« おしらせ | トップページ | 今日から京都へ »

2011/12/24

イブの夜に「ロッキーホラーショー」!

12月24日19:00- @神奈川芸術劇場

ワタクシは、開演前えらく悔やんでました。
なぜこんなフツーの服装で来てしまったのか。それも仕事帰りの黒っぽい普通の服で。
コスプレとまでいかなくてもせめて赤いファーを持ってくるとか、派手なネイルにしとくとか、
いや黒い服だったとしても、いっそ「魔女」にまで見えるくらい「まっくろ」にしてなかったのか。

…と思うくらい、客席は、「ロッキーホラーナイト」を楽しもう!という気概の方でいっぱい!でした。
だって、ホールにいる方を出演者かな~と思ってたら普通のお客さんだったんだもん。コスプレだったんだもん。
おまけに客席では、悪魔カワイイ女の子がポップコーンを売っていて、お買い上げごとに「ありがとうございます~!」パチパチパチ、と大拍手をしてくれるのだ。(客席は飲食禁止だから、お土産用ね)

でも!
始まった途端、そんなことは忘れて、もーうノリノリ!でしたよhappy01notes

この公演はまだまだ福岡→大阪→東京と、2ヶ月以上続くので、感想はたたみます

ともあれ、ワタクシのクリスマスイブは、「ロッキーホラーナイト」notessign03notes
もうもう、楽しくて嬉しくて、大盛り上がり~noteでした!

ちなみにこの日は出演者の中村倫也くんのお誕生日ということで、カーテンコールでハッピーバースデーの大合唱!
ローリーがプログレッシブタッチで「ジングルベル」を演奏してくれたりして、もうホントにライブのような盛り上がり。(新感線て、そうなのよね)
ここんとこ寒い寒いと言っていたワタクシも、久しぶりに熱い汗をかきました!happy01heart04

映画「ロッキーホラーショー」の大ファンでもあるワタクシ。
あの映画の風味がくずれてしまうのは怖い、でもいのうえ版も観てみたい。なんといってもフランクが古田新太だし。
あの頃の、あのナンセンスでたどり着くところのない不条理な爆発的おもしろさって、最近ないものね~confident
と思いつつ。

いや楽しかった。

ストーリーの進行はほぼ同じなんですが、あしらいはやっぱりいのうえ版。でも原作へのリスペクトと愛が盛られていて、原作ファンでもとても満足できたのではないでしょうか。

まず、とんでもないことに巻き込まれる恋人同士に笹本玲奈ちゃん、中村倫也くん。
玲奈ちゃんは、ミュージカル(あ、そうそうこれ、ミュージカルなんです)では定評のある役者さんだし、この役は似合ってるかも、と観る前から思ってたのですが、中村倫也くんのことはストレートプレイでしか観たことがない。のっかていけるんだろうか、とちょっと心配していたけど、いやいや全く心配なし!
思い切った演技で見事にロッキーホラーメンバーでした。歌もなかなかいい声でした。

リフラフ、岡本健一さん。これもうけ役だと思うのですが、いまいち陰が薄かったような…。
映画のリフラフ(オブライエン)が私は大のお気に入りでしたので、その影響かもしれませんが。
あの岡本さんがリフラフを演る、ということだけでなんだかすごいことのように思いますが、でも~!リフラフはもっと不気味でカワイくなきゃ。。。がどうしてもぬぐえなかったワタクシ。すみません。

ローリーは、さすがグラムロック好きな人だけあって、この世界観にぴったり。
実際何度も「ロッキー…」には参加してるしね。
ミュージシャンなので当然ですが歌もギターも迫力ありました。
今回の訳詞をすべてしているとのことで、それも訳詞をさせてもらったことをとても感謝していて、「ロッキー…」への愛を感じましたわ。

ロッキーホラーの辛源さん。彼のことは全く知りませんでしたが(すみません)、
イケメン!マッチョでステキなボディ!歌、うまっ!舞台神経、すごっ!
…というわけで、この舞台でファン急増したんじゃないでしょうか、彼は。
とにかくとってもステキぃ~heart04でした!

そしてフランクの古田新太さん!
もー期待どおり、不気味カワイイ~!歌うまい、よく動く、吹っ切れた演技がステキ!
あのタイツ姿、最初はロッキーホラー役の辛源さんと比べちゃったらプクプクして見えましたが、お芝居が進むにつれてなんだか引き締まって見えてきたから不思議(笑)
古田さんて、本人自身がどこまでもブチ切れた演技をしてるふうで、実はカンパニー全体を引っ張っていってるから、そのあたりの視野の広さというか、懐の深さというか、演技の組み立ての繊細さというか、いつもすごいと思うのです。
今回もそれをとても感じて(ご本人はいやがりそうですが)そんなとこにも感動しました。

その他の主演者の皆さんすべてひっくるめて、とても楽しい享楽的に倒錯した「ロッキーホラーナイト」を贈っていただいて、もう楽しくて楽しくて、クリスマスなんですけど、天使ではなくコウモリが飛んでるかと思いましたわ。
あのころの倒錯ぶりって、やっぱり面白い。
映画もも一回、見直しちゃおうかな、と思いました。
ステキなロッキーホラーナイト、ほんとうにありがとう~!

« おしらせ | トップページ | 今日から京都へ »

コメント

>みゅぅ様、お返事がすっかり遅くなってすみません。。。
「ロッキーホラーショー」は本当に楽しかったです。
原作の映画のファンが多いので(私も映画のファンです)舞台はちょっと心配だったのすが、いらぬお世話、って感じでしたcoldsweats01
かなり個性が強いのでみゅぅさんが好きなタイプのものかはわかりませんが、映画のDVD、ぜひ借りて観てみてくださいませ!

こんにちわ。
私、知りませんでした。
でも、mamiさんの感想読んだら、とっても面白そうですね。
素敵なイブになりましたね。
お客さんもコスプレしたりして、舞台の一員みたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/43501838

この記事へのトラックバック一覧です: イブの夜に「ロッキーホラーショー」!:

« おしらせ | トップページ | 今日から京都へ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ