« シアワセのお店 | トップページ | 収~穫~! »

2010/11/03

今月の一本・十月

久々に、ひと月分の記録をアップ!

【舞台】
 10/14 錦秋十月大歌舞伎・昼の部 @演舞場
      ※「頼朝の死」「連獅子」のみ
 10/15 「滝の白糸」 @三越劇場
 10/20 「じゃじゃ馬馴らし」 @さいたま芸術劇場
 10/21 錦秋十月大歌舞伎・夜の部 @演舞場

【芸能】
 10/11 落語会「隅田川ひととせの四季」柳家さん喬 @江戸東京博物館

【展示会】
 10/11 「隅田川」 @江戸東京博物館

【映画】
 10/27 「大奥」

おお!
けっこう頑張って行っていましたね♪

今月はやっぱり、亀ちゃんのキャタリーナが、抜群に良かったなあ~!
もう、理屈抜きに楽しめて、亀ちゃんの肩のラインがキレイで、舞台のテンポもバランスもとっても良くって、さいたままで足を運んだ甲斐がありました!
もう一回、観たかったなあ。

それから、久々のさん喬さんの落語!
良かったです!
江戸東京博物館の展示「隅田川」の連動企画ということで、隅田川に関連した噺三題でした。
間にさん喬さんのご挨拶件ちょっとした解説のようなコーナーもあって、その中で、古典では、隅田川のことを「大川」といっている、と話されてましたが、
歌舞伎でも「大川端」の話はたくさんありますね。
大好きな噺、「おせつ徳三郎」を、さん喬さんで聴けたのは良かったし、「夢金」「船徳」ともに笑わせてくれました。
さん喬さん、巧いよなあ~!
いまふうに調子に乗ったりすることのない高座の雰囲気も、好きです。

ということで、「今月の一本」は、

「じゃじゃ馬馴らし」
「「隅田川ひととせの四季」柳家さん喬

ということで!

十一月は、観劇は控え目ですが、そろそろお正月興行のチケット発売が始まりますので、そちらが忙しそうです!happy01shine
がんばるぞっ!punch

« シアワセのお店 | トップページ | 収~穫~! »

コメント

>Carmen様、おぉっ、「隅田川」展いらしたのですねっ!
当時の生活ぶりが伺えて、興味深い展示でしたよね♪
やっぱりあの頃は、歌舞伎役者とお相撲さんが、大人気、話題のまとだったんですね~happy01
花火大会の影絵(?とは逆の手法ですよね)も面白く拝見しました。

…さておきARATAグッズですよ!
私も、興味シンシンで見てきました~!
江戸東京博物館、粋なことしますよね~!
音声ガイドは、時間がなくて借りなかったんですが、ちょっと聞いてみたかったな。(だって、ARATAの声が耳元で…lovelyあぁワタクシやはりミーハーでございます…)

ミュージアムグッズでは、私は、「これどうするの?」みたいな雰囲気さえ漂う、塗りのケン玉が気に入りました~!素敵だけど…これで遊べないでしょcoldsweats01
ということで、なんにもお買い上げはありませんでしたが、展覧会と落語会、とっても楽しんでまいりました!

おっ、江戸東京博物館の「隅田川」展、いらしたのですね!
当時の隅田川界隈の生活や風物詩、相撲取りを描いた絵なども興味深かったのですが
実はお目当ては、ARATAの音声ガイドと、彼がコラボしたミュージアムグッズhappy01
ちょっとモダンな手ぬぐいや江戸切子のグラスなど、和の職人仕事が良かったな~。
でも結局は実用性で、布のエコバッグをご購入~note

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/37510084

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本・十月:

« シアワセのお店 | トップページ | 収~穫~! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ