« 2010年11月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/30

箱根の秋

11月さいごの日、箱根に日帰りの小旅行。
お目当ては、箱根美術館の苔と紅葉のお庭です。
バスでの旅行でしたので、交通は楽々、時間を気にすることもなく、思うまま気の向くまま、楽しんで参りましたheart04

お天気はどうかと心配していましたが、この日はなんと!雨は降らず、気温は高く、外歩きにはちょうどよい気候。
ただ、紅葉のいちばんいい時期はもう過ぎてしまっていて、標高の高いところはもう茶色っぽい山。
でも少し降りると、まだまだ楽しめるところも多くありました。

箱根美術館は、陶器の美術館です。
縄文時代のものから、江戸時代のものまで、時代をまたがって様々なものを展示しています。
私にとって今回、お庭がメインで、陶器はあんまり、といったところだったのですが、いざ見てみるとかなり見応えがありました。
ことに、縄文のものは大きな甕のようなものが多数展示されており、あんなに大型のものを制作する技術があったのかとびっくり。
今のやり方でいえば、おそらく手びねりに近い技法なのですよね?もうびっくり、です。
伊万里の絵付けはやはり美しいですし、信楽の素朴な焼きむらには味わいがありました。

陶器をみて、ふと視線を移すと、窓の外にはすばらしい箱根の山の借景と、竹と紅葉と苔の美しいお庭。
実に風情がありました。
館の方によると、この庭にある石は、みな箱根にもともとあったもので、どこかよその土地から切り出してきたものではないとのこと。
すべて箱根の自然の恵みからつくられたお庭だということを、とても誇りに思ってらっしゃるようでした。

お庭は広く回遊式で、お茶室や東やが点在し、池には鯉がゆったりと潜んでいたりして、ゆっくりと歩をすすめながら楽しみました。
もう秋も終わりだなあ。
終わりかけだけど、箱根に来れて良かった。

347

写真があまりうまく撮れませんでしたcoldsweats02お庭の雰囲気だけ。
もっと腕を磨かなければbearing

2011/11/28

中村屋!

週末に仕事で行った豊洲の駅に、勘三郎さんがいました。

201111261835000


右のは、十二月の中村座のポスターですが、左のは見たことなかった!
なんか、ちょっとレトロで格好いい。

おりしも、2月の勘太郎さんの「勘九郎襲名興行」の演目と配役が発表されたばかり。
こちらは演舞場での興業になるので、2月の中村座はどうなるのかちょっと心配ですが、
いやいや中村座、いろいろなところで心をざわざわさせてくれますnotes

2011/11/26

平成中村座

11月25日 平成中村座、昼の部(竹席)、夜の部(桜席) 通し観劇

201111251539002

病み上がりに通し観劇はきついかな、と思いつつ。
終わってみればなんのその、とても楽しい時間でございました。

私にとっては、今回のロングラン公演にあっては初・中村座。
駅から遠いよ~との噂を聞いていましたので覚悟していたのですが、昨日はお天気もよく、スカイツリーもよく見えて、初めて歩く道のりはけっこう楽しいものでした。
仲見世などを通る浅草公会堂と違って、途中にほとんどお店がない(問屋さん系の靴屋さん、鞄屋さん、革関係のお店ばかり)ので、ちょっと長く感じるのかも。隅田公園側を歩いくのも楽しいですが、ずっとここを通って中村座に行けるのではなく、途中で大通りに出たりしないといけないのよね。
浅草には何度も来ていますが、こちらの方面にはついぞ足を伸ばしたことがなかったので、新鮮な気分でした。
帰りは、中村座のチケットで乗れる無料バスで、松屋前まで送ってくれて、ありがたや。お昼とちがって、夜の道のりは長そうですもん。

小屋の雰囲気は、3年前とほぼ変わらず、時代っぽい懐かしい温かい雰囲気。
お茶子さんの応対も変わらず、てきぱき・親切・温かい。
場内の床材は少しクッション材が入れられていて、足にやさしく冷えないような仕様に改善されていて、その親切心に感謝と驚き。

舞台うしろのホリゾントがどーんと開くと、隅田川とスカイツリーと高層ビルが見えるの。
浅草寺のときとはまた違った、浅草の借景に、時の流れを感じました。

そんな、中村座もろもろですが、観劇の感想はあらためて。

う~ん、やっぱり、楽しかった!

2011/11/25

スネこ

今日は、mamiちゃんは一日中、おでかけなんですって。
プン!dash

201111241137000

だからmamiちゃんは、猫なで声で
「行ってくるからね~いいこでお留守番しててね~catface
なんていってるけど、
そんなの、無視よ!ムシ!

ちょっと薄目をあけてmamiちゃんの様子をうかがってるけど…
もうベッドからは出ないんだもんね~!

2011/11/24

能と狂言 和楽の世界

体調はいまひとつ、あきらめようかなと直前まで思い悩み、いやでも、やっぱり、行ってみたい!
と、数日ぶりに電車に乗ってお出かけしてきました。

亀井広忠プロデュース能楽舞台
~囃子からみた能「頼政」と狂言「通円」~
能と狂言 和楽の世界
  @日経ホール 午後3時の部

タイトルのとおり広忠さんプロデュース企画。
能「頼政」と、そのの内容をふまえて狂言的視点からつくられた「通円」を、3時の部は袴能・袴狂言で。
この他「景清」を舞囃子と小舞で。
またプログラムには「能楽素囃子、曲目は当日発表」なるものがありましたが、3時の部は
「羯鼓(かっこ)より 獅子」
でした。

ざっくり全体的な感想。(ほんとにカンタン)

こうして並べてみると、双方の違いや、同じ要素、あるいはひっぱっている要素、などがわかりやすく興味深い。
ただ、観る側として(私だけかもしれませんが)、比べてみる楽しみが先行して、演目演者そのものの格調にはすこし焦点がぼけてしまったような。
せっかく、袴能「頼政」は梅若玄祥さん、袴狂言「通円」は野村万作さんだったのにぃ、勿体ない!

でもね、このお二人の袴での演技を、ぜひ観てみたかったので、そして、案の定、ものすごい「気」をまとってらしたので、とてもとても満足いたしました。
ちなみに、6時の部では双方とも袴ではなく通常の演じ方だったので、私は3時の部にさせていただいたのでした。うふふ♪

で、「景清」は舞囃子を梅若紀彰さん、小舞を萬斎さん、と若手対決(なわけではないが)。
こちらは、能の謡と狂言の謡のちがいをつぶさに感じる。
能って、謡もくぐもった感じの発声ですが、狂言のほうはストレートに声が出てる感じ。

素囃子、お囃子好き、しかも「獅子」好きな私には思わず「ヤッター!」な演目でした。
音もリズムもすべて、熱くなるのですよね。
一噌幸弘さんを、久しぶりでみたような気がしますが、個性的な、いい音を出しますね。
広忠さん、いつもながら真摯な音をだされていて。かけ声がちょっと変わった。
というか、私、お能(囃子)の舞台をみるの、久しぶりだったのですよね。

やっぱり、お囃子って、いいなあ。謡って、いいなあ。
行ってよかった。

ほんとにカンタン。すみません。

続きを読む "能と狂言 和楽の世界" »

2011/11/22

鬼の霍乱もまたありがたや

久々に、風邪をひきまして。
先週の土曜日から、熱が出たり咳が出たりお腹がこわれたり、いろいろしています。
さすがに、お医者さんに行きました。(日頃、あまりお医者に通わないタイプなんですsweat01

ちょちょい、っと看てもらって、薬出しておきますからね~、といわれ、近くの薬局で調剤してもらって。
風邪はまあ、いかにも風邪らしい症状らしく、そんなに心配ないようでしたが、
いやいや、出された薬の、多いこと!
思わず薬局の窓口で「たくさんあるんですね~!」と言ってしまいましたcoldsweats01
ぜんぶで6種類、ありましたよ。(日頃、薬もまったくのまないタイプなんですsweat01

こんなにたくさん薬を飲んだら、具合悪くなりそうです。
風邪くらいでこんなですもの、もっと大変な病気の方は、このつらさともたたかっているんだなあと
あらためて感じ入りましたよ。

思えば、父も母も、たくさん飲んでいました。
当時は、治って欲しい一心で、「ちゃんと飲んでね!」「今日は忘れてない?」なんて言っていましたが、
今更ながら、ごめんなさい、と心のなかで謝りました。
相手のこと考えているようで、思いやりが足りてなかったですね~。。。

今も、家の中でもマスクをしっぱなし(寝るときも)、もうそろそろ横にならないと体がつらくなってきましたが。
こういう経験もまた、ありがたいことと思ったしだいでありました。

2011/11/21

葉山にて

11月16日、葉山の県立美術館に行ってきました。
23日まで、ここで「川合玉堂展」が開催されています。

玉堂については、あまりよく知らなかったのですが、作品をこれだけまとめて見ると、その人となりに少しだけ触れたような気持ちになります。
玉堂は、制作には厳しい方だったのかもしれませんが、作品から漂ってくるのは、身のまわりのものに対する温かいまなざしでした。
近所の農家のひとびと、ご家族や犬や猫や鳥、自分の身をつつむ自然の風景のあらゆる表情。
そんなものを、「筆」一本で表現されていました。

日本画にはいろいろな技法があります。
表現方法はひとそれぞれですが、私は、「筆」で描いたことが感じられる筆致が好きです。
玉堂の時代には、その時代なりの表現があって、今よりは幾分アナログだとは思うのですが、それにしても「筆」の息づかいが感じられる。
絵絹の使用が多いのも(時代のせいでもありますが)温かみを増幅させていたようです。

こういうことは、日本画の作品では私にとっては稀で、
他ではどうかといいますと、まず壮大さとか、すばらしさとか、至高さが伝わってくる。
そのあとに、どのように構図を練ったのかなとか、着彩の技巧とかに目がいく。
ですから、見てすぐに、その人の感情を感じたり、身近なものに対する愛情を感じたりすることは、少なかったのです。
これは不思議な感覚でした。
偉大な画家先生であるはずの玉堂に、親しみやすさを感じてしまったのです。

とてもいい展覧会でした。


そして…。
海辺にあるこの美術館では、夕景がたまらなく、いいのです!
海側に面した美術館のカフェで、夕日を見ながら紅茶をいただきました。
海辺のお庭も散歩して、玉堂の作品を頭の中で思い巡らせ、至福の時間でした。

201111161626003


2011/11/10

ご ぶ さ た

m(_ _)m…一年も放置していました。
我ながら、が く ぜ ん 。

思えばいろいろありました。
私的には、表面的に大きな変化はありませんでしたが、いろいろ起こった、いろいろな事象が、
私のなかの、本質的なものに、大きく訴えていたように思います。


ことしの始めに、うちに猫がやってきました。
りんちゃん、♀、です。
迷子の子で、いつ産まれたのかもわからなかったけど、あんまり小さいし、すこししか食べないし、
ミルクばっかり飲んでいたので、まだ数ヶ月なのかと思っていました。
うちに来てから一ヶ月が経ったころ、予防注射に連れて行ったら、
「もう永久歯が出てるから、7ヶ月くらいだねえ」
とお医者さんに言われてびっくり。
いまはもう、立派なオトナ猫です。
でも、成長期にあまり食べていなかったらしく、今でも小ぶりな猫ちゃんです。

201110121452000

この仔が来てから、夜の部の観劇の数が減っちゃってcoldsweats01
昼・夜同演目のときは、なるべく昼の部に出かけるようになっちゃいました。
だって、おなかすかせて、暗くなった中で、待ってるんだも~んhappy02

も~かわいくて、すっかり親ばか、ならぬ猫ばか、になっております。

遠征もはばかられる中、来年の二月、どうしよう~!bearing
博多座にも、松竹座にも、行きたいのよう。
本当は、来月は、顔見せにも行きたい。

こんなことで悩める、幸せなワタクシでございます。
もっともっと日々、感謝して、まいりたいと思います。


…てなことで、今後もぽつぽつと更新いたしますゆえ、
根気よく覗いてくださっていた皆様、どうぞどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

« 2010年11月 | トップページ | 2011年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ