歌舞伎

2012/12/05

無言

今年の私のみごとに三日坊主のブログ。
平成中村座の、シアワセな記事でした。

今朝、勘三郎さんが亡くなられたと、朝一番で知りました。

言葉もありません。。。

いまはお加減が悪くても、
新しい歌舞伎座の柿落とし公演には、きっとご出演されると、
信じて疑ってませんでした。
首を長くして、ご快癒を祈っていました。
それがこんなに早く…。

ご本人がいちばん、口惜しいことと思いますが
ご家族のような中村屋さん
勘九郎さん、七之助さん、
そして小山三さん…皆様、どうしてらっしゃるのか
心配でなりません。

中村座の桜席で、幕が閉まった途端、私たちに
ピースサインをしてくれた勘三郎さん。
いつでもどこでも、素晴らしい芸の見事さと、ほとばしる豊かな感情、
たっぷりの愛嬌で、シアワセをプレゼントしてくれました。

ありがとう。ありがとう。ありがとうございます。
いくら言っても足りません。。。
心から、ご冥福を、お祈りいたします。

合掌

2012/01/03

今年の初歌舞伎は

1月2日、平成中村座の夜の部 でした。
鏡開きには行ってみたかったのですが、新年をご一緒した友人が、夜の部が次ごうが良いというので夜を鑑賞。
開演前には混み混みの浅草を、ちょっぴり散歩しましたhappy01
でも、浅草寺詣では、開演前の時間ではできず。
いちおう、気は心、遠くから手を合わせお参りしましたbleah

お天気も良く、スカイツリーも青空の中によく見えて、お正月気分に溢れる浅草を楽しみました!

201201021545001

お正月飾りもついて、賑々しく晴れ晴れとした中村座の入口。
感想は、以下。(のちほどね)

2011/11/28

中村屋!

週末に仕事で行った豊洲の駅に、勘三郎さんがいました。

201111261835000


右のは、十二月の中村座のポスターですが、左のは見たことなかった!
なんか、ちょっとレトロで格好いい。

おりしも、2月の勘太郎さんの「勘九郎襲名興行」の演目と配役が発表されたばかり。
こちらは演舞場での興業になるので、2月の中村座はどうなるのかちょっと心配ですが、
いやいや中村座、いろいろなところで心をざわざわさせてくれますnotes

2011/11/26

平成中村座

11月25日 平成中村座、昼の部(竹席)、夜の部(桜席) 通し観劇

201111251539002

病み上がりに通し観劇はきついかな、と思いつつ。
終わってみればなんのその、とても楽しい時間でございました。

私にとっては、今回のロングラン公演にあっては初・中村座。
駅から遠いよ~との噂を聞いていましたので覚悟していたのですが、昨日はお天気もよく、スカイツリーもよく見えて、初めて歩く道のりはけっこう楽しいものでした。
仲見世などを通る浅草公会堂と違って、途中にほとんどお店がない(問屋さん系の靴屋さん、鞄屋さん、革関係のお店ばかり)ので、ちょっと長く感じるのかも。隅田公園側を歩いくのも楽しいですが、ずっとここを通って中村座に行けるのではなく、途中で大通りに出たりしないといけないのよね。
浅草には何度も来ていますが、こちらの方面にはついぞ足を伸ばしたことがなかったので、新鮮な気分でした。
帰りは、中村座のチケットで乗れる無料バスで、松屋前まで送ってくれて、ありがたや。お昼とちがって、夜の道のりは長そうですもん。

小屋の雰囲気は、3年前とほぼ変わらず、時代っぽい懐かしい温かい雰囲気。
お茶子さんの応対も変わらず、てきぱき・親切・温かい。
場内の床材は少しクッション材が入れられていて、足にやさしく冷えないような仕様に改善されていて、その親切心に感謝と驚き。

舞台うしろのホリゾントがどーんと開くと、隅田川とスカイツリーと高層ビルが見えるの。
浅草寺のときとはまた違った、浅草の借景に、時の流れを感じました。

そんな、中村座もろもろですが、観劇の感想はあらためて。

う~ん、やっぱり、楽しかった!

2010/11/18

遠征しちゃうぞ♪

もうそろそろ、来年の公演の計画をたてる時期。
すでにもうチケットを取っちゃったものもある。
そんな中…。

実は、一月に、一度は行ってみたい大阪・文楽劇場に行こうかしら、と思っていたのですが、
なーんと!
二月松竹座は仁左様尽くし!

コチラ

通し狂言で、昼の部「彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」、夜の部「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」なんて、美味しすぎる~!happy02heart04

…というわけで、来年の遠征は、松竹座に的をしぼることにいたしました♪

文楽劇場も行きたいけど、さすがに、そうそう毎月のようには行っていられません。
お金もかかるし、時間も取れないしね…sad

そのかわり、二月が今からものすごく楽しみ。
できれば二泊くらいして、奈良か京都に寄りたいな。
猛烈に寒いだろうけど…楽しみのためならっ!dashワタシの熱いキモチで、乗り切ります!happy01heart02

2010/11/05

めで鯛!

11月4日、演舞場へ。
顔見世・夜の部でございます。

取り急ぎっ!

3階に、めで鯛焼きが!

お店の方にお聞きしたら、ずっとかどうかはわからないけれど、今月から出店させていただきます、とのこと。

わーい!happy01heart04

…あんまり嬉しくて懐かしくて、食後でお腹いっぱいなのに食べちゃったheart02

201011041835000

久々で、美味しかったぁ!
今も、お腹いっぱいですcoldsweats01

2010/10/10

11月顔見世

昨日は演舞場11月顔見世のゴールド発売日でした。
が、連日外仕事のワタクシ、発売開始時刻の10時にはもちろんアクセスできる環境になく(泣)、
夜遅く帰ってから、PCでログイン。
(そうなんです、携帯でもアクセスできる状態ではなかったので)

顔見世だし、演舞場の3階席は少ないし、狙っている席はもうほとんどないかな~と思っていたら
意外にも3階B席も残っている!(もっとも、正面に近い席はほとんど全滅でしたが)
時間も時間だし、急ぐ必要もないので、あちこちポチポチして、
まあまあ妥協できるかな、という3階B席で正面に近いところをゲットhappy01

良かったわあ、と思う反面、
顔見世でこの取りやすさって、どうなんだろう?ってちょっと思っちゃった。
でも、この1年以上は「歌舞伎座さよなら公演」で盛り上がってて、チケットも取りにくくて、その状況に慣れていただけで、これが普段の感じだったかなあ~?

私個人も、いつも「顔見世」というだけでけっこう気持ちが高揚してましたが、今回のノリはいまひとつ。
まだまだ、なんだかなあ~?な状態が、続いておりますcoldsweats01

今月は、14日に初めて歌舞伎に行きますが、
富十郎さんが休演されているとかで、心配です。
この夏は暑かったから、疲れが出るころかもしれませんね。
大事ないことを祈ります。

2010/07/08

捜索中

数日前に、久方ぶりで
樽屋さん(大向こうの堀越さん)のブログにアクセスしたら
アクセス不能の表示…coldsweats02

お引っ越しされたのか、ブログをたたまれてしまったのか…
と思い、あれこれ検索してみたけれど見つけられない。

私がじぶんのブログも、ブログさんぽも
すっかり放置していた間に、世間の情報から漏れてしまったのかしら~!bearingsweat01

どなたかご存じの方がいらしたら…
ぜひ教えてくださいませ・・・m(_ _)m

あこがれの八千代座

三響会ブログで、傳左衛門さんの日記が更新されていました。

コチラ

今回の「伝統芸能の今」はツアーなので、全国各地に行かれていますが、その中に、熊本県は八千代座の公演も入っていたのですよね。

八千代座…。
今年私は香川県の金丸座に行きましたが、それと並んで、一度は行ってみたい芝居小屋なのです。
実は今回も、「伝統芸能…」の公演、八千代座に、ものすごーく惹かれたのですが、日程も予算も合わず、諦めました。
でも、いつかきっと、行きたいと思っています。

傳左衛門さんがブログにアップしてくださっている写真をみると、ますます思いがつのります…。

2010/07/02

伝統芸能の今@鎌倉芸術館

今年の「伝統芸能の今」は、なんとツアーになりました!
私は6月30日、鎌倉芸術館でのお昼の公演に行ってまいりましたconfident

この公演は、亀治郎さんと三響会のご兄弟の合同公演であり、ゴールドリボン基金チャリティー企画でもあります。
なぜそういう企画をするに至ったかは、座談会のときにたっぷりとお話くださいましたが…

公演の内容としては、三響会でやっているような、歌舞伎と能の融合、伝統芸能をあらためてみつめ柔軟な発想で表現してみる…といったところでしょうか。

以下、簡単な感想です。


舞囃子 道成寺組曲

三響会の定番、人気の「道成寺組曲」、今回は亀治郎さんの素踊りも加わっての新しい演出でした。
幕があがると舞台は真っ暗、お囃子方が舞台前方に座っているのはわかりましたが、途中、謡が入ったときに、どこにいらっしゃるのか全く見えてない状態。
(真っ暗だから無駄な努力なんですけど)きょろきょろ探してしまいましたcoldsweats01

お囃子はさすがの迫力、謡は落ち着いた安定感があり、三響会ならではの「わくわく」感がありました。

亀治郎さんの舞は、やはり腰の位置の低さ安定感、手の美しい動き、などなど…やはり魅せてくれます。
が、こうしてお能方の謡で舞っているのを見ると、やはりお能と歌舞伎の舞は違うんだなあ、とつくづく感じます。
歌舞伎の動き、柔らかいんですよね。
お能はあんなにはんなりしてなくて、もっと硬質な緊張感があります。

こうした組み合わせで観れて、双方の違いを観じたりできるのも、三響会の楽しみのひとつです。


(間に 座談会→休憩 を挟んで)

一調 屋島

広忠さんの大鼓に、坂口貴信さんの地謡。
さきほどの「道成寺組曲」とは全く異なり、力強く互いのエネルギーをぶつけあうかのような響き。
それが「一調」の持ち味でもあるのでしょうが、この空気感が私はとても好きです。

「屋島」は題材としてもとても好きな一曲。
シンプルな演奏形態ですと想像力が無限大に広がって、もう私には堪りませんcoldsweats01heart02
本日も、思う存分、「屋島」の世界につれていっていただきました。


舞踊 藤娘

かわって今度は長唄です。

亀治郎さんの藤娘、はんなりと頬染めて、とてもとてもキレイでしたheart04
いつものことながら、手の動きがほんとーーーに!うっつくしい!heart04んです!
表情も、娘らしくて可憐で初々しくて。
お酒に酔った風情も、初々しい色気があったりして。

お囃子方、とても充実していたのですが、鎌倉芸術館大ホール、これまでの鳴物だけのときにはほどよい反響音だったのですが、三味線にはちょっと反響しすぎ…それでも鳴物と一緒のときは紛れていたのですが、三味線だけのときは気になってしまいました。
多目的ホールでこうした演奏をするのは、いろいろな点で難しいのでしょうね。

たっぷり女形の亀治郎さんの舞踊は久々でしたので、とても嬉しく拝見いたしましたheart01


座談会の様子は、以下にたたみますね~confident

続きを読む "伝統芸能の今@鎌倉芸術館" »

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ