« 今年の初歌舞伎は | トップページ

2012/12/05

無言

今年の私のみごとに三日坊主のブログ。
平成中村座の、シアワセな記事でした。

今朝、勘三郎さんが亡くなられたと、朝一番で知りました。

言葉もありません。。。

いまはお加減が悪くても、
新しい歌舞伎座の柿落とし公演には、きっとご出演されると、
信じて疑ってませんでした。
首を長くして、ご快癒を祈っていました。
それがこんなに早く…。

ご本人がいちばん、口惜しいことと思いますが
ご家族のような中村屋さん
勘九郎さん、七之助さん、
そして小山三さん…皆様、どうしてらっしゃるのか
心配でなりません。

中村座の桜席で、幕が閉まった途端、私たちに
ピースサインをしてくれた勘三郎さん。
いつでもどこでも、素晴らしい芸の見事さと、ほとばしる豊かな感情、
たっぷりの愛嬌で、シアワセをプレゼントしてくれました。

ありがとう。ありがとう。ありがとうございます。
いくら言っても足りません。。。
心から、ご冥福を、お祈りいたします。

合掌

« 今年の初歌舞伎は | トップページ

コメント

>Carmen様、お返事遅くなってスミマセン!bearingsweat01
ご訪問ありがとうございます!

勘三郎さんの追悼番組、録画はしたのですが、実はまだ見ていません。。
なんか、つらいし。大泣きしちゃいそうだし。
…って、勘九郎さんたちが乗り越えようと必死でがんばってるのに、
部外者のほうが女々しいぞって感じですが。。。

でも、すっかりさぼっていたブログに、勘三郎さんが引き戻してくださったので、
これからはもうちょっとがんばろうかなと思っています。
Carmennさんも、ずっと見守ってくださっててありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたしますconfidentheart04

mamiさん、お帰りなさいhappy01

勘三郎さんのこと、本当に残念でなりません。
昨日の追悼番組を見ていて(きっとご覧になってますね)、
もう一度舞台へ立つ希望を決して捨ててはいないけれど
自らカメラを呼んで、その時々の想いを記録させたことは
覚悟もされていたのだなと思いました。
その記録がこのような形で役に立ってしまったことは本当に悲しいけれど
それはきっと残していく人たちへの心遣いであったかもしれません。

一番心に残ったシーンは、手術を間近に控えた勘三郎さんが
「天日坊」松本公演でこっそり代役で舞台に立ったところです。
あのとき、勘九郎さんはどんな思いで
シルエットの父を見上げたことでしょう…
お客さんにサプライズが伝えられ、
役者が会場に下りて一体となるカーテンコールを
舞台から一人見守っていた勘三郎さん…
万感胸に迫りました。

舞台が好きでたまらなかった父の役者魂は、
勘九郎さんや七之助さんにしっかり伝わっていくことでしょう。
そして…例えば、勘九郎さん演じる「高坏」を通して
きっと勘三郎さんを思い出したりすることでしょう。

…お帰りなさいheart04で、ついつい長くなりましたbleah

>みゆみゆさん、こちらこそご無沙汰してしまいスミマセン。
おかげさまで元気にしております。

すっかりさぼっていたブログですが、勘三郎さんの思わぬニュースにショックを受けて
久しぶりに書いてしまいましたcoldsweats02
勘三郎さんは、ほんとうにたくさんの舞台の思い出をくださいましたね。

仰るように、私も小山三さんが心配です。
昔、お隣のお家のお姉さんが若くして亡くなられたとき、
そのお家のおばあちゃんが、うわごとのように
「私が死ねば良かった、私が死ねば良かった…」とずぅっといっていたのを
つらい気持ちで思い出しています。
どうかお元気で過ごされて欲しいです。

ご無沙汰しております。お元気ですか?

私も勘三郎さんの訃報は未だに信じられません。
これから、追悼番組が放送されますが・・・
本当に信じられません。
勘三郎さんが一番信じられないし、悔しいでしょうね。

特別な贔屓というわけではないから、追いかけてはいませんが、
それでも、いろいろ舞台を見たな~~と、思い出が甦ります。

小山三さん・・・心配です。

>みゅうさん、こちらこそご無沙汰してしまってスミマセン;;
すっかりサボり癖がついてしまいましたcoldsweats01
こんなに放置していたのに、のぞいてくださって、ありがとうございますthinkheart04

勘三郎さんの舞台をもう見ることができないのかと思うと
えもいわれぬ感情になりますが、
これからの中村屋さん、そして歌舞伎を、もっともっと応援しようと思います。

みゅうさんも、テレビなどで機会があったら、ぜひ見てみてください。
これから追悼番組もたくさんあるようです…
(見たいような見たくないような…)

こんにちわ。
mamiさん、お久しぶりです。
mamiさんの文章を読めて、すごく嬉しいです。

勘三郎さんの舞台を1度も観たことが無い私でも、すごく寂しい想いです。
勘三郎さんのご一家に密着した番組、欠かさず観ていましたよ。
そして、とってもファンでした。

亡くなった後、勘三郎さんとのエピソードを語ってくれる親交のあった方たちの話から、本当に惜しい人を亡くしたな~と思いました。
人間的にも、本当に素敵な方だったんですね。

そして、ご子息のお2人が、また立派なこと。
ちゃんと、お父上である勘三郎さんの意思を引き継いでいらっしゃいますね。

本当にご冥福をお祈りいたします。

すぱいらるさん、こちらこそご無沙汰でしたcoldsweats01

今日は、仕事しながらぼんやりしちゃうし、買い物は忘れるし、思い出すたびに泣けちゃうし、もうダメダメでした。
元気で明るいイメージの勘三郎さんだったし、まだお若いし…きっと不死鳥のように見事に復活してくださるとばかり思っていたのでcryingなおさらでした。
勘三郎さんからはたくさんの幸せをいただいていたので、ただただ、たくさんの「ありがとう」を伝えたい。
ほんとうは、まだどこかで「うそじゃないか」と思っている私です。。。

mamiさん ごぶさたしていました。 さて、ニュースを聞いて本当に朝からびっくりして、そして悲しかったです。私は映像でしか、勘三郎さんのお芝居に接したことがなく、でもきっといつかどこかの舞台でお会いできると思っていたのですが…。淋しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/48095898

この記事へのトラックバック一覧です: 無言:

« 今年の初歌舞伎は | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ