« 遅まきながら | トップページ | じゃじゃ馬馴らし »

2010/10/10

11月顔見世

昨日は演舞場11月顔見世のゴールド発売日でした。
が、連日外仕事のワタクシ、発売開始時刻の10時にはもちろんアクセスできる環境になく(泣)、
夜遅く帰ってから、PCでログイン。
(そうなんです、携帯でもアクセスできる状態ではなかったので)

顔見世だし、演舞場の3階席は少ないし、狙っている席はもうほとんどないかな~と思っていたら
意外にも3階B席も残っている!(もっとも、正面に近い席はほとんど全滅でしたが)
時間も時間だし、急ぐ必要もないので、あちこちポチポチして、
まあまあ妥協できるかな、という3階B席で正面に近いところをゲットhappy01

良かったわあ、と思う反面、
顔見世でこの取りやすさって、どうなんだろう?ってちょっと思っちゃった。
でも、この1年以上は「歌舞伎座さよなら公演」で盛り上がってて、チケットも取りにくくて、その状況に慣れていただけで、これが普段の感じだったかなあ~?

私個人も、いつも「顔見世」というだけでけっこう気持ちが高揚してましたが、今回のノリはいまひとつ。
まだまだ、なんだかなあ~?な状態が、続いておりますcoldsweats01

今月は、14日に初めて歌舞伎に行きますが、
富十郎さんが休演されているとかで、心配です。
この夏は暑かったから、疲れが出るころかもしれませんね。
大事ないことを祈ります。

« 遅まきながら | トップページ | じゃじゃ馬馴らし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/37164089

この記事へのトラックバック一覧です: 11月顔見世:

« 遅まきながら | トップページ | じゃじゃ馬馴らし »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ