« ひとりごと。 | トップページ | あこがれの八千代座 »

2010/07/07

気は優しくて、力持ち。

ひと昔、いやふた昔?も前の、
お相撲さんを表現するコトバです。

土俵の上では勇敢で、強くて逞しいのに、
土俵を下りると、二の腕に子供を何人もぶら下げて、ニコニコしている、お相撲さん。

そのイメージは、過去のもの?weep


ニュースなどで報じられているとおり、NHKでは大相撲名古屋場所の中継をほぼ全面的に見送ることになりました。

コチラ

これによると、6時台にダイジェスト版だけは放送されるようですが、
いままで(ことにBSでは)幕下からの取り組みも含め、長時間にわたって生放送していたものが、ばっさりとなくなることになります。
う~ん…現在の状況からすると、いた仕方ないのだろうと思います。

ただね。
いち相撲ファンの私からすると、仕切りの時間とか、
取り組みが終わって引き上げるところとか
最後の弓取り式とか…
とっても好きなんですよ。
その時間あっての「相撲」っていいますか。
ダイジェストじゃそれは見れなくなってしまいますね。


これまでの処分に加え、とても大きな代償を受けることになった相撲協会ですが…。

NHKにしてみれば苦渋の決断といっていいと思いますが、
それを受ける相撲協会のほうは、一般世間のもろもろの反響というものが
まだまだ全然届いてないような印象を受けます。
なんだか、のらりくらり、呑気にしている感じを受けるんですよ。

いままでに、厚く厚く塗り固めてきた壁に、穴をあけるのは大変なことだと思いますが、
ぜひとも広い視野を持って早急に英断いただきたい。


若い力士のほとんどは、一生懸命稽古をして、
土俵にたった自分の勇姿を全国のひとに見てもらいたい、
強い自分、頑張っている自分を見てほしい、
と夢見ていると思うのです。

私も、そういう力士を応援したいし、やっぱり見ていたいのです。

どうぞ、その、土俵の下の土壌を、
しっかりと耕しなおしてほしい。
ぜんぶ、掘り返していただきたい。

もう、小手先じゃ、通用しませんよ!
腹をくくって、今の幹部総辞職とか、徹底的に改革してください。

私は、相撲がなくなることを望んでるんじゃない、
これからもずっと、昔みたいに皆があこがれるような形で、続いてほしいのです。
ただひたすら、それを願っております。bearing

« ひとりごと。 | トップページ | あこがれの八千代座 »

コメント

>すぱいらる様、そうなんですよね~。
ただでさえ相撲人口が減ってきている昨今、頑張ろうとしている芽をつぶさないで欲しいです…。
お知り合いの力士の方も、このことでめげずに、ぜひとも道を貫いていただきたいなと思います。
相撲に限らず、その世界にのみどっぷり浸ってしまうと、良いことはありませんね。
私も気をつけないといけません。。coldsweats01

本当に、大多数の力士さんは、毎日必死で頑張っていらっしゃるんですからね。私は相撲は詳しくはないのですが、とある地元出身の幕下力士さんをこっそり応援しています。(家族の方と面識があり)そのまだ若い力士さんが、けがと闘いながら毎日必死でけいこしている話などを伝え聞くと、今回問題になった方々も何より上の方々も、そんな若手時代があったはずなのに…と考えてしまいます。頑張ってる人たちは応援したいですしね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/35665222

この記事へのトラックバック一覧です: 気は優しくて、力持ち。:

« ひとりごと。 | トップページ | あこがれの八千代座 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ