« 箱根の秋 | トップページ | おしらせ »

2011/12/01

今月の一本・2011年11月

11月、半ば過ぎからのブログの復活でしたが、
相変わらずカンゲキだけはしていたので、その記録から。

【観劇】
11月 1日 顔見世・夜の部(新橋演舞場)
   11日 11月大歌舞伎(国立劇場)
   18日 顔見世・昼の部(新橋演舞場)
   24日 能と狂言・和楽の世界(日経ホール)
   25日 平成中村座・昼の部
       平成中村座・夜の部

【アート】
11月 8日 鏑木清方美術館 講演会「三遊亭圓朝と明治の芝居」
   16日 川合玉堂展 神奈川県立美術館・葉山
   30日 箱根・箱根美術館の苔と紅葉の庭

11月は映画を見てなかったですね。
今月は、実は当初あまり期待していなかった顔見世が、観に行ったらとっても良かった。
それから、久しぶりで行った国立劇場の、藤十郎さんが、これまた良かった。
藤十郎さんのお初って、やっぱり格別ですね。存在感が違う。良かった。

それから、近場なのになかなか行けなかった鎌倉・葉山で、清方・玉堂をみたこと。
東京まで行かなくても、近郊で土地に根ざした展示をやっていることに、あらためて、感謝。
とともに、自然につつまれていて、癒やされちゃう。二度おいしいの。
東京とは、時間の流れかたが、違うの。

ああうれしいconfidentshine

12月は歌舞伎公演のほかに、扉座と亀ちゃんの「その妹」、古田新太の「ロッキーホラーショー」。
千穐楽には南座顔見世に参ります。
すごく迷ったけど、初・顔見世。
りんちゃんも、ペットホテルに預ける予約ができたし、安心して行けますheart04
わくわく。

« 箱根の秋 | トップページ | おしらせ »

コメント

>Carmen様、ありがとうございます!
体調をととのえて、万全に出陣したいと思います!
Carmen様もお忙しいと思いますが、体調に気をつけて、日々お楽しみくださいませ~confidentheart04

12月も楽しい予定が目白押しみたいですね!
楽しんでいらっしゃいませ~happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/43219910

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本・2011年11月:

« 箱根の秋 | トップページ | おしらせ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ