カメモノ

2010/01/03

浅草さんぽ

浅草歌舞伎に向かう道、もちろん雷門付近を通るわけで…

ものっっすごい、初詣の行列でしたよ。
交差点の中まで、人で埋まっていました。

昨日の相方ちゃんは、浅草歌舞伎は初めて。
お正月の浅草も初めて、ということで
やっぱり仲見世を歩いてみたい。
でも、ホントーに、それどころじゃ、ありませんでした。
開演時間もせまっていたので、お参りの時間はなし。
で、相方ちゃん、「ここからでもいいわ!キモチだもん!」と
浅草寺方向に向かってパン・パン!
…ちがうって、神社じゃないって。お寺だって。

日本人は、神社でもお寺でも、初詣、ですものね。coldsweats01

歌舞伎がはねたあとは6時を過ぎていたので、お参りの人も減り、交通規制も仲見世入場規制も解かれていました。
なので、待望の仲見世散策をし、その足でお食事に。

選んだのは、「浅草麦とろ・芋と串」
有名な、麦とろ屋さんの別館です。

こちらは、名物・麦とろももちろんありますが、その他にも、店名のごとく、串焼き料理があります。
串焼きにする野菜や魚・お肉を、かごに入れてテーブルまで持ってきてくれて、選んだものを調理してくれるという
ワクワク感のある演出!

かごに入ったものはどれも美味しそうで、しかも大きい!
私たちは、アナゴ塩焼き・アスパラ・下仁田ねぎ・とろろ芋・つくね 
などを串焼きで頼み、そのほかに揚とろ・スープサラダもオーダー。
名物という揚とろは、すりおろしたとろろを、海苔で巻いて揚げてあり、出汁をはったもの。
これはなかなか美味しい!
…というか、どれもこれも美味しくて、焼き物も薬味が豊富で、いろいろ試せてもりだくさんでした!

お腹がいっぱいになってしまい、肝心の麦とろをいただけなかったので、
近いうちにまた行きた~い!
と、相方ちゃんと唸っておりました♪

あまり美味しくて、写真撮るココロの余裕がありませんでしたわcoldsweats01

美味しい楽しい浅草さんぽでございましたhappy01heart04


そうそう、浅草歌舞伎で亀ちゃんグッズ発見!
携帯クリーナーでした。
亀ファンとしてははずせない!とさっそく購入しちゃいました~♪

201001022333000


2009/03/31

目黒川桜だより9

200903311448000

だいぶ開いてまいりましたよ〜♪
でもって、今日の橋デザインは↓

200903311451001

亀!カメ!かめーっ。happy01


2009/03/12

ワンカップの旅?

ワンカップではありませんが。
こんなの見つけちゃいました〜♪

200903112002000

江ノ島ビール!

…でもワタクシ、ビールが飲めない(炭酸がダメ)ので買っておりませんが…coldsweats01
ちょっと手もとに欲しかったかもー。かめ。


2006/11/16

亀グッズ

亀グッズ

天然ヘチマ100%ボディスポンジ。
かわいいなりー♪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ