« 佐倉義民傳@コクーン | トップページ | 播磨屋! »

2010/06/30

相撲は、どうなっちゃうんだろう?

サッカー、残念でした。
が、残念ながらも、サッカーファンの方々にはきっとそれなりの充実感や満足感が得られたのでは…。

が、

さいきん「残念」続き
しかも
真性「残念」しかない

国技・相撲ですよ。

ワタクシこう見えても、幼少のころからの相撲ファンなんです。

貴闘力、好きなお相撲さんだったんだけどなあ。

会見での理事長の、あのタカビーさは、なんなのよ。
先に、おあやまり!
って、いいたくなっちゃうのよーん。

この際だから、膿は全部、出しましょう、
ってレベルでは、もうなくなってるような…。

幻想かもしれないけど、一流のスポーツ選手というのは
せこいことしない、公明正大で度量のあるイメージなんですよ。
いえ、現実に、そういう方もたくさん、いらっしゃると思います。
それにワタクシだって、大人ですもの、
多少の遊びや悪いことへの興味、なんかには、ある程度理解はいたしますよ。

とはいうものの、今までの、いろいろの、なんだかな~、が
積もり積もって…

すっごい裏切られた気持ちで
悲しいんです~crying

名古屋場所、決行するようですが、
諸事情でそうなることは(頭では)理解できますが

もう観たくないかも・・・。

« 佐倉義民傳@コクーン | トップページ | 播磨屋! »

コメント

>みゅぅ様、相撲の問題は複雑で、簡単には結論が出ませんよね。
(相撲という)ひとつの狭い社会の中にずっといると、その中での「常識」に慣れてしまって、世間一般の「常識」からは外れた感覚を持ってしまうのでしょう。
…ということは想像に難くないのですが、
その感覚を失わないよう努力することは必要ですよね。

誠心誠意、相撲道に励んでいる力士や、それを支えている方たちが、たくさんいらっしゃると思うのですが、
本当に残念です。

こんにちわ。
サッカー、本当に残念でしたね。
監督の「勝たせてあげたかった」という言葉、胸を打ちました。
本当に、出来ることなら、勝たせてあげたかったです。
…延長戦から観ていない私が言うのもなんですが。

相撲は、本当に裏切られた…って感じですよね。
私も、時々観ていたりしていたので、ショックと言うか、情けないという気持ちです。
貴闘力、私も好きでした。
「どうして?」と思ってしまいます。

会見の席での理事長の態度、あり得ませんでしたよね。
「会見やらないよ」って、報道されるのがそこだけなのでよく分かりませんが、そんなこと言えた立場か!って思いました。
ファンあっての大相撲じゃないの?
報道関係の方たちに何か落ち度があったとしても、丁寧な言葉でも伝わると思うんですけどね。

名古屋場所、力士や親方などではなく、その他の関わる方たちのことを思うと開催してあげて欲しい…と思うし、でも、相撲協会のことを思うと開催するべきじゃないと思うし、難しいです。
相撲協会や親方や力士が、もっとしっかりしてほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/35586480

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲は、どうなっちゃうんだろう?:

« 佐倉義民傳@コクーン | トップページ | 播磨屋! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ