« 「花よりも…」 | トップページ | 名古屋場所初日 »

2010/07/11

人生初・宝塚!

7月10日、宝塚 宙組公演初日 宝塚劇場

舞台を観るのが大好きな私ですが、今まで宝塚を、実は「食わず嫌い」で観たことなかったのですcoldsweats01
でも食わず嫌いでは失礼な気もして、
一度くらい観てみてもいいかな〜とは思ってはいたものの、
これにその額のチケット代払うなら、別のものが観たいわ〜!と機会を逸してたんですよねsweat01
(この言い草!ファンの方、ごめんなさいー!)

でも今回は、お芝居をよくご一緒している友人に連れていっていただきました。
友人は子供の頃からのヅカファン。
長年応援してきた大空祐飛さんがトップになった今のうちに観に行こう、とお誘いいただいたのですhappy01shine

劇場にももちろん初めて足を踏み入れたわけですが、なんだかロビーからキラキラshineですよ。coldsweats01heart04
私が行ってる劇場とは雰囲気が全然違う!
キレイで華やかでshine女性らしさに溢れてるheart04感じ〜!もう…お花が飛んでるよ〜
(私がいつも観てるのって、歌舞伎のほかには新感線とか大人計画とかだもん、そりゃ違いますって!)
そういえば昔テレビで宝塚の舞台をみたときに、このキラキラ感になんだか照れてしまって、直視できなかったんですよね〜。

ま、ともあれ今回は生粋のヅカファンの友人が一緒なおかげで、そんなに照れることなく興味津々で着席。
今回の公演は、お芝居「トラファルガー」と、グランドショー「ファンキー・サンシャイン」の構成。
これは、初宝塚ならば、あの大階段を派手な衣装で降りてくるところは絶対に観たい!という私のたっての希望にぴったり!

結論からいうと、けっこう、楽しみました!
それぞれの感想、タタみますね~happy01

201007121429000

↑まさか、家にこれがやってくる日が来るとは~!
 誰を観たのかさっぱりわからなかったので、パンフレット買ってきましたwink


「トラファルガー」、ストーリーはさておき(え?)
やっぱり宝塚はトップスターになるべき!と、初心者の私でさえ思ってしまうような、常にトップにベクトルが向かっている舞台構成でした。
もーう、ほんとうに、男役さんは、登場から退場まで、キラッキラshineで、一分の隙もなく格好良い!
よくいわれる「少女漫画の世界」そのものでした。
で、娘役さんは、可憐で女の子らしいんですよね。
背景には、やはり、お花が飛んでます(脳内補完)。

大空祐飛さんは、私はかなり好きかも~happy01
切れ長の目がシャープで、身のこなしがキレイで、お芝居も巧くて、素敵でした!

舞台のつくりも、まわり舞台があったり、「銀橋」と呼ばれる花道のような前舞台があったり、さまざまな空間を巧く構成して、舞台転換素早く、飽きさせず、凝ったものでした。

ただ…幼児登場シーンまで、普通の宝塚の役者さんがやっていたのにびっくり!
だって、間違っても幼児には見えないじゃないですか、体格的に!
ラストシーンはけっこう「泣かせ」の場面だったのに、観慣れてない私は、それが気になってきになって、大幅に芝居の邪魔をされてましたよcoldsweats01
宝塚は、本気で、子役ちゃんの起用を考えたほうがよいのではないでしょうか!

さてさてそれはさておき…


第二部のグランド・ステージは、まさに私のイメージしてた「宝塚」ですよ!
華やかで理屈抜きで楽しめて、うきうきした気持ちのまま劇場をあとにできるような…。

さいごの大階段のシーンは、これぞ宝塚。

あのクジャクの羽根みたいのを付けてるだけで動くのタイヘンそうなのに、歌ったり踊ったり、階段降りながらやってるんですからwobblyheart04
スゴイヨ~!
歌舞伎も、衣装の重さは相当なものだと聞きますが、これを女性の身でやってるって…
おまけにダンスシーンでは、娘役さんをリフトしてるし…
恐るべし、宝塚の男役さん!

…ということで、
友人のイチオシということを除いても、まんまと宝塚の演出・舞台構成にハマり、大空さんに相当楽しませていただいたワタクシ。
ちょっと、大空さんのファンになっちゃったかも~coldsweats01heart04

頻繁に観に行くまでではなくとも、機会があればまた行きたいかなーと
思ったのでありました。

件の友人は、私がどうしてもなじめなくて、途中で「帰る」なんて言ったらどうしよう~、と思ってたそうで、
(初めての人を連れていくと、そうなんですよね~私も経験あります…)
私が最後まで観れて、しかもけっこう楽しんでいたので、
安心してたみたいですhappy01
ご心配おかけして、ごめんなさいーconfidentおかげさまで、楽しかったです!


…ちなみに宝塚では、初日と千穐楽に、組長とトップの方からのご挨拶があるのだそうで(これが、友人がわざわざ初日を誘ってくれた理由)
大空さんは、簡潔で、わかりやすくて、さわやかなご挨拶でした!
途中、噛んじゃったりしてちょっと可愛かった…heart04
こういうところで親近感もわいたりするんですねーきっと。

« 「花よりも…」 | トップページ | 名古屋場所初日 »

コメント

>みゅぅ様、こちらもお返事が超・遅くなって、かさねがさねすみません~!bearingsweat01sweat01

私は昔から敬遠してたんですが、観て見ればなかなか楽しかったです。
ただ、これからも行くかというとやっぱり「歌舞伎、小劇場系>宝塚」ですがbleah
でも、機会があればぜひ一度は体験してみていい世界ですよ~!happy01heart04

私も、「行きたい」「行きたい」と思っていてもなかなか実行に移せないでいるリストの1つに、『宝塚』も入ってます(歌舞伎もそうです)。
やっぱり話聴いていると、観たいですね~。
主人を誘うのですが、なかなか「うん」と言ってくれないんですよね(歌舞伎を含め)。
頑張って説得します。

>すぱいらる様、コメントありがとうございます。
おかげさまで、友人の心配をよそに、意外と楽しんでまいりましたnotes
正直、私にはやっぱり、ちょっとくすぐったいところが多々ありますがcoldsweats01、でもハマる人がたくさんいるのはわかるかなぁ~、という印象でした。

大空さんは、とっても素敵でしたよ!
羽は20Kgもあるんですか!
カーテンコールではそれを付けて、深々とお辞儀するものですから、観慣れてない私は、前に倒れやしないかとヒヤヒヤしちゃいましたcoldsweats01

いままで自分の中になかった世界でしたので、貴重な体験でした!

初宝塚歌劇、楽しんでいただけたようで、元ファンとしてもうれしいです。今の宝塚には詳しくないのですが、やはり私にとって特別な存在です。大空祐飛さんが、トップさんなんですね?!下級生さんのころ(宝塚独特の表現で、入団から数年くらい)舞台でお見かけしてました、とても爽やかな男役さんという記憶があります。
男役さんの羽根、トップさんになると20キロ近くになるそうですよ!本当にどの世界でも役者さんは大変ですね。mamiさんまた機会があればぜひ宝塚を体験してみてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/35710535

この記事へのトラックバック一覧です: 人生初・宝塚!:

« 「花よりも…」 | トップページ | 名古屋場所初日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ