« 久しぶりに | トップページ | 遅まきながら »

2010/10/01

7、8、9月の一本

怠慢の極み(笑)、もはや3カ月ごとの「今月の一本」

やっぱり記憶のために。coldsweats01


【7月】

<舞台>
  9日 宝塚宙組公演「トラファルガー」「ファンキーサンシャイン」 @宝塚劇場
 13日 七月大歌舞伎 夜の部(「暫」「吃又」のみ) @新橋演舞場
 20日 歌舞伎鑑賞教室 「歌舞伎のみかた」「身替座禅」 @国立劇場
 26日 七月大歌舞伎 夜の部 @新橋演舞場
 29日 赤坂歌舞伎 @赤坂ACTシアター

<映画>
  7日 「告白」

…なんと!演舞場昼の部、観てません!
仕事でたてこんでたのと、興味が薄かったのと、両方…う~む。
一方、初・宝塚鑑賞は、意外にも楽しめました♪


【8月】

<舞台>
  3日 薬師寺奉納大歌舞伎「船弁慶」 @奈良・薬師寺境内
 17日 八月大歌舞伎 一部・二部 @新橋演舞場
 22日 亀治郎の会 @国立劇場
 23日 八月大歌舞伎 三部 @新橋演舞場

<映画>
 11日 「インセプション」

観劇回数は少なくても、薬師寺の歌舞伎と亀治郎の会は、盛り上がりました!(ワタクシの気持ちが)
亀治郎さんはやっぱり、素敵です。


【9月】

<舞台>
  8日 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 @新橋演舞場
 14日 タンブリング @赤坂ACTシアター
 22日 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 @新橋演舞場

おお!少ない!
タンブリングは今まで観たことない種類の舞台だったんですけど、大東くん復帰祝い!で楽しみにして観てまいりました♪
怪我からわずか2カ月…本当によく頑張った…。
いろいろな意味で乗り越えて、また素敵になりましたよ。

秀山祭夜の部…いまひとつ興味が薄かったので、、、実は、、ほとんど記憶にございません。スミマセン!
最近こういうのが多くて、ちょっと淋しいですね。


…てことで、だいぶ舞台の本数が減ってきたこの3カ月、でも10月はもちょっと増えそうです。
仕事も今よりたてこんできそうなのに、どうするワタシ!
ま、なんとかなるわいなあ。
とりあえず10月は、亀ちゃんの「じゃじゃ馬馴らし」が楽しみ!でございます。

« 久しぶりに | トップページ | 遅まきながら »

コメント

>Carmen様、コメントありがとうございます!
一時期ものすごい勢いで観ていたものですから、少ないような気がいたしますが、普通これだけ観てれば「多い」ですよねcoldsweats01
Carmenさんと逆に、私は歌舞伎は観ていても、能楽堂にとんとご無沙汰なので、ちょっと淋しい気がします。
これから「繁能期」ですからぜひ足を運びたいものです。。。

「チャンス」は残念ながら見れていなくて…亀ちゃん、すご~い悪~い役だったらしいですねsmile
DVDが出るかな?出たらぜひレンタルして…って、テレビドラマの亀ちゃんには舞台の亀ちゃんよりもちょっと愛情が少ないかも~coldsweats01
ファンとしてはいかんですね~bleah

宝塚は、また機会があれば…でも歌舞伎優先しちゃいます、きっとsmile

亀ちゃんの「チャンス」horse(NHK)も見てましたよ~
藤原紀香さん、英語の発音がなかなかキレイshine

夏は能楽現在形(国立能楽堂)と七夕コンサート(矢来能楽堂)に行ったきり、
歌舞伎はさっぱりご無沙汰でした。
多忙な中、これだけ見てればご立派~!
宝塚も守備範囲に入りつつあるのでしょうか…happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/37016373

この記事へのトラックバック一覧です: 7、8、9月の一本:

« 久しぶりに | トップページ | 遅まきながら »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ