« 2010年10月 | トップページ | 2011年11月 »

2010年11月

2010/11/18

遠征しちゃうぞ♪

もうそろそろ、来年の公演の計画をたてる時期。
すでにもうチケットを取っちゃったものもある。
そんな中…。

実は、一月に、一度は行ってみたい大阪・文楽劇場に行こうかしら、と思っていたのですが、
なーんと!
二月松竹座は仁左様尽くし!

コチラ

通し狂言で、昼の部「彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」、夜の部「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」なんて、美味しすぎる~!happy02heart04

…というわけで、来年の遠征は、松竹座に的をしぼることにいたしました♪

文楽劇場も行きたいけど、さすがに、そうそう毎月のようには行っていられません。
お金もかかるし、時間も取れないしね…sad

そのかわり、二月が今からものすごく楽しみ。
できれば二泊くらいして、奈良か京都に寄りたいな。
猛烈に寒いだろうけど…楽しみのためならっ!dashワタシの熱いキモチで、乗り切ります!happy01heart02

2010/11/09

なんとなんと。

さ来年の大河ドラマ、「平清盛」の主演に、松山ケンイチさんが~っ!

happy02heart04heart04

松ケンくんが出るなら、これは見なくては!dash
と今から鼻息荒くなっておりますが(笑)

でもつまらないドラマだったら1年間も見るのはつらい…。
そこんとこはNHKさんに頑張ってもらわないと!

でもっ!
ということは大河撮影中は松ケンの映画をあまり期待できないってことよね…?
それはそれでけっこう複雑ですが…。
とりあえず待機中の「ノルウェイ…」「GANZ」などなど、しばらく松ケン映画は
ぞくぞく公開されてくると思うので、そちらを楽しみにいたしましょう♪

2010/11/05

めで鯛!

11月4日、演舞場へ。
顔見世・夜の部でございます。

取り急ぎっ!

3階に、めで鯛焼きが!

お店の方にお聞きしたら、ずっとかどうかはわからないけれど、今月から出店させていただきます、とのこと。

わーい!happy01heart04

…あんまり嬉しくて懐かしくて、食後でお腹いっぱいなのに食べちゃったheart02

201011041835000

久々で、美味しかったぁ!
今も、お腹いっぱいですcoldsweats01

2010/11/04

収~穫~!

11月3日、庭の柿もぎをしました!happy01
こんなにいいお天気の日に、一日中(それも仕事しないで)家にいたのは久しぶり!
それだけでも嬉しかったなぁhappy01notes

従姉やら叔母やら、みんなでワイワイ大騒ぎ。
古い木なので、昇ったら折れそうな枝もあるし、かといって多少の危険を冒さないとcoldsweats01その先にある実に辿りつけないし(笑)
高枝切り鋏、鋸、竹竿、大活躍。

今年は「当たり年」で、たくさん実がなるはず、そして春先にはたくさんの実をつけていたのですが、

なんと!

この夏の猛暑で、日焼けして、すっかり落ちてしまって…
残ったのは少しだけでした。

獲ったあと、みんなで「ここにいくつ、あそこにいくつ…」と数えながら、だいじに分けました。
本来「当たり年」には、どこに配ろうか困るほど、たくさんの実が取れていたのですが。

もう何十年もたっている木だし、なんにもお手入れしていないのにたくさんの実を実らせてくれて、とってもありがたい柿の木なのですが、今年の暑さにはかなわなかったみたい。
お疲れ様、よくがんばって、実を残してくれたね、とお礼をいいたいです。

来年は、どうかな。
また頑張ってくれるかな。
というか、木にとっては、いつもどおり、生きているのみ、シンプルに、なんですよね。

収穫、ありがとう。ありがたく、今年の恵みをいただくことにします。



今年の恵みだよ~ん♪
初夏につけた家の梅酒もそろそろ飲みごろだし、まさに実りの秋!

201011041412000

大きくてちょっと四角っぽいのが「じろう柿」、まるっこくて小さいのが「フユウ柿」です。
どっちも美味しい♪私にとっては実家の味です。

2010/11/03

今月の一本・十月

久々に、ひと月分の記録をアップ!

【舞台】
 10/14 錦秋十月大歌舞伎・昼の部 @演舞場
      ※「頼朝の死」「連獅子」のみ
 10/15 「滝の白糸」 @三越劇場
 10/20 「じゃじゃ馬馴らし」 @さいたま芸術劇場
 10/21 錦秋十月大歌舞伎・夜の部 @演舞場

【芸能】
 10/11 落語会「隅田川ひととせの四季」柳家さん喬 @江戸東京博物館

【展示会】
 10/11 「隅田川」 @江戸東京博物館

【映画】
 10/27 「大奥」

おお!
けっこう頑張って行っていましたね♪

今月はやっぱり、亀ちゃんのキャタリーナが、抜群に良かったなあ~!
もう、理屈抜きに楽しめて、亀ちゃんの肩のラインがキレイで、舞台のテンポもバランスもとっても良くって、さいたままで足を運んだ甲斐がありました!
もう一回、観たかったなあ。

それから、久々のさん喬さんの落語!
良かったです!
江戸東京博物館の展示「隅田川」の連動企画ということで、隅田川に関連した噺三題でした。
間にさん喬さんのご挨拶件ちょっとした解説のようなコーナーもあって、その中で、古典では、隅田川のことを「大川」といっている、と話されてましたが、
歌舞伎でも「大川端」の話はたくさんありますね。
大好きな噺、「おせつ徳三郎」を、さん喬さんで聴けたのは良かったし、「夢金」「船徳」ともに笑わせてくれました。
さん喬さん、巧いよなあ~!
いまふうに調子に乗ったりすることのない高座の雰囲気も、好きです。

ということで、「今月の一本」は、

「じゃじゃ馬馴らし」
「「隅田川ひととせの四季」柳家さん喬

ということで!

十一月は、観劇は控え目ですが、そろそろお正月興行のチケット発売が始まりますので、そちらが忙しそうです!happy01shine
がんばるぞっ!punch

« 2010年10月 | トップページ | 2011年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ