« 新年 | トップページ | 今年の初歌舞伎は »

2012/01/02

ひきしまる

元旦は、午後から親戚の家に行き、みんなで新年を祝いました。
と、わいわいやっているそのときに、地震が!

びっくりしました。
けっこう揺れたので。
新年早々ねえ、さっき今年は笑顔でってお祈りしたばっかりなのにねえ、などと話しましたが、
これはやっぱり「今年も引き締めて!」ということだね、今年の揺れ納めかもね、といって
みんなで囲むお節が、もっともっとshineシアワセshineになりました。

ほんとうに、ほんとうに、感謝と笑顔に溢れた、そんな私たちに、なれますように。


今日は、大好きな箱根駅伝。
いつものようにテレビ観戦ですhappy01notes
そして午後からは友人と一緒に、中村座に出かけます。
つつがなく。
つつがなく。


ありがとうございます。

« 新年 | トップページ | 今年の初歌舞伎は »

コメント

>Carmen様、コメントありがとうございますconfidentshine今年もどうぞよろしくお願いいたします。

江ノ島に行かれたんですね。海の景色は素敵だったのでしょうね。
そういう美しい光景を見れること、それを心に刻めること、とても幸せなことですよね。
私は、いつもの青空をみて、夜空をみて、家々の角松をみて、すごく幸せでした♪

私も、初夢はすっかり忘れてしまいましたcoldsweats01が、
Carmen様にも、私にも、いいことがありますようにheart04

つつがなく…
昨年のようなことが起きると
普通に穏やかに過ごせることが何と有難いことかと思いますね~

正月2日に江の島に行ったら、
今までに見たことのない海を見ました。
雲間から光が差し込んで
水平線が横一線に光っていた。
海中にいる銀色の龍が
空へと飛翔していくような気がしました…

初夢はすっかり忘れてしまいましたが
何かいいことあるかな~?

今年もどうぞよろしくhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/43594031

この記事へのトラックバック一覧です: ひきしまる:

« 新年 | トップページ | 今年の初歌舞伎は »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ