« 伝統芸能の今@鎌倉芸術館 | トップページ | うれしい »

2010/07/04

今月の一本・4~6月編

もはや「今月」でなく四半期ごとになっていることに、我ながら驚愕…coldsweats01
でも、めげずにいきますっ!


【四月】

<舞台>

 13日 四谷怪談忠臣蔵 @演舞場
 14日 四月大歌舞伎 三部 @歌舞伎座
 21日 金毘羅歌舞伎 二部 @金丸座
 22日 金毘羅歌舞伎 一部 @金丸座
 28日 四月大歌舞伎 一部・二部・三部 通し @歌舞伎座
 30日 閉場式 二部 @歌舞伎座
 
<映画>
 16日 誰かが私にキスをした
 

【五月】

<舞台>

  3日 鈴本演芸場 五月上席 @鈴本演芸場
 13日 五月花形歌舞伎 夜の部 @演舞場
 23日 神埼与五郎東下り 劇団扉座 @高円寺・座
 26日 五月花形歌舞伎 昼の部 @演舞場
 31日 大手町座 一部 @大手町日経ホール

<映画>
  5日 アリス・イン・ワンダーランド

<音楽>
  3日 ビッグバンドコンサート @上野公演野外音楽堂


【六月】

<舞台>

 23日 歌舞伎鑑賞教室・鳴神 @国立劇場
 25日 佐倉義民傳 @シアターコクーン
 30日 伝統芸能の今 @鎌倉芸術館

…四月がすごいイキオイでしたので、五月は控え目だったと思ってましたが、意外とそうでもなかったですねsweat02
六月は、正真正銘、抑えめでしたが…。

やはり、四月の歌舞伎座は、どれも印象に残っています。
そして、それとともに、金毘羅歌舞伎も大充実!
歌舞伎座閉場式への盛り上がりも合わせて、この3カ月間の、四月の強力なことといったら、なんとも比べようがありません。

今年は能楽堂にあまり足を運べてないんですよね。
いろいろ調正しつつ、節操も保ちつつcoldsweats01、今後の予定をたてていきたいと思います。

7月は、なんと!
人生初・宝塚 かもしれませんよ~んhappy01notes


« 伝統芸能の今@鎌倉芸術館 | トップページ | うれしい »

コメント

>すぱいらる様、こんにちは!
金毘羅歌舞伎は、雰囲気もお芝居も、良かったですねheart04
小屋で観る歌舞伎は、大劇場のとは違った味わいがありますが、金丸座は、地元の方の一生懸命も手伝って、また格別な空気感でした。

初・宝塚、そうなんですよ!coldsweats01
正直、いままで「食わず嫌い」だったんですが、一度くらいは観ないと申し訳ないかなーと。
宝塚にハマりまくってる友人に、連れて行ってもらうことになりました。
どうなるか、ドキドキしてますcoldsweats01

こんばんは、mamiさんのパワーというか、お舞台への愛を感じます。4月一緒に見ることができた金比羅大歌舞伎は、本当に思い出深いですね。私にとって新しい出会いでした。
あっもしかしたら人生初宝塚かも?なんですか?宝塚市のすぐ近くで生まれ育ち、一時期どっぷりファンだったこともある私(汗)、ぜひmamiさんの感想が聞きたいです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/35638256

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本・4~6月編:

« 伝統芸能の今@鎌倉芸術館 | トップページ | うれしい »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ