« 葉山にて | トップページ | 能と狂言 和楽の世界 »

2011/11/22

鬼の霍乱もまたありがたや

久々に、風邪をひきまして。
先週の土曜日から、熱が出たり咳が出たりお腹がこわれたり、いろいろしています。
さすがに、お医者さんに行きました。(日頃、あまりお医者に通わないタイプなんですsweat01

ちょちょい、っと看てもらって、薬出しておきますからね~、といわれ、近くの薬局で調剤してもらって。
風邪はまあ、いかにも風邪らしい症状らしく、そんなに心配ないようでしたが、
いやいや、出された薬の、多いこと!
思わず薬局の窓口で「たくさんあるんですね~!」と言ってしまいましたcoldsweats01
ぜんぶで6種類、ありましたよ。(日頃、薬もまったくのまないタイプなんですsweat01

こんなにたくさん薬を飲んだら、具合悪くなりそうです。
風邪くらいでこんなですもの、もっと大変な病気の方は、このつらさともたたかっているんだなあと
あらためて感じ入りましたよ。

思えば、父も母も、たくさん飲んでいました。
当時は、治って欲しい一心で、「ちゃんと飲んでね!」「今日は忘れてない?」なんて言っていましたが、
今更ながら、ごめんなさい、と心のなかで謝りました。
相手のこと考えているようで、思いやりが足りてなかったですね~。。。

今も、家の中でもマスクをしっぱなし(寝るときも)、もうそろそろ横にならないと体がつらくなってきましたが。
こういう経験もまた、ありがたいことと思ったしだいでありました。

« 葉山にて | トップページ | 能と狂言 和楽の世界 »

コメント

>みゅぅ様、ご丁寧にありがとうございます!
たくさん教えていただいてありがたいかぎりですconfidentheart04

余ったものはつい勿体ないと、次の機会にとっておこうかと思ってしまいますが、素人の私には、どのような症状のときにどれを飲んだらいいのか、さっぱりわかりませんもの。
適さないものを使ってしまっては良くないので、ちょっと気がひけますが今回は処分することにしますね。

それにしても、せっかくつくった薬、こんなふうに処分されないように、お医者さんのほうでも、患者さんに合った処方をぜひしてほしいものですね。たいへんでしょうけどcoldsweats01
昔は貴重だったであろう薬ですが、今は保険の点数や売り上げに直結してしまっているようで、なんだか複雑な気持ちです。。。

こんにちわ。
お身体回復されたみたいで、良かったです。

私も、薬はほとんど飲みたくない派です。
なので、沢山出されると…ちょっと…です。
mamiさんと一緒です。

残ったお薬ですが、正論を申しますと…そのまま処分してください。
でも、私は痛み止め(頭痛薬などの鎮痛剤)や純粋な風邪薬は次回のために保管しておいたりします。
ただ、薬にも消費期限があるので長々保管しないでください。
それから、例えば、自分では風邪だと判断して飲んでも、実際は違う病気だったりすることもあるので、やっぱり病気になった時はその都度病院にかかり、薬をもらうのが1番だと思います。
実際保管していても私は飲んだことはありません。
次回がなかなか来ないことも1つの理由です。
なんとなくもったいなくて捨てられない…と言った方が的確かもしれません。

薬の処方量ですが、これも医師によってまちまちです。
患者さんが欲しても頑としてあまり出さない先生もいますし、患者さんによって欲しい人には出す先生もいますし、本当にまちまちです。
もちろん、飲み合わせなどはちゃんと理解して出してくれているのだと思うので、安心してくだい。
なので、自分の好みに合った先生にかかるのが1番です。
見付けるのが大変なんですが…。

>みゅぅ様、ありがとうございます!
おかげさまで、ずいぶん良くなりました。
今日は、重い腰をやっとこさ上げて、東京に出かけました~!bleah
具合悪いあいだ、幸いにも外に出なければならない仕事が入ってなかったことに、感謝!です。

で、薬ですが、そうか、たくさんもらいたい人もいるんですね。
私には想像もつきませんでしたが…。
シンプルがいちばん、って思うんですけどね~。。。coldsweats01

今回は、6種類ぜんぶは飲んでません(不真面目な患者です[E:smile)]
まだたくさん残っていますが、これって、処分すべきなんでしょうかねえ?

こんにちわ。
体調はいかがですか?
少しは良くなっているといいのですが…。

6種類の薬はさすがに多いですね。
ビックリしてしまいました。
でも、多く薬をもらいたい患者さんにとっては良い病院ですね。
逆に、薬を出さないくても良い症状の場合でも欲しがりますから。
薬が必要ないくらい軽い病気で良かった…とは思わないんですよね~。

あら、人様のブログで愚痴ってしまいました。
ごめんなさい。

早く良くなりますように…。

>Carmen様、ありがとうございます!
そうねんです、一つの症状に一種類以上の薬が出るらしいんですよね。
さすがに、都度選んで飲ませていただいていますが。(めちゃくちゃしろうと判断!coldsweats01

「改源」ですか、聞いたことがあります。
私は「葛根湯」をよく使っておりますが、こんど試してみますね!
こな薬、確かに魅力的です。
あの昔の薬の包み方、いまはめったなことではお見かけしなくなりましたもの。
パリパリと紙の音をさせながら、粉が飛ばないよう気をつけて開封してた憶えが…なつかしい~!

それぞれの症状を緩和する薬や、
飲んだ薬の副作用を抑える薬…という具合に増えて行くのですね。
最近のお医者さんは薬出しすぎでは?(薬剤メーカーとの示し合わせ?)
と恐ろしくなることも多いです。

私は風邪のひきかけには市販の「改源」のこな薬を愛用しています。
生薬配合で割と胃が荒れません。
ちょっと具合が悪い程度なら十分抑えられますよ。
何と言っても、昔の医院でもらっていた薬のように、
一包一包紙でくるんである、古風なところが好きです。
お大事にhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/43107279

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の霍乱もまたありがたや:

« 葉山にて | トップページ | 能と狂言 和楽の世界 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ