今月の一本

2011/12/01

今月の一本・2011年11月

11月、半ば過ぎからのブログの復活でしたが、
相変わらずカンゲキだけはしていたので、その記録から。

【観劇】
11月 1日 顔見世・夜の部(新橋演舞場)
   11日 11月大歌舞伎(国立劇場)
   18日 顔見世・昼の部(新橋演舞場)
   24日 能と狂言・和楽の世界(日経ホール)
   25日 平成中村座・昼の部
       平成中村座・夜の部

【アート】
11月 8日 鏑木清方美術館 講演会「三遊亭圓朝と明治の芝居」
   16日 川合玉堂展 神奈川県立美術館・葉山
   30日 箱根・箱根美術館の苔と紅葉の庭

11月は映画を見てなかったですね。
今月は、実は当初あまり期待していなかった顔見世が、観に行ったらとっても良かった。
それから、久しぶりで行った国立劇場の、藤十郎さんが、これまた良かった。
藤十郎さんのお初って、やっぱり格別ですね。存在感が違う。良かった。

それから、近場なのになかなか行けなかった鎌倉・葉山で、清方・玉堂をみたこと。
東京まで行かなくても、近郊で土地に根ざした展示をやっていることに、あらためて、感謝。
とともに、自然につつまれていて、癒やされちゃう。二度おいしいの。
東京とは、時間の流れかたが、違うの。

ああうれしいconfidentshine

12月は歌舞伎公演のほかに、扉座と亀ちゃんの「その妹」、古田新太の「ロッキーホラーショー」。
千穐楽には南座顔見世に参ります。
すごく迷ったけど、初・顔見世。
りんちゃんも、ペットホテルに預ける予約ができたし、安心して行けますheart04
わくわく。

2010/11/03

今月の一本・十月

久々に、ひと月分の記録をアップ!

【舞台】
 10/14 錦秋十月大歌舞伎・昼の部 @演舞場
      ※「頼朝の死」「連獅子」のみ
 10/15 「滝の白糸」 @三越劇場
 10/20 「じゃじゃ馬馴らし」 @さいたま芸術劇場
 10/21 錦秋十月大歌舞伎・夜の部 @演舞場

【芸能】
 10/11 落語会「隅田川ひととせの四季」柳家さん喬 @江戸東京博物館

【展示会】
 10/11 「隅田川」 @江戸東京博物館

【映画】
 10/27 「大奥」

おお!
けっこう頑張って行っていましたね♪

今月はやっぱり、亀ちゃんのキャタリーナが、抜群に良かったなあ~!
もう、理屈抜きに楽しめて、亀ちゃんの肩のラインがキレイで、舞台のテンポもバランスもとっても良くって、さいたままで足を運んだ甲斐がありました!
もう一回、観たかったなあ。

それから、久々のさん喬さんの落語!
良かったです!
江戸東京博物館の展示「隅田川」の連動企画ということで、隅田川に関連した噺三題でした。
間にさん喬さんのご挨拶件ちょっとした解説のようなコーナーもあって、その中で、古典では、隅田川のことを「大川」といっている、と話されてましたが、
歌舞伎でも「大川端」の話はたくさんありますね。
大好きな噺、「おせつ徳三郎」を、さん喬さんで聴けたのは良かったし、「夢金」「船徳」ともに笑わせてくれました。
さん喬さん、巧いよなあ~!
いまふうに調子に乗ったりすることのない高座の雰囲気も、好きです。

ということで、「今月の一本」は、

「じゃじゃ馬馴らし」
「「隅田川ひととせの四季」柳家さん喬

ということで!

十一月は、観劇は控え目ですが、そろそろお正月興行のチケット発売が始まりますので、そちらが忙しそうです!happy01shine
がんばるぞっ!punch

2010/10/01

7、8、9月の一本

怠慢の極み(笑)、もはや3カ月ごとの「今月の一本」

やっぱり記憶のために。coldsweats01


【7月】

<舞台>
  9日 宝塚宙組公演「トラファルガー」「ファンキーサンシャイン」 @宝塚劇場
 13日 七月大歌舞伎 夜の部(「暫」「吃又」のみ) @新橋演舞場
 20日 歌舞伎鑑賞教室 「歌舞伎のみかた」「身替座禅」 @国立劇場
 26日 七月大歌舞伎 夜の部 @新橋演舞場
 29日 赤坂歌舞伎 @赤坂ACTシアター

<映画>
  7日 「告白」

…なんと!演舞場昼の部、観てません!
仕事でたてこんでたのと、興味が薄かったのと、両方…う~む。
一方、初・宝塚鑑賞は、意外にも楽しめました♪


【8月】

<舞台>
  3日 薬師寺奉納大歌舞伎「船弁慶」 @奈良・薬師寺境内
 17日 八月大歌舞伎 一部・二部 @新橋演舞場
 22日 亀治郎の会 @国立劇場
 23日 八月大歌舞伎 三部 @新橋演舞場

<映画>
 11日 「インセプション」

観劇回数は少なくても、薬師寺の歌舞伎と亀治郎の会は、盛り上がりました!(ワタクシの気持ちが)
亀治郎さんはやっぱり、素敵です。


【9月】

<舞台>
  8日 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 @新橋演舞場
 14日 タンブリング @赤坂ACTシアター
 22日 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 @新橋演舞場

おお!少ない!
タンブリングは今まで観たことない種類の舞台だったんですけど、大東くん復帰祝い!で楽しみにして観てまいりました♪
怪我からわずか2カ月…本当によく頑張った…。
いろいろな意味で乗り越えて、また素敵になりましたよ。

秀山祭夜の部…いまひとつ興味が薄かったので、、、実は、、ほとんど記憶にございません。スミマセン!
最近こういうのが多くて、ちょっと淋しいですね。


…てことで、だいぶ舞台の本数が減ってきたこの3カ月、でも10月はもちょっと増えそうです。
仕事も今よりたてこんできそうなのに、どうするワタシ!
ま、なんとかなるわいなあ。
とりあえず10月は、亀ちゃんの「じゃじゃ馬馴らし」が楽しみ!でございます。

2010/07/04

今月の一本・4~6月編

もはや「今月」でなく四半期ごとになっていることに、我ながら驚愕…coldsweats01
でも、めげずにいきますっ!


【四月】

<舞台>

 13日 四谷怪談忠臣蔵 @演舞場
 14日 四月大歌舞伎 三部 @歌舞伎座
 21日 金毘羅歌舞伎 二部 @金丸座
 22日 金毘羅歌舞伎 一部 @金丸座
 28日 四月大歌舞伎 一部・二部・三部 通し @歌舞伎座
 30日 閉場式 二部 @歌舞伎座
 
<映画>
 16日 誰かが私にキスをした
 

【五月】

<舞台>

  3日 鈴本演芸場 五月上席 @鈴本演芸場
 13日 五月花形歌舞伎 夜の部 @演舞場
 23日 神埼与五郎東下り 劇団扉座 @高円寺・座
 26日 五月花形歌舞伎 昼の部 @演舞場
 31日 大手町座 一部 @大手町日経ホール

<映画>
  5日 アリス・イン・ワンダーランド

<音楽>
  3日 ビッグバンドコンサート @上野公演野外音楽堂


【六月】

<舞台>

 23日 歌舞伎鑑賞教室・鳴神 @国立劇場
 25日 佐倉義民傳 @シアターコクーン
 30日 伝統芸能の今 @鎌倉芸術館

…四月がすごいイキオイでしたので、五月は控え目だったと思ってましたが、意外とそうでもなかったですねsweat02
六月は、正真正銘、抑えめでしたが…。

やはり、四月の歌舞伎座は、どれも印象に残っています。
そして、それとともに、金毘羅歌舞伎も大充実!
歌舞伎座閉場式への盛り上がりも合わせて、この3カ月間の、四月の強力なことといったら、なんとも比べようがありません。

今年は能楽堂にあまり足を運べてないんですよね。
いろいろ調正しつつ、節操も保ちつつcoldsweats01、今後の予定をたてていきたいと思います。

7月は、なんと!
人生初・宝塚 かもしれませんよ~んhappy01notes


2010/03/31

観てました~!1~3月

あれよあれよという間に四月を迎えようとしています。
さぼり癖がついちゃったかな。

今年に入ってのカンゲキ。
1月は、観ました!
でも2,3月はちょっとペースダウンかな。
4月は歌舞伎座ファイナルだし、金丸座も控えてるし、
がんばりますっ!dash

いちおう記憶のために。


【1月】
 
 <舞台>
   2日 新春浅草歌舞伎 夜の部 @浅草公会堂
   3日 寿初春大歌舞伎 夜の部 @歌舞伎座
   4日 初春歌舞伎公演 @国立劇場
   6日 初春花形歌舞伎 昼夜通し @新橋演舞場
  15日 能楽現在形 劇場版 @世田谷パブリックシアター
  20日 寿初春大歌舞伎 昼の部 @歌舞伎座
  26日 新春浅草歌舞伎 昼夜通し @浅草公会堂

 <映画>
  22日 オーシャンズ

 <音楽>
  23日 清塚信也ピアノリサイタル @杉田劇場


【2月】

 <舞台>
  10日 二月大歌舞伎 夜の部 @歌舞伎座
  17日 二月文楽公演 二部・三部 @国立小劇場
  24日 二月大歌舞伎 昼の部 @歌舞伎座


【3月】

 <舞台>
  23日 染模様恩愛御書 @日生劇場
  24日 御名残三月大歌舞伎 一・二・三部通し @歌舞伎座


3月は、一日は通しとはいえ二日間しか行ってない…coldsweats02
うーんそろそろエネルギーがきれかかってるぞ!
充電しなきゃ!四月に向けて!

2009/09/02

5、6、7、8月の今月の一本

4か月もためてしまいましたcoldsweats01
が、いちおう自分の記憶のために。
ちょこっと感想のみ。

5月

 【舞台】
 20日 文楽公演 第一部 @国立劇場小劇場 
     「寿式三番叟」「伊勢音頭恋寝刃」「日高川入相花王」
 29日 メカロックオペラ「R2C2」 @PARCO劇場

 「ノー歌舞伎・ノーお能」月間でしたね。
 けれども観たかった文楽を、久しぶりに観ることができたので、
 また三本とも観応えありましたので、大満足でした。
 これまた久々のクドカン「R2C2」も、これまたハズレなくて楽しめました。

6月

 【舞台】
 17日 NINAGAWA十二夜 夜の部 @新橋演舞場
 25日 六月大歌舞伎 昼の部 @歌舞伎座
     「正札附根元草摺」「双蝶々曲輪日記」「蝶の道行」
     「女殺油地獄」
 25日 NINAGAWA十二夜 夜の部 @新橋演舞場

 【映画】
  9日 ウルトラミラクルラブストーリー

 時間がないと言いながら、亀愛のため(?笑)演舞場には二回。
 そのため他に行けなくなったりして。笑。
 でも、仁左様の「女殺…」はゼッタイはずせない!と、頑張って観に行きました。
 仁左様すてきい。

 「ウルミラ」の陽人くんも、ごっつステキでした。
 詳しくは「いれものと…1」で書いてます。

7月
 
 【舞台】
  7日 七月大歌舞伎 昼の部 @歌舞伎座
     「五重塔」「海神別荘」
 24日 七月大歌舞伎 夜の部 @歌舞伎座
     「夏祭浪花鑑」「天守物語」

 やっとこさ足を運んだ7月。
 なんか、気分転換したいような後ろ髪ひかれるような。
 「天守…」の玉様はほんとーにステキ。
 勘太郎くん、頑張ってたわー。
 「海神…」の海老ちゃん美しすぎ。
 あらあらミーハー全開ですっ!


8月 

 【舞台】
  3日 能・夢舞台 狂言「蚊相撲」能「鶴亀」 @横浜能楽堂
  7日 亀治郎の会 @国立劇場小劇場
 15日 八月大歌舞伎 第三部 @歌舞伎座
     「お国と五平」「怪談乳房榎」
 29日 八月大歌舞伎 第二部 @歌舞伎座(「船弁慶」のみ鑑賞)
     (「真景累ヶ淵」)「船弁慶」

 【映画】
 25日 「カムイ外伝」 (試写会)

 ひっさびさのお能鑑賞、そして今年初の乾之助さんのお舞台拝見。
 鶴亀は、おめでたい明るい舞台。寿ぎ華やかで、楽しゅうございました。
 夏休みのため、子供のための…と銘うってたのですが、
 みにいらしてるお子さんたちの感性にはびっくり。
 やわらかい心には、なんでもはいるのねえ。

 亀治郎さんの久しぶりの「ザ・歌舞伎!」をみて大満足。
 やっぱり亀ちゃんは、歌舞伎でしょ。古典でしょ。

 「カムイ」はね、公開前だから内緒ですけど、良かったよ。
 松ケン、良かったよ。
 観ているあいだじゅう、体に力、はいりっぱなしでしたけど。
 それが「生きる」ってことなのかなあ。
 普段の私、チカラ抜きすぎかもー。

2009/05/08

2.3.4月の今月の一本

忙しいといいつつ、劇場関係にはちょぼちょぼ足を運んでおりました。
なーんと!1月以来まとめてませーん!
なので(?)3カ月ぶん、一気出し!なんのこっちゃですねーcoldsweats01


2月

*舞台
 2/4 二月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部
 2/18 二月文楽公演@国立小劇場 夜の部 
 2/23 二月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部
 2/25 二月花形大歌舞伎@松竹座 昼・夜通し

*映画
 2/9 禅 ZEN


3月

*舞台
 3/4 国立能楽堂定例公演 ※「国栖」のみ鑑賞
 3/26 三月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部

*寄席
 3/29 yebisu亭@恵比寿ガーデンホール(喬太郎・吉弥)


4月

*舞台
 4/8 能楽現在形@宝生能楽堂 ※「望月」のみ鑑賞
 4/10 いのうえ歌舞伎「蜉蝣峠」@赤坂actシアター
 4/15 「ムサシ」@さいたま芸術劇場
 4/22 四月大歌舞伎@歌舞伎座

*寄席
 4/14 国立演芸場四月中席

*イベント
 4/27 俳優祭@歌舞伎座


…2月、3月は幾分控え目でしたが、4月は頑張りました!(笑)いえもう忘れかけてますが、2月の松竹座だって、頑張りました!(笑笑)
でも、歌舞伎座などはほとんど幕見状態で、ぜんぶ鑑賞した記憶がありません。
チケット買ってたのに行けなくなったのもあったし…。正直記憶も定かでないし、手帳にもなーんにも書いてないんですよねー(忙しいほど手帳に書き込まなくなるワタクシ…トホホーshock

なので、限りありすぎるワタクシの記憶力を総動員したところ、、この中では特に「蜉蝣峠」が印象に残りましたね。
いのうえ歌舞伎にクドカンて、どうなのかなと最初は思いましたが、なかなか骨太のストーリーで見ごたえありました。
これまでのいのうえ歌舞伎は非常にダークな、ともすればおどろおどろしいテーマを持っていたのですが、テーマの重みはそのままに、クドカン風味のあしらいが随所にあり、観易くストレートに入ってきた印象。
「キオク」ができて初めて「蜉蝣」がみえたというラストも印象的でした。
古田良かったですねー!(古田びいきなので赦してくだされ)
堤さんも格好よかったし。(新感線のひとびとにツッツンと呼ばれてるとは・笑)

あとは、4月中席の、歌丸さんが、巧かった~!
念願の歌丸さんの噺をきけて満足でした。


…ということで、曖昧なキオクのなかでの「おまとめ」でした。

5月も、観劇は控えめですが、感想は書こうと思います!dash

2009/02/01

今月の一本:2009/1

2009年1月は、歌舞伎が東京では四座で興行があるという、歌舞伎ファンにとってはてんやわんやの大騒ぎ(?)でした。私は残念ながら、とても全部は行けませんでした。

【舞台】
1/3 初春歌舞伎公演 @国立劇場 「象引」「中返りの松」「誧競艶仲町」
1/5 新春浅草歌舞伎 二部 @浅草公会堂 「一本刀土俵入」「京鹿子娘道成寺」
1/7 寿初春大歌舞伎 夜の部 @歌舞伎座
   「壽曽我対面」「春興鏡獅子」「鰮賣戀曳網」
1/14 新春浅草歌舞伎 一部 @浅草公会堂 「一條大蔵譚」「土蜘」
1/21 寿初春大歌舞伎 昼の部 @歌舞伎座
   「祝初春式三番叟」「俊寛」「十六夜清心」「鷺娘」
1/27 新春浅草歌舞伎 一部・二部通し観劇 
1/29 いのうえ×古田「リチャード三世」@赤坂ACTシアター

【アート】
1/14 ルーブルDNP ファン・ホーホストラーテン「部屋履き」

うーん。歌舞伎三昧。でも演舞場に行けてない。能楽堂にも行っておらず、お能の「三番叟」を観れなかったのは残念無念。
それでも個人的には、「走り回った」印象の一月でした。

もりだくさんな中から、今月は、これ。

「鷺娘」@歌舞伎座、坂東玉三郎
「一本刀土俵入」@浅草公会堂、中村勘太郎・市川亀治郎 ほか

どうしてもどうしてもどちらかに絞れません。
「鷺娘」は芸術品。至高の品格と精神・技術、そしてより高い位置へと舞台全体を引っ張っていく玉様という存在そのものに、感動。
「一本刀土俵入」は、予想をくつがえす、主役二人の芝居のよさ、間の良さに感動。

二月は、松竹座遠征という一大イベント(?)がありますが、その他はおとなしめの観劇になる予定。

2008/12/30

今月の一本:2008/12

今日の午後から実家で、PCからの更新ができなくなる前に。

【お芝居】
12/ 3 勘太郎・七之助特別公演 @文京シビックホール
12/ 4 「人生のクライマックス」 劇団扉座 @紀伊國屋ホール
12/12 社会人のための文楽教室 @国立劇場小劇場
12/14 宝生月並能 @宝生能楽堂
12/18 能楽現在形 @宝生能楽堂
12/23 世界無形文化遺産能楽 @国立能楽堂

【イベント】
12/ 8 COACH新作展示会

意外に控えめでした。
12/26に国立劇場の「遠山桜天保日記」に、行けなかったのでがっかりでしたが…。
久々にお能を多めに観たし、初文楽だったし、バラエティに富んでいました。そして、文楽は、もっと観てみたい!という気持ちにかられました。義太夫聴きにいきたい。
お能もどれも見応えありました。能楽現在形の「芭蕉」については、私の力不足で受け取れきれず、悔しい思いもいたしました。
そしてこれまた久々の、ストレートプレイの扉座。扉座は、毎回いいんですよ〜。今回も面白くほろ苦く、堪能できました。

一本選ぶなら…うーん。。。選べないけど…。

宝生月並能「黒塚」 シテ 近藤乾之助

でしょうか。私がもともと「黒塚」(または「安達原」)に興味が深いということもあるのですが、歌舞伎などでは前シテ後シテの変化を思いきりつけて、後段の演出もかなりドラマチックにするのに比べ、とてもお能らしく、また(感想でも書きましたが)鬼であることの悲しさ以上に、人間の本質的なものの表現を感じて、感動しました。

さてさて来年は、国立劇場初日から、私のカンゲキライフはスタートします。
歌舞伎座はさよなら公演がいよいよ始まりますので思い出もたくさんつくりたい。
お能も観たいし、文楽は一度大阪の文楽劇場にも行ってみたいなあ。
寄席にも行きたいし…。
などと、今から欲張りですが、そのためにも健康第一、お仕事も生活も充実させねば!
とりあえずは2日のNHKの新春番組のチェックを忘れないようにしたいと思います。

2008/11/30

今月の一本:2008/11

11月は急きょ花形歌舞伎の観劇を入れたりして…意外と観ていましたね。控えめなつもりだったんですけどcoldsweats01
「控えめ」の基準を、世間一般に合わせなければ…!(無理)(笑)

【舞台】
11/10 花形歌舞伎 昼の部 @新橋演舞場「伊勢音頭恋寝刃」「吉野山」
  花形歌舞伎 夜の部 @新橋演舞場「伽羅先代萩」「龍虎」
11/13 顔見世 昼の部 @歌舞伎座「盟三五大切」「郭文章」
11/20 顔見世 夜の部 @歌舞伎座「寺子屋」「船弁慶」「八重桐郭話」
11/25 平成中村座「法界坊」@浅草寺境内・中村座

【アート】
11/27 ボストン美術館浮世絵名品展 @江戸東京博物館

今月は…花形の菊之助さんの政岡が良かったし、愛之助さんの八汐が良かった。
海老蔵さんの仁木弾正も見とれてしもた。
ところが花形にぽーっとする間もなく、顔見世がこれまた貫禄の見応え。
仁左様時様の「盟三五大切」には惚れ込みましたし
「寺子屋」に新たに泣けた。これは藤十郎さんの千代が良かったのよぅ。
菊五郎さんの「船弁慶」も素晴らしく。
そしてそして中村座・千穐楽に初の参加。これまたエキサイティングであるとともに感謝の波動が素晴らしい舞台。
どれもよかったぁ。という大変幸せなカンゲキライフを送らせていただきました。

選べないけど…選べないけど…(毎月これだわ)今月は…

「盟三五大切」顔見世昼の部

ですわ!
美しくも恐ろしく、悪夢のようで愛に溢れていたのだわ。
あぁもういちど観たい。。。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ