« ごぶさたちゃん♪ | トップページ | 久しぶりに »

2010/09/26

千秋楽

お芝居ではなくお相撲のお話。
いまだ嵐のやまない大相撲、関取たちは頑張っているよなー。いや、全員とはいいませんけど。

白鵬、立派な横綱だなあ。
心技体の充実ぶり、ダントツですね。
日本人より日本の国技のことを深く考えてくれている。
69連勝の大記録、せひとも破ってほしい。頑張れ。

ほかの外国人力士も、若いうちから家族を置いて、単身慣れぬ世界に入ってきているだけに、なんだか「力強さ」を感じるよ。

しっかりしろよ、日本人。ともいいたくなる。

いっぽう
魁皇、勝ち越した~!
千秋楽は勝てなかったけど、良かった。
昔っから好きなのですよ、怪力魁皇、と呼ばれてリンゴを片手でつぶしてた頃から。
もう体はぼろぼろ、もう休んでほしい、と思う一方で、来場所も魁皇の土俵姿を観れる!と喜んでしまう。
ファンは身勝手だよなあ。
ごめんね、魁皇。ありがとう、魁皇。

もし魁皇がいなくなちゃったら、番付の大関以上の位置に、日本人がいなくなっちゃうのよね。
それも淋しい。

昔は日本人がやってることが当たり前で、だからこそ「日本人」なんて特に意識もしなかった土俵から、むしょうに「ナショナリズム」を感じさせられる今日このごろ。むーん。

« ごぶさたちゃん♪ | トップページ | 久しぶりに »

コメント

>みゅぅ様、そういえば…最近の白鵬は「投げ」が多いかもしれませんね。
見た目では投げ技は派手で、ものすごく強いという印象を与えるので満足してましたけど…。
「押し」の白鵬、少ないのかも?

でも、「投げ」でも「押し」でも強いひとは、なかなかいません。
そういう意味でも、やっぱり強い横綱ですよね~。
来場所も、楽しみにいたしましょうね♪

白鵬関、凄いですね。
連勝がどこまで伸びるかがすごく楽しみですね。
ただ、超えて欲しくない気持ちもあったり…。
複雑です。

あまり詳しくないので、大きな声では言えないのですが…。
白鵬関の押し出しで勝つ取り組みが少なくなってきているような気がして、
ちょっと残念なのです。
白鵬関のどっしりと相手を受け止め、がっぷりと組んで、じりじりと押しだすのが
大好きだったんです。
最近は、投げが多くて。
そこがちょっと寂しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/36941865

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽:

« ごぶさたちゃん♪ | トップページ | 久しぶりに »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ