしまいました。

mami様と同じ空間で見守っていたのですね♪ 本当に、「いつもどおり」定式幕が閉まったことが、とても印象的でした。

mami様もおっしゃられるとおり、とてもとても愛おしそうに、助六を見送る揚巻の姿が、目に焼きついております。

間口のひろ~い、懐のふか~い、やさしい歌舞伎座に、「ありがとう」ですね。mami様と同じ気持ちになれて、嬉しいです。

あ~、とうとう終わってしまいましたか!!
でも、最後までしっかり見届けられてよかったですねhappy01
またの日をみんなで心待ちにしましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/34436455

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう歌舞伎座:

« 琴平 | トップページ | いよいよ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ