« スネこ | トップページ | 中村屋! »

2011/11/26

平成中村座

11月25日 平成中村座、昼の部(竹席)、夜の部(桜席) 通し観劇

201111251539002

病み上がりに通し観劇はきついかな、と思いつつ。
終わってみればなんのその、とても楽しい時間でございました。

私にとっては、今回のロングラン公演にあっては初・中村座。
駅から遠いよ~との噂を聞いていましたので覚悟していたのですが、昨日はお天気もよく、スカイツリーもよく見えて、初めて歩く道のりはけっこう楽しいものでした。
仲見世などを通る浅草公会堂と違って、途中にほとんどお店がない(問屋さん系の靴屋さん、鞄屋さん、革関係のお店ばかり)ので、ちょっと長く感じるのかも。隅田公園側を歩いくのも楽しいですが、ずっとここを通って中村座に行けるのではなく、途中で大通りに出たりしないといけないのよね。
浅草には何度も来ていますが、こちらの方面にはついぞ足を伸ばしたことがなかったので、新鮮な気分でした。
帰りは、中村座のチケットで乗れる無料バスで、松屋前まで送ってくれて、ありがたや。お昼とちがって、夜の道のりは長そうですもん。

小屋の雰囲気は、3年前とほぼ変わらず、時代っぽい懐かしい温かい雰囲気。
お茶子さんの応対も変わらず、てきぱき・親切・温かい。
場内の床材は少しクッション材が入れられていて、足にやさしく冷えないような仕様に改善されていて、その親切心に感謝と驚き。

舞台うしろのホリゾントがどーんと開くと、隅田川とスカイツリーと高層ビルが見えるの。
浅草寺のときとはまた違った、浅草の借景に、時の流れを感じました。

そんな、中村座もろもろですが、観劇の感想はあらためて。

う~ん、やっぱり、楽しかった!

« スネこ | トップページ | 中村屋! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/43148284

この記事へのトラックバック一覧です: 平成中村座:

« スネこ | トップページ | 中村屋! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ