桜だより2007

2007/04/19

目黒川桜たより26

20070419もうすっかり新緑の水面になりました。
これからどんどん緑が濃くなって、強い陽射しに心地よい日陰をつくってくれたり
さわさわと風になびいて涼しげな空気を送ってくれるようになります。
そんな、桜の下を川べりを、あるくのが楽しみなのさ♪

というわけで、葉桜になるまでしぶとく続けた(^-^;; 桜だよりも、これにておしまい。chon!

2007/04/11

目黒川桜たより25

20070411_220070411_3
ずいぶん新緑が増えてきました。
花びらが散ったあとの花芯の濃いピンクと、この新緑の組み合わせ、とっても素敵だと思いません?
PINK & GREEN 、といっただけてわくわくするコーディネートですよね!

2007/04/08

目黒川桜たより24

2007040820070408_1
今日の目黒川。
お花見はこの日曜で打ち止めかな。
目黒駅付近の広場では、さくらまつりが行われていて、歌やら踊りやら、いろいろやっていたようでした。
散った花もまた、美しいなり。

2007/04/06

目黒川桜たより23

20070406今日は久々に目黒川から。
たった3日東京から離れただけなのに、桜の3日は大きいですね。
かなり葉っぱの若芽が増えてきました。この時期の桜は、花の薄ピンクから額の赤紫が目立ってきて、若芽もすこし赤みがかった色。花の盛りは過ぎましたが、この色合いも大人な感じがして私は大好きです。
お花見は、今週末が最後ですねきっと。名残の桜かと。
今夜も中目黒駅は、たくさんの人でごったがえしていました。

2007/04/02

目黒川桜たより22

20070402_320070402_4
今日は普通の色で同じシーンを。
川面には鴨ちゃんもいます。
花は散りはじめて、葉っぱの若芽も出てきました。

2007/04/01

目黒川桜たより21

20070401_120070401_2
いろいろカメラをいじっていたら、青っぽく撮れたなりー。
今日は「四月バカ」なんでね。嘘はつきません。
そろそろ花びらが散り出して、花吹雪、川面はうすピンク色。

2007/03/30

目黒川桜たより20

お天気が荒れると聞いていたので心配しましたが、お昼前にはすっかり晴天に。
今日のお花見のお客さまも、とても喜んでくださって、なによりなにより♪
20070330_120070330_2

2007/03/29

目黒川桜たより19

2007032920070329_120070329_220070329_3今日は8分〜9分咲き?
ほぼ満開に見えました。
暖かくて穏やかなお天気で、今年いちばんの美しさだったかもしれません。
明日は雨かもしれないので、まだ散らないでねとお願いしてみました。咲き始めの花は強いので、まだまだ散らないと思いますが…今日のお花見の相方さま、いちばんのラッキーさんだったかもしれませんね!(^^)

2007/03/28

目黒川桜たより18

20070328_120070328_3うふふー♪
今日は暖かかったので一気にこんなにー♪
中目黒駅は、すごい人混みでした。
でも、うちの近くは静かでありがたいです。
静かに桜を愛でることができて、シアワセです。
今日のお花見にいらしてくださったみなさん、ありがとうございます(^^)

2007/03/26

目黒川桜たより17

20070326
20070326_1今日は暖かくてお天気も良かったので、一気につぼみが膨らんで、咲いている花も増えてきました。
明日、たくさん開くといいなぁ。
って、明後日から日替わりで友人が来ての、怒濤のお花見企画がスタートするっていう、超個人的な理由なんですけど(笑)。
素敵な花のトンネルを、みんなに見てほしいなぁ。
(でも、川の周りで騒いだり、汚したりしないでね)

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ